トランプ大統領が仮想通貨Petroを禁止

アメリカでPetroの取引が禁止

CCNが以前報告したように、アメリカのドナルド・トランプ大統領によって、ベネズエラ政府が支援している仮想通貨であるPetroはアメリカ国民が取引することを禁止されています。

これは努力義務のようなものではなく、法律で禁止されています。

しかし、伝統的なフラットシステムに比べて仮想通貨の能力を議論する機会は提示されています。

仮想通貨の基本的な性質は半匿名であることです。

また、プライバシー機能に優れたMoneroのようなテクノロジーを追加することで、プライベートな方法での取引がより簡単になります。

もちろん、仮想通貨を通じて与えられた新しい力は、使用者たちにかなりの責任を要求します。

ここでのポイントは、アメリカ政府によるPetroの取引禁止が、実際にPetroの取引活動を止めるには不十分であるということです。

専用機器を持っている人は、Petroをいかなる障害もなく送ることができます。
彼らは何らかの理由でPetroが欲しいなら、望むだけのPetroを買うことさえできます。

アメリカとベネズエラの間のような国際紛争で仮想通貨が果たす役割はまだ定義されている最中です。

仮想通貨が銀行での取引が禁止されたならば、仮想通貨の取引活動が必然的に違法になることは明らかです。

仮想通貨を禁止しようとする試みがあることは避けられないようです。
再び、このような動きは世界を新しいパラダイムから実際に排除することはできません。

代わりに、禁止され攻撃されるほど価値が高くなります。つまり、リスクは報酬を生み出すのです。

良いか悪いかということは置いておいて、仮想通貨の性質は、余分なボーダーやその他の問題にかかわらず、価値が流動的であることです。

このような問題は、仮想通貨の論争の側面を明らかにしますが、ビットコインやその他の仮想通貨は、政府の干渉からトランザクションを解放します。

政府としては、市民が実際に仮想通貨の価値を授受するかどうかについては選択肢が残っていますが、これは仮想通貨の出現前のケースではありません。

銀行やマネー・サービスが唯一の選択肢だったとき、政府が罰することを決めた地域への資金の流れを止めることは自明でした。

さて、ビットコインの時代には、使用者は実際にお金がどこかに行くかどうかを決定しなければいけません。

指導者による恣意的な意思決定は、善意の意思を持っているかどうかにかかわらず、今は人が受ける可能性のある刑罰のタイプを決定する役割を果たすだけです。