韓国での仮想通貨を用いた世界的なマネーロンダリング

韓国での仮想通貨取引に関する規則

韓国の金融監督当局は、主要な国々のアンチ・マネーロンダリング機関に対し、国内の仮想通貨取引に関する規則を報告したと伝えられています。

国内での非匿名仮想通貨取引に対して融和的立場を取っている韓国当局は、仮想通貨取引のための国内ガイドラインの金融活動作業部会(FATF)の説明を受けていると報告されています。

1989年に設立されたパリに本拠を置くFATFは、37の加盟国からなる世界的な政府間機関であり、マネーロンダリングとテロ資金調達(AML/CTF)を阻止するために活動しています。

先週、すべてのメンバーが出席した会議で、韓国で新しく実施された国内での仮想通貨取引に関するガイドラインがメンバーの議論の最中に策定されたと発表されました。

韓国の金融監督当局として、金融取引委員会(FSC)は仮想通貨の匿名取引を完全に禁止し、仮想通貨トレーダーが本当の名前を仮想通貨アカウントと銀行口座に使用しなければならない「実名取引システム」を導入しました。

新しい仮想通貨の購入または取り消しの際には、2018年1月30日に開始された新しいノベル・オン・カスタマー(KYC)ルールを遵守する必要があります。

韓国の金融監督当局は、政府が仮想通貨の非匿名取引を支援し、国内の仮想通貨の正常化を呼びかけるよう公式に述べています。

韓国の金融監督院最高財務長のチョ・ヒョンシク氏は、「全世界が仮想通貨の枠組みを構想しているため、政府は規制強化よりも正常化に取り組むべきだ」と先週の説明会で記者団に述べました。

広く受け入れられているKYC規範の下で、仮想通貨の取引を世界的に行う方法を究明するために、これらのルールは主要な国々に報告されています。