ブロックチェーンプラットフォームと低賃金国の人々

低所得国の労働力をAI市場へ活用

AIアプリを構築するためのブロックチェーンプラットフォームであるDbrainは、200億ドル(2兆1354億円)規模のAI市場において、企業やAI開発者を低所得国の労働力と結びつけることを目指しています。

AIソフトウェア業界は年間52%の成長を遂げ、2025年にはおおよそ60億ドル(6406億円)に達する予定です。

AIソリューションを作成、カスタマイズ、インストールしてビジネスプロセスに統合することを目的としたAI駆動サービスと共に、市場は2025年には200億ドル(2兆1354億円)に達するでしょう。

さらに、AIは数十億人の人々の福祉を改善し、国間の所得格差を最小限に抑えることができるようになるでしょう。

大規模なデータセットは、GoogleやFacebookなどの企業が主に所有し、価格を設定し、小規模な会社がAI開発業界に参入するのを防ぐ力を持っています。

一方、データラベリングは、低所得国の熟練度の低い労働者に集中し、彼らは現在、市場所得のほんのわずかしか得られていません。

ブロックチェーン上に構築されたプラットフォームであるDbrainは、データセットを作成するクラウドワーカーに直接繋がることで、ビジネスにもっとアクセスしやすくするAIを作ることを目指しています。

代わりに、ラベル作成者は、データラベリングとデータ検証の努力とスキルのためにお金を稼ぐことができます。

Drainは、仮想通貨を使用することで、低賃金国の銀行口座を持たない約20億の人々に、地方の通貨変動とは無関係に新しい収入源を提供する可能性を持っています。

AIの問題に対処するためのブロックチェーンプラットフォーム

Dbrainプラットフォームは、AIアプリ開発プロセスのすべての関係者をつなぎます。

クラウドワーカーはデータラベリングの簡単な作業を行い、仮想通貨で即座に支払われます。

データ科学者は、データセットを使用してニューラルネットワークを訓練し、AIアプリケーションを構築します。

企業は既存のソリューションを使用したり、AI開発者から新しいソリューションを要求することができます。

このソリューションは、Dbrainチームによく知られているAI業界の成長の苦労を解決します。

Dbrain CEOのDmitry Matskevich氏は、2017年にAIのB2B企業であるFlocktory.comを2000万ドル(21億3540万円)で設立しました.

Matskevich氏は次のように説明しています。

「私たちはAIソリューションを作成しながら、インドの専用データマッピングフォームであるmturkとは異なる方法でプライバシーと高品質のデータマッピングを組み合わせるという問題を解決しようとしました。以下の最初の2つのケースでは、データを第三者に転送する必要がありましたが、後者にはスピード感に難がありました。社内で100のデータマッパーを雇うことはできませんでした。」

ブロックチェーンはこの解決策になります。

Token.ioの創設者でCTO名誉賞を受賞した米国連邦準備銀行のFaster Payments Task ForceのメンバーであるYbie Benjamin氏によると、Dbrainプラットフォームはイーサリアムネットワーク上で動作し、スマートコントラクトに依存しています。

ブロックチェーンベースの社内プロトコルを使用して、次のようなAI開発および採用の主要な課題に取り組んでいます。

データセットの品質

データセットのサイズにかかわらず、ラベリング品質が低いと、データ科学者および開発者の努力が低下する可能性があります。

Dbrainは、クラウドワークプロトコルの主観証明を使用して、すべてのタスクが他の群衆によって検証されるデータセットにラベルを付けるクラウドソーシングネットワークを作成します。

セキュリティと信頼

機密データを第三者や社内の開発者と共有すると、セキュリティリスクが発生します。

データ所有者は、データセットが第三者に漏洩した場合に収益を失います。

Dbrainは、データ所有者の利益を保護し、リポジットリデータへの間接アクセス制御プロトコル(PICARD)を使用して漏洩を防ぎます。

また、データ科学者は、データセットをダウンロードせずにAIモデルをトレーニングし、後でビジネスクライアントにAIソリューションを販売することもできます。

インフラコスト

AIソリューションを使用するには、企業はAI開発者を必要とします。

開発者は、データラベリングやモデル検証のためのデータや人材だけでなく、アプリのトレーニングや配備のためにスケーラブルなコンピューティングインフラストラクチャにアクセスする必要があります。

ラベル作成者は、作業のために支払われる単純な作業インターフェースとチャンネルが必要です。

Dbrainは、テレグラムチャットボット、ウェブ、モバイルアプリをベースとしたユーザーがアクセスしやすいラベリングツールを提供します。

プラットフォームは、インフラストラクチャコストをかけずにAIソリューションを展開できます。

その結果、Dbrainプラットフォームは、AIアプリのライフサイクルを、ヒューマン・イン・ザ・ループ・ワークフローの大部分を自動化する単一の製品に統合します。

現在のところ、データのラベル付け、カスタマイズされたモデルの作成、データセキュリティの保証、ラップトップとAI開発者への仮想通貨の支払いとペイアウトによるマークアップ結果の検証機能を組み合わせた唯一の実用的なソリューションです。

AIアプリの実践的な使用が価値を証明

AIアプリケーションを作成するためのソリューションは、AI市場でウィンウィンな状況を作り出すことができる潜在的な可能性を持っています。

企業は、アメリカでAMTを使用する場合などに比べ、データラベリングコストを2〜10倍削減できます。

すべての支払いは仮想通貨でされているため、参加者は異なる銀行システムについて心配する必要はありません。

Dbrainソリューションは、IoT(Maeco.io)やfintech(Chronobank、Micromoney)から電子商取引(Kupivip、Proskater)、旅行業界(FinalPrice)まで、さまざまな業界の顧客にすでに利益をもたらしています。

現在、企業は既存のAIソリューションを購入したり、カスタムソリューションを購入したり、データセットにアクセスしたりすることで利益を得ることができます。

クラウドワーカーは、地方の法定通貨よりもしばしば安定している仮想通貨で追加の収入源を得ています。

すべての相互作用は、スマートコントラクトに基づいて構築されたクラウドワークの主観的証明のために、Dbrainプロトコルによって保護されています。

2018年後半に、Dbrainはプラットフォーム上での支払いを処理するために独自のDbraincoinを導入する予定です。