JPモルガン「ビットコインは進化しなければならない」

ブロックチェーンのニュース

JPモルガン・チェースがビットコインとブロックチェーンに言及

アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く銀行持株会社である「JPモルガン・チェース」のブロックチェーン部門のリーダーであるUmar Farooq氏は「ビットコインはもっと進化をする必要がある」と発言しました。

ニューヨークであ、Yahoo Finance All Markets Summitが開催されており、その中でFarooq氏は銀行でクローズドなブロックチェーン導入に前向きとの考えを示しました。現在の銀行業務全体の人的リソース不足や業務改善に関して、ブロックチェーン技術が解決策の一つとしています。

また、 Farooq氏は他の金融系の方々と比べてビットコインについてよりオープンな考えを持っています。彼は、「業界がブロックチェーンは良くてビットコインは悪いと言っているかもしれないが、ビットコインをそこまで悪いものだと思っていない。もちろん、ブロックチェーンは素晴らしいもので、ビットコインには改善が必要だとも思うが。」と述べました。

ビットコインを始めとした仮想通貨には、KYCと呼ばれる本人認証の問題やマネーロンダリングに関する懸念点が挙げられています。このような問題を解消するためにも、仮想通貨には進化が必要との考えのようです。

同じくJPモルガンのJamie Dimon氏はビットコインに関して否定的な意見を以前から繰り返していました。これらの否定的な発言に対し、Farooq氏は、

「私は彼はそのような否定的な意見を撤回したと思っている。、今のところ銀行業界は仮想通貨に対して様々な疑問に直面しています。私は、彼のコメントは時代にかなり関係していたと思います。」とFarooq氏はフォローをしていました。

しかし、JPモルガンが近い将来、個人投資家に仮想通貨に関連した商材を売り出す計画を持っているとは言い難いようで、「現時点で、誰もが仮想通貨を勉強している」と述べています。

マネーロンダリングの防止基準を満たしていれば、各銀行は仮想通貨に関する商材を検討し始めるとのことです。

「ブロックチェーンは銀行の脅威とはならない」

Farooq氏は、ブロックチェーンが当事者間の信頼関係を提供することに関連して、銀行の事業の一部に「根本的な影響」をもたらすと予想しています。しかし、「信頼できるアドバイザーのための役割は常にあります」と彼は言いました。つまり、銀行にはブロックチェーンを導入しても以前として役割は残り続けると確信しています。

「ブロックチェーン技術が浸透した世の中になったとしても、銀行には常に役割があり、それは短期的には存在する脅威ではない」と述べています。

参考