コインチェックがハッキング被害者に対して補償を開始

コインチェック(Coincheck)でのビットコインの買い方は?

コインチェックが被害者に対して補填を開始

仮想通貨取引所であるコインチェックは、来週から2018年1月のハッキング被害を受けた顧客に補償を開始すると発表しました。

木曜日の記者会見で、コインクチェックの和田晃一良最高責任者(COO)と大塚雄介最高経営責任者(CEO)は、この数日で補償の詳細を公開すると述べました。

この2人はまた、来週、いくつかの仮想通貨の取引サービスを再開するためのさらなる計画を明らかにしました。

コインチェックは最初に約1億5千万ドル(約159億9750万円)のNEMトークンが2018年1月26日に盗まれたことを確認しました。

事件の後すぐに、プラットフォームはトークンごとに88.549円の金額で盗難トークンを補償すると発表しました。

事件の後、日本の金融庁は、すぐにプラットフォームのセキュリティー対策とハッキング被害者に払い戻すための財政能力を調べるために立ち入り検査を行いました。

検査が続行されたため、コインチェックのユーザーでもあり一部の被害者は、コインチェックが損失の払い戻しを迅速に行うことを要求する集団訴訟も提起しました。

コインチェックの顧客への払い戻し計画は、金融庁が日本での仮想通貨取引をより詳細に調査し、今回のハッキング事件の再発を防止しようとする努力の中で行われています。

日本での認可を得られていない取引所の広範な調査がなされ、金融庁は7つの取引所に対して行政処分を行いました。

そのうち2つの取引所には業務停止命令が出され、2018年3月22日までにセキュリティ改善のための書面による計画を提出するよう義務付けられました。