イスラエルのブロックチェーンエコシステムが250万ドルを獲得

ブロックチェーンのニュース

ユダヤ人によるブロックチェーンエコシステムBitCoenとは?

BitCoenというユダヤ人によるエコシステムがイスラエルで開始されました。最初のトークンの売り上げは250万ドル(日本円で約2億6500万円、1ドル106円換算)に達しました。

イスラエルはますます活発に仮想通貨の分野に進出しています。そして、新しいプロジェクトBitCoenはその確固たる証拠でありとてもパワフルなプロジェクトです。

BitCoenは、世界のユダヤ人コミュニティの代表者の相互コミュニケーションのために開発された最初のエコシステム、ブロックチェーンプロジェクト、ビジネスプラットフォームであり、サービスシステムなのです。

BitCoenエコシステムには、BitCoenロイヤリティプログラムとコミュニティ代表者の相互決済の支払い手段として機能するBitCoenトークン(BEN)があります。プログラムパートナーに支払いをしたプログラムユーザーは、BENのポイントを取得します。

プロジェクトチームはすでに、BitCoenウォレット用のモバイルアプリケーションの開発を開始しています。また、プロジェクトのパートナーとなる見込みの組織との交渉も継続しているようです。

いつから開始されるの?

BitCoenのトークンの販売は終了しました。プロジェクトチームは、webサービスMediumに記事を投稿、「250万ドルに達したところで販売を中止しました。」と発表しました。

「Token BitCoenは必要なチェックをすべて受け、3月中旬にBitqi.comで取引が開始されることを目標としています。」とBitCoenの副社長David Dyshko氏はコメントしています。

「そののち、トークンは他のサイトでも利用できるようになります。 BitCoenプロジェクトをサポートしてくれたすべての方々に感謝したいと思います。あなた方の信頼が私たちにとって非常に重要です。

BitCoenはユダヤ教のブロックチェーンプロジェクト以上になることを期待しています。BitCoenのアイデアは、異なる国の領域で単一の仮想通貨を使用する必要があるすべての民族、旅行者など、さまざまなコミュニティに役立つ可能性があります。 Bitcoenが最初のコミュニティオープンエクスチェンジネットワークだと言えるでしょう。」

イスラエル政府との連携はどうなる?

イスラエル政府は、GDPの推定22%を占める闇市場(ブラックマーケット)における取引を減少させるために紙幣の削減を目指しています。したがって、当局は国家主導のデジタル通貨の発行を検討しており、そのための暫定的な法的枠組みを検討しています。

「これらすべての議論の後、即時取引のための高いネットワーク、迷惑メールや詐欺取引からの保護、すぐに使えるデジタルウォレットなど、イスラエル国家主導の通貨に使うブロックチェーン技術の開発は非常に重要です。」と、BitCoenの創設者でありCEOのVyacheslav Semenchuk氏は述べています。

「BitCoenブロックチェーンはこれらの要件を完全に満たしていると言えるでしょう。

LCPoAブロックチェーンアルゴリズムは、ネットワークを確実に保護しますが、コンピューティングリソースを維持するために大規模な支出は必要ありません。 BitCoenテクノロジは、高いネットワーク速度(最大25,000トランザクション/秒)を提供します。これは、Bitcoinブロックチェーンより3500倍高速です。

BitCoenデジタルウォレットは12月に準備され、トークン所有者のテストを数ヶ月にわたり実施する予定です。」

Semenchuk氏によれば、先日新たに発表されたdigital shekelのような州政府が主導するデジタル通貨は、ビットコインなどすべての仮想通貨の競合相手として作用する可能性があります。

同氏は、「デジタル通貨がイスラエルや他の国々の消費者の生活にどのように影響を与えるかを楽しみにしていますよ。」と述べています。

プロジェクトのには200以上の国が含まれています。同社の代表者によると、BitCoenの需要は、イスラエル、ロシア、ドイツ、イタリア、スペイン、イングランド、トルコ、ウクライナ、インド、ベネズエラ、ベトナム、インドネシア、パキスタンで確認できているようです。