「トルココイン」が誕生か?トルコの議員が国営の仮想通貨を提案

トルコ政府が仮想通貨「トルココイン」の発行を検討か

トルコの政治家は、国家規模で仮想通貨の発行を開始しようとしています。

Al-Monitorの報告書によると、トルコの元産業大臣のAhmet Kenan Tanrikulu氏は、「トルココイン」(Turkcoin)と呼ばれる国営の仮想通貨を提案する報告書を作成しました。

詳細はまだ不明でありますが、議員はトルココインが資産の担保証券としてトークン化することを目指すと訴えており、既存の仮想通貨よりもリスクが低いと主張しています。

報告書によると、トルコ航空、イスタンブール証券取引所、トルコテレコムなど、同国の大手企業も巻き込んだものになると書いてあります。

Ahmet Kenan Tanrikulu氏は、
「世界は新しいデジタル革新に向かって進んでいる。トルコは、それに乗り遅れる前に独自のデジタルシステムと仮想通貨を作り出すべきだ」と述べています。

報告書では、市場をコントロールするために仮想通貨に関するより明確な規制を求めています。同氏は、トルコでの仮想通貨に対する法的枠組みの欠如が、不正な使用につながる可能性があると主張しています。

「あらゆる種類のリスクを考慮し、前向きな規制を導入することで、仮想通貨市場での収益、特にビットコインからの収益を生み出すことが可能になるだろう」と同氏は語ります。

トルコの副首相もまた、インタビューの中で「トルココイン」の運用を開始しようとしていると話しているため、確度は高いかもしれません。

先日、ベネズエラ政府が正式にICOを行い独自の仮想通貨「ペトロ」の発行を発表しました。今回のトルコの動きは、ベネズエラに続くものになるかもしれません。

ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、これまでに7億3,500万ドルを調達したと発表しています。

参考