ロシア、ブロックチェーン技術を使った選挙を計画

ロシアがブロックチェーンを使用

ロシアの中央選挙管理委員会は、より安全で安心な有権者制度を提供するため、ハッキング、談合などの選挙における不正から保護されたブロックチェーンベースの投票システムの導入を計画しています。

ロシアの政治家、エラ・パムフィロワ氏は、今週初めにモスクワ・コール・ラジオ局で宣言しました。

「私は大統領とこの問題について議論するつもりです。そこには一般市民からの需要があります。
私たちは最新の選挙の前にできること全てに尽力しましたが、選挙が終わると、先制して行動しなければなりません。私は、ブロックチェーンに基づくシステムを作りたいと思っています。」

パムフィロワ氏の計画しているシステムは、サイバー攻撃やハッキングに対して安全であると同時に、一般市民が投票をしようとするシンプルで便利なシステムを証明することになるでしょう。

また、同氏はあらゆる側面からの攻撃に対して保証されたシステムを作る技術はすでに存在し、2024年にロシアの大統領選挙のために実施されたブロックチェーンの投票システムを活用したいと述べました。

興味深いことに、ブロックチェーン技術は既にロシア大統領選挙で利用されています。

しかし、上記で指摘されているように、ビットコインや他の仮想通貨の背後にある技術は、実際に投票に使用されていません。

むしろ、VTSIOMの世論調査機関は、「収集されたデータの外部的な変更を防ぎ、ハック攻撃の有効性を低下させ、データ収集と集約の透明性を確保した」と述べ、3月18日に出口調査で技術をテストしました。

アプリケーションによる投票

ロシアは投票目的でブロックチェーン技術を使用するだけではありません。

アメリカのウェストバージニア州は、ブロックチェーンベースのモバイルアプリを投票用にテストした最初の州となりました。

最初は国外の軍人だけが利用できます。

ウェストバージニア州の国務長官はボストンに拠点を置くテクノロジースタートアップVoatzと協力して、州外の軍用有権者にとってより簡単なソリューションを提供しています。

現在配備されている登録有資格有権者とその配偶者および扶養家族は、互換性のあるAppleまたはAndroidのモバイルデバイスを使用して、5月8日の次回の第1次選挙でアプリを活用して投票することができます。