仮想通貨ユーザーがTwitterアカウントで詐欺に遭う

認証済みTwitterアカウントは何の意味もない

インターネット上で真実と嘘と区別することは困難です。

人々は正確な情報としてインターネット上の情報を得るために多くの工夫をしています。

このことは、誰もが自由に意見を表明できるソーシャルメディアの場合に特に当てはまります。

人々が偽のアカウントなどに騙されないようにするために、Twitterは少し前に新機能を導入しました。

認証サービスとして知られていますが、アカウント所有者は、アカウントの正当性を確立するためのプロセスを踏むことができます。

しかし、この認証サービスにはいくつかの懸念があります。

このサービスを用いることによってTwitter上で表示される青色のチェックマークは、人々が望む信頼性の証にはなり得ません。

今のところTwitter上で認証を得ることは、どのアカウントでも容易です。

ブロックチェーン関連企業のTron Foundationでの最近のICO詐欺疑惑が、実際のアカウントを偽装して認証することがいかに簡単かを示しています。

アカウントが削除されている間、Twitterの全体的なポリシーに関する多くの疑問が生じました。

この時点で、あらゆるソーシャルメディアプラットフォームで真正性を得るということは空想的な考えです。

Twitter CEOのJack Dorsey氏は、会社に影響を与える問題を認め、チームは対策に取り組んでいます。

たとえ対策をとったとしても、今までに受けたダメージはすでに考慮すべき点となっています。

このような問題はTwitterだけに限られていません。

Instagramも最近数ヶ月間に同様の問題に遭遇しました。

今のところ、Twitterの認証サービスは保留になっています。

これは、偽の仮想通貨アカウントを処理した結果だけではありません。

問題の拡大

Twitterの問題は、仮想通貨アカウントの確認よりはるかに大きいと言うことは最もです。

Twitter社が昨年、白人至上主義者を確認したとき、事態は本当に深刻でした。

今のところ、私たちはTwitter社の判断を待つしかなく、次のシステムがこれに関してどのように対処するのかを見届けなければなりません。

新しいシステムは、遅かれ早かれ実装する必要があります。

しかし、この新しい方法が正確に何をするかは誰にも分かりません。

仮想通貨ユーザーにとって、この問題はかなり重要です。

仮想通貨に関連する認証済みアカウントは、まだ精査される必要があります。

OmiseGOやTRONなどのプロジェクトに影響を及ぼす偽のアカウントの存在が確認されています。

仮想通貨の専門家ジョンマカフィー氏は、これらの潜在的な詐欺について注意喚起しています。

しかし、この点に関しては、ユーザーに注意してもらうことしかできません。

また、残念ながら、誰のTwitterアカウントもハッキングされる可能性があります。

Twitterや他のSNSに関する情報は、当てになりません。

偽のアカウントと実際のアカウントの区別をつけることも今のところほとんど不可能です。

仮想通貨業界は、今後もこれらの問題に悩まされ続けるでしょう。

実際のプロジェクトのクローンアカウントを作成し、ユーザーを詐欺にかけようとすることはあまりありませんが、Twitterがより積極的な立場をとるまでは、プラットフォームを避けることが最高の解決策になるかもしれません。