金融業界の未来、分散型バンキングとは何か?

ブロックチェーンのニュース

旧態然とした金融業界

劇的な変化の嵐はまだ金融業界に訪れていません。

何世紀にもわたって劇的な変化のない革命において、ブロックチェーンは時代遅れのシステムの改革に重大な影響を及ぼすでしょう。したがって、DCCのような分散型バンキングは、最終的には将来の金融業界を支配することになります。

デジタル思考の強いの21世紀において、現代の銀行業界は、時代遅れであり、今なお新しい技術の波に抗っています。こん業界の最も有望な後継者である分散型バンキングは、金融業界の新しい時代の始まりを告げる可能性が高いでしょう。

分散型バンキングとは何か?

今まで利用者は市場の少数の金融機関のみを使用しなければならなかったのに対し、分散型バンキングは多数の金融機関が集合的に競争力のあるサービスを提供できるようにしました。世界初の分散型銀行のパブリック・チェーンであるDCCは、このようなシナリオの背後にある創始者であり実業主体でもあります。

DCCは、分散されたDCCのIDに基づいてユーザーアカウントシステムを確立し、トランザクションおよびクレジットデータの改ざんをできないようにします。

個々のクレジットデータはクラウドに保存され、送信プロセス全体が安全に暗号化され、情報の傍受から保護します。ブロックチェーンは、契約上の相互作用の枠組みにより、個人データシステムを集中管理から分散管理に変えていきます。

同時に、DCCはオープンな戦略を採用しています。これは、関係する各当事者がスマートな契約を結び、オープンスタンダードプロトコルに基づいてDCCの利用環境を拡大できることを意味します。

DCCのプロジェクトリーダーであるStewie Zhu氏は次のように述べています。

「分散型バンキングは、分散型ブロックチェーンに基づいた、金融機関間のまったく新しい協調サービス関係です。」

分散型バンキングはどのように金融業界の未来になり得るのか?

集中と独占は、従来の金融システムの最大の欠点でした。このような状況下で、金融業界はすべての個人の信用データを管理し、すべての資金の流れと金利を決定し、巨額の利益を上げています。

このような集中化された金融システムは、DCCが提唱する新たなパートナーシップの中で、多数の同等のサービスプロバイダーに置き換えられます。

クレジットデータはもはや銀行によって管理されるのではなく、誰もが所有していることになります。顧客は、彼らのニーズを金融機関に合わせることができ、同じ基準に基づいてブロックチェーンプラットフォームを使い取引することができます。

その結果、取引コストが大幅に削減され、個々のユーザーはサービスプロバイダーと平等になります。

伝統的なバンキングは、市場を独占し、過剰利益を得る代わりに、サービスプロバイダーの唯一の選択肢でした。

また多数の小規模な金融機関が、独自の利権を利用して、市場から利益を得ることができていました。

DCCの分散型バンキング・パブリック・チェーンは、これらの金融業界が大きな飛躍を遂げる最大の機会を提供しています。また、伝統的な銀行も、新しい経済パターンによって脅かされることなく、最終的には長期的な利益を得ることができます。

金融市場全体がより効率的かつリスク分散され、少数の大規模な機関の権限が制限され、小規模のサービスプロバイダーと個々のユーザーの利益が保証されます。

そのような改善された金融システムは、社会的および経済的進歩を促進し、「潤滑油としての効果」をより顕著にすることができます。

つまり、DCCの分散型バンキングの公的な連鎖は、有名な経済学者ハイエクが予測した金融業界のモデルであり、最終的に既存の金融システムを置き換えるものであることは明らかです。

ブロックチェーンがもたらす衝撃的な変化とは?

金融市場が公平であればあるほど、運用コストは低くなり、市場全体の経済への影響はより強くなります。

中流階級の野心的に溢れた勤勉な人々は、新しい制度を通じて妥当な利子で融資を受けることができ、より多くの人々がビジネスを始め、最終的に社会全体の富を増やすのに役立ちます。

一般市民は、自分の信用データを最新の状態に保ち、それを自分で管理し、過度の消費と投資を避けることができます。

投資価値のある分野への社会資本の流入が増え、効率性が向上します。

さらに、実際の財務活動によって支えられている分散型金融サービスシステムの重要なプラットフォームであるDCCは、仮想通貨価値の確固たる根拠を持っています。本質的な価値がない一般的な仮想通貨とは異なり、DCCはブロックチェーン技術の方向性を明確に示しています。

成功の鍵は何?

DCCは以下のように非常に豪華な協賛者を集めています。

オックスフォードとLSEの行動経済学者とゲーム理論家であるZhu氏は、長年にわたりブロックチェーン業界を牽引しています。

ブロック・チェーン開発の深い見識を持ち、定量的リスク分析の専門家であるJP MorganのShi Fei副社長は、有名なエンジェル投資家でもあります。

数々の成功経験を持つユン・チェンはまた、「江南ヤング・シニック」として知られている地方分権の主張者でもあります。

DIANRONGの創設者であり、最も初期のブロックチェーン投資家の1つであるGalaxy Capital(ブロックチェーン投資会社)の会長であるYuhang Guo氏もいます。

これらのトップクラスの国際学会経験者および有名投資家は、分散型バンキングシステムを開発し、ブロックチェーンファイナンスによって何十億人もの人々に利益をもたらすよう努めています。プロフェッショナリズム、専門知識、夢、そして情熱が、DCCの成功の鍵です。

中国、米国、シンガポールの他の有名な機関投資家も分散型バンキングの偉大な発展を推進するためにDCCに協力してきました。豪華な協賛者と豊富な資金によって支えられているDCCは着実に進歩しています。

今日では、DCCはいくつかの国で試験運用を開始しており、その実験結果は地方自治体によって高く評価され支持されています。人々はますます、世界初の分散型バンキングとしてDCCは、将来の金融システムにとってのキーであるだけでなく、ブロックチェーン技術における期待の星でもあることは間違いありません。

DCCは2つの業界を含む革命を始めています。そして、その協賛者は、将来、寛大な報酬を得られるかもしれません。