世界のお金持ちも仮想通貨に興味津々?

ビットコインの確定申告の方法ややり方は?しないとバレる?

お金持ちも仮想通貨投資に興味津々?

世界のお金持ちは、暗号化の技術をよく理解できないにもかかわらず、仮想通貨に多くの資金を投入しているという調査結果が公表されました。

裕福な人々で、「分散元帳」や「ブロックチェーン」といった用語を理解している人は少ないようです。 しかし、ビットコインの背後にある技術に関して理解が進んでいなくても、仮想通貨が魅力的であることには変わりないようです。

仮想通貨は世界中の富裕層の注目を集めましたが、彼らが仮想通貨が何であるかを本当に理解しているわけではありません。

富裕層アドバイザーやプライベートバンカーの調査では、2017年に回答者の約21%が仮想通貨投資に対する資金を拡大させたことを確認しました。 またビットコインや分散台帳の背後にある技術に対する理解が不足していることが、Knight Frankによる最新レポートで指摘されています。

Nicholas Holtアジア太平洋研究センターのKnight Frank所長は、「ブロックチェーンの理解について尋ねたところ、それについてよく理解していないようです。」とCNBCに語りました。

「人々は、仮想通貨投資の流行に乗ってはいますが、これがポートフォリオにとってどのようなことを意味するのかを十分に理解していない可能性があります。」

お金持ちの投資先は変化するのか?

仮想通貨の流行にもかかわらず、株式や不動産のような伝統的な投資先への関心は依然として高いままです。しかし、2017年は株式投資にとって良い年だったので、驚くことではありません。

不動産は、アジア太平洋地域への投資の約50%を占めるもっとも一般的な投資先です。 回答者の34%が2018年に海外への投資意向を示しています。「アメリカとイギリスが主要なマーケットです。」とNicholas Holt氏は言います。

これらの調査は、ビットコインの価格が過去最高値に達し、仮想通貨への関心が高まっている2017年末に行われました。

仮想通貨の投資に対する関心は、期間によって異なります。 一般に、将来の市場動向予測や規制リスクに関する影響は、知識や理解のレベルなどの要因よりもはるかに大きく影響しているようです。

アメリカやロシアなどの国々で、ビットコインや他の仮想通貨に対する認識が高まっていることが示されています。しかし基盤となっている技術の理解と関連用語の理解は未だに進んでいないというのが現実のようです。