ブロックチェーン技術とアート

新人映画製作者にとっての新しい機会

手頃な価格のポータブルカメラと編集プログラムが利用できるようになれば、才能のある新人映画制作者にとって新しい機会が与えられるでしょう。

最近では、ポータブルカメラや新しいiPhoneで映画全体を撮影することも可能です。

しかし、制作費の削減は、自主製作映画を視聴者へ簡単に提供することには直接的にはつながりません。
実際、映画予算の大部分は流通とマーケティングに費やされています。

ブロックチェーン技術と映画

ブロックチェーンテクノロジーをベースに構築されたTVzavrによるMoviesChainは、この問題の解決策を提供してます。

これは従来のものとは対照的に、自主製作映画に対してオンライン映画館で視聴者が鑑賞できる機会を提供します。

ブロックチェーンは、視聴者が映画を見るために代金を支払った瞬間に映画制作者が利益を得ることを可能にしています。

MoviesChainプロジェクトは、ロシア最大のオンライン映画館の1つであるTVzavrによって開始されています。
このプロジェクトは、2018年のベルリン国際映画祭で発表されています。

分析レポートによれば、仲介業者は現在、毎年約100億ドルに相当する映画レンタルの収入の約半分を受け取っています。

ディストリビューションチェーンからそれらを取り除くことで、映画制作者はより多くのお金を得ることができます(映画の予算が限られている場合は非常に重要です)。

視聴者は、好きな監督の映画がいつ公開されているかを知るために映画館をチェックする必要はありません。

代わりに、サービスに登録し、何回かクリックするだけですべてが利用可能になります。

アナリストらは、世界の自主制作映画業界のシェアは年間200億ドルに達すると予測しています。実際に、自主製作映画の制作数は絶えず増加しています。

自主制作映画は2005年以来、映画制作のシェアを1/3から3/4に引き上げました。オンライン映画館のシェアも拡大しています。

TVzavrによるMoviesChainは映画を見るための費用を約1.50ドル(約112円)で支払うモデルで運営されています。

2018年4月には3000万ドル相当のトークンセールが開始される予定です。
投資家は、他の仮想通貨と引き換えに、サービスの内部通貨(トークン)である「ZVR」を購入することができます。

ZVRは、TVzavrによるMoviesChainの映画の支払いに使用されます。ZVR所有者は特別ボーナスに参加することもできます。

TVzavrは現在、TVzavr、Russian Cinema、およびMoviesChainサービスで3,000万の固有ユーザーを抱えています。2017年の同社の収益は1000万ドル以上に達しました。

「ブロックチェーンは、経済活動に関係なくすべての分野を網羅しており、権利所有者、ライセンス権、エンドユーザ、支払いなどを含むデータを格納する多機能の情報技術です」

とElena Khlebnikova同社の代表者は、このシステムを使用しても、映画制作者、視聴者、または投資家が技術的専門知識を持つ必要はないことを強調しています。

仮想通貨へのイメージと有用性

Jerome Paillard(カンヌ・マルセ・デュ・フィルム専務理事)は以下のように述べています。

「TVzavrプロジェクトによるMoviesChainは、ブロックチェーン技術と映画を使用する他のものと同様、100%ではありませんが、その重要な一部分です。

それは、配布の問題やコンテンツが広く受け入れられるようにするための問題を完全に解決するものではありません。

しかし、私は映画制作者とコンテンツのエンドユーザーとの間の金融取引に関して、技術がより透明になるという事実を考慮すると、非常に良いと考えています。

カンヌ・マルシェ・デュフィルムでは、一般的に新技術、特にブロックチェーンに多くの注目を集めました。

コンテンツ制作者と視聴者の両方に利益をもたらすことのできるものはすべてサポートしています。
ビットコインと仮想通貨は、クレジットカードの支払いに問題がある国での直接支払いに非常に役立ちます。

問題は、一部の国でビットコインが非常に良好なイメージを持っていないことです。

多くの人が、このお金がどこから来るのか明確には理解していません。 クリーンでも法的でもないという気持ちもあります。

また、レート価格は急激に変動します。

これは多くの人々、特に仮想通貨についてあまり理解していない人にとっては衝撃的です。

しかし、私は新しい仮想通貨がより高いコントロールと倫理基準を持つことができ、特に映画を作っている人や見ているだけの人にもっと自信を持たせることができると確信しています。」