フィリピン、ビットコイン利用増加で規制導入を発表

フィリピンの中央銀行がビットコイン等の仮想通貨の規制導入を発表

ビットコインの影響力がますます強力になり、日々普及するにつれて、多くの国が仮想通貨を取り扱う上で最善の方法を検討しています。そんな中、フィリピンは、ビットコインの規制のためのガイドラインを検討しています。

ビットコインに関する規制をしていなかった場合、その国の経済にさまざまな形で悪影響を及ぼすことが実際に実証されています。このため、多くの国でビットコインが自国で有効に活用されるように最善の方法を考え出す委員会が形成されています。

ほとんどの場合、この規制は少量のビットコインを扱うユーザーには何の影響も与えません。このような規制は、何千ものビットコインを海外送金するユーザーに影響していきます。

フィリピンの中央銀行は、同国で営業しているビットコイン取引所のための新しいガイドラインを発表しました。
フィリピン国内の仮想通貨取引所は、登録証明書を申請する必要があります。また、取引所は、同国のマネーロンダリング防止協議会事務局に登録する必要があります。この登録には、登録手数料や年会費などが必要になります。

仮想通貨はダークウェブやインターネット上で行われる違法行為の連鎖などの大きな脅威となっています。このような仮想通貨に関する規制は、仮想通貨の発展にはある程度の規制は必要なのかもしれません。