アイスランド、ビットコインマイニング税を導入か

アイスランド、ビットコインマイニング税を導入か

アイスランドにおけるマイニング事情

ビットコインマイニングは、適切な状況下では儲かる手段になりえます。十分なハードウェアに用意することで、マイニングプロセスは非常に簡単になります。さらに、運用者は、運用コストを低く抑えるために安価な電力を必要とします。

アイスランドでは、ビットコインマイニングによって電気に対する需要が高まっているようです。実際、ビットコインをマイニングするための電力消費は、一般的な家庭消費をはるかに上回ることになります。

最近では手ごろな価格で電気を利用できる地域はほとんどありません。

アイスランドは、再生可能エネルギーに最も熱心に取り組んでいる国の一つです。 ビットコインの複数のマイニング企業が長年に渡ってこの国に法人を設立したのは当然でしょう。

電力料金が低く、寒冷な気候であるため、アイスランドは仮想通貨のマイニングにはとても適した土地なのです。さらにこの地域は、豊富な再生可能エネルギーを持っています。

しかし、どんなことでもそうですが、マイニングにもいくつかの欠点があります。

アイスランドにおけるビットコインマイニングの未来

ビットコインマイニングに将来課税される可能性があります。そのような措置が、海賊党のSmari McCarthyによって提案されています。

ただし、これが公式の法律になるかどうかはまだわかりません。ほとんどのアイスランド人は、この提案に疑問を抱いています。

アイスランドで価値を生み出している企業は、ある程度の税金を払っています。ビットコインのマイニング事業がこの点において国にとって利益をもたらしていることに変わりはありません。

しかし、ビットコインマイニングに伴うエネルギー消費は増加しています。この傾向が続く場合、消費は2018年にはほぼ100メガワットに倍増します。これはアイスランドのすべての世帯が同じ期間に消費するよりもはるかに多いのです。

アイスランド政府の対応に注目

ビットコインマイニングのエネルギーが不足するかという議論については、他の国でもより熱心に議論されるようになっています。アイスランドには再生可能エネルギーのソリューションはたくさんありますが、政府はどのような対応をするのでしょうか。

従来の支払い方法と比較して、ビットコインマイニングは非常に莫大なエネルギーが必要です。しかし、クレジットカード決済の処理にはコストはかかりません。

これらの問題は今後議論を呼ぶことは明らかです。結局のところ、アイスランドの当局者はこのビジネスモデルを「前進させる」方法を検討しているようです。

ビットコインマイニングのために税金を導入することは、珍しいことではありませんが、一般的な方法でもありません。この国ではビットコインの規制が不十分であることを考えると、マイニング税の導入はまだ先の可能性があると言えるでしょう。

参考