中国政府がビットコインマイニングへの電力供給制限を開始か

ビットコインのニュース

中国のビットコイン規制がマイニングにまでひろがる

2017年9月に、中国当局はビットコインの規制を行いました。

その内容は、以下の記事で解説しています。

今回明らかになった情報によると、中国国内でビットコインのマイニングをしているいわゆるマイナー(採掘者)に対して新たな規制を中国政府が計画しているようです。

中国人民銀行が2018年1月3日に開いた非公開の会合で、マイニング規制の概要を発表したようですが、実際にどのように規制していくのかはまだ明らかになっていません。

中国当局は、国のインフラである電力を大量に使って採掘されたビットコインが中国の経済に貢献しないと考えているようです。

中国では、地域によって電力料金に差があり、マイナーが電力料金の安い地域で大量の電力を使用しマイニングを行い、その地域で生活している国民に影響が出ているとの意見もあります。

実際に規制されても大規模なマイニング企業には影響しない

今回提案された規制案で影響が出てくるのは小規模マイナーのみと言われています。そのため、大規模なマイニング企業には影響はほとんどないそうで、これまでマイニングのシェアトップは中国のままでしょう。