メルカリが仮想通貨事業に参入へ

更新

フリーマーケットアプリ(略称フリマアプリ)最大手のメルカリが仮想通貨事業に参入することが明らかになりました。2018年内に仮想通貨交換業登録を目指し、メルカリ上で仮想通貨での決済を可能にするなど、積極的に仮想通貨事業を行っていくようです。

メルカリは2018年内に仮想通貨交換業登録を行う

フリーマーケットアプリ(略称フリマアプリ)最大手のメルカリが仮想通貨事業に参入することが明らかになりました。2018年内に仮想通貨交換業登録を目指し、メルカリ上で仮想通貨での決済を可能にするなど、積極的に仮想通貨事業を行っていくようです。

メルカリは、2017年11月にメルペイという子会社を設立しています。メルペイは、金融関連の新規事業を行うために設立されました。仮想通貨交換業登録は、この子会社であるメルペイを通じて行うことも分かっています。

メルカリは仮想通貨で総合金融サービスプラットフォームを目指す

メルカリは日本国内のみで6,000万人以上のダウンロード数を誇っております。その圧倒的なユーザー数をベースに、総合金融サービスプラットフォームを目指していくようです。

メルペイの代表である青柳氏は、現在の仮想通貨は「投機的な側面が強い」と指摘しています。ビットコインなどの主要な仮想通貨で決済ができるようにするのはもちろんのこと、資産運用、融資、保険、与信基盤なども整えていくようです。

社会的に有益なものを仮想通貨事業を通じて発信していきたいとのことなので、期待が膨らみます。メルカリで独自トークンのICOを行えば、メルカリ経済圏が完成したりしますね。

参考になったらこの記事をシェア!
Hatena Bookmark
仮想通貨ポータルに「いいね!」をして情報を受け取ろう