GMOが12nmFFCマイニングチップの開発に成功!

ビットコインのニュース

GMOは仮想通貨のマイニング事業を去年末から開始していました

GMOインターネット株式会社(GMO)は、欧州法人を通じて2017年12月20日に仮想通貨の採掘(マイニング)事業を開始しています。

北欧にマイニングのための施設を設立し、既製品のマイニング用機器を用いてマイニング作業を行っているようです。今回開発に成功したマイニングチップは、次世代マイニングボードの実現のための第一歩と見られています。

新たに開発されたマイニングチップの概要は?

今回新たに開発されたマイニングチップは、マイニングを行う高性能コンピュータである次世代マイニングボードに組み込まれる予定です。このマイニングチップは、半導体設計技術を持つパートナー企業と行っています。

最終的には7nmFFCのマイニングチップの開発を目指していて、今回の12nmFFCマイニングチップはその第一歩と言って良いでしょう。GMOは、引き続き7nmFFCプロセス技術を用いたマイニングチップの実現に向けて開発を進めていくとのことです。

GMOは2018年上半期中に7nmFFCマイニングチップの開発を成功させ、次世代マイニングボードの投入まで予定しています。また、この次世代マイニングボードの一般販売も2018年度末に予定しているようです。

GMOは、インターネットのインフラ事業及び金融事業のノウハウを活かし、マイニング事業を通じて仮想通貨の健全な運用を支えていく意図があるようです。

7nmFFCマイニングチップの性能はどれくらい?

GMOが開発中の7nmFFCマイニングチップは、現在龍柱しているマイニングマシンと比べ、性能が約数倍と言われています。

GMOのマイニング事業から今後も目が離せません。