マレーシア中央銀行は仮想通貨のイノベーションを禁止しない!

マレーシア中央銀行は仮想通貨を禁止せず

マレーシアの中央銀行の会長は、マレーシアにおける仮想通貨の将来は、あくまでも国民が受け入れるか否かを判断するべきであり、政府や中央銀行が仮想通貨を禁じたりすることはしないと発言しました。

今月、マレーシアのハーバードビジネススクール卒業生クラブの40周年記念の夕食会で、マレーシア国立銀行(マレーシア中央銀行)の会長であるムハンマドイブラヒム氏は、マレーシア社会におけるビットコインのような仮想通貨の未来について注目すべきいくつかの話をしました。

同氏は、仮想通貨に関して、自由市場を受け入れる立場を明らかにしました。つまり、マレーシアにおける仮想通貨の未来は国民次第ということになります。国民が仮想通貨を求めるなら、それを止めるような規制などは今のところ考えていないようです。

マレーシアの中央銀行の会長である同氏は、当局が仮想通貨を金銭として認識しないと強調しましたが、特に国として仮想通貨を禁止することはないと強調しました。

「国民に有益であると認められているイノベーションを禁止するのは当局の意図ではない」と同氏は述べました。

参考