ブロックチェーンが私たちの生活費を下げてくれるかも?

マーケティングにかかる費用とは?

高くなりすぎた顧客獲得単価がどのように製品やサービスの価格を上昇させているのか、またブロックチェーンが提供する解決策にはどんなものがあるのでしょうか。

仕事を終えて自宅へ帰り、美味しいチョコレートバーを買ったと仮定しましょう。

このバーにかかっているコストはいくらなのでしょうか。この時に払ったお金はどこに行くのでしょうか?

払った金額のうち、約30%しか実際の生産者の元にはいきません。これは、マーケティング、企業ブランディング、税金、小売マージン、およびその他の経費が約70%を占めるからです。

少額な金額の70%であれば、あまりショックではないかもしれません。

しかし、これは単なるチョコレートバーだけではなく、あなたが購入するすべての製品とサービスの大部分に関して当てはまります。私たちは商品を届けるためにかかる以上に膨らんだ費用が膨大であることに慣れすぎているのかもしれません。

この問題に関して非難するべきなのは、特定の個人や団体ではありません。

簡単に言えば、現在のビジネスモデルは複雑で、効率が悪く、効果がない活動も含んでいるのです。今日のグローバルでデジタルな世界では分析が困難になっています。

企業は何億人もの人々の中から潜在的な顧客を見つけなければなりません。このために複雑なアルゴリズムや膨大なマーケティングプロセスにますます依存しているのです。

そのようなマーケティング・ソリューションはビジネスに不可欠な要素となっていますが、それ相応のコストがかかります。

Google、Facebook、Amazonを考えてみましょう。このデータ市場を中心に構築された巨大な企業です。企業は、そのようなマーケティング・プロセスを利用するため巨額の資金を必要とします。その資金は、最終的にはコスト上昇として消費者に転嫁されることになります。

増幅している顧客獲得単価

このコストは考えてみれば驚異的です。

最近の調査では、さまざまなマーケティングチャネルにおけるコストが着実に上昇していることが判明しました。

ソーシャルマーケティングを通じて獲得された顧客は一人当たり当たり平均27ドル(2887円、1ドル106.9円換算)しかかかりません。しかし、価格ははるかに高くなる場合もあります。 ディスプレイ広告やCRM広告チャネルを使用すると、平均71ドル(7593円)の費用がかかっています。

これは潜在的な顧客を獲得するための金額であり、実際に購入されることが保証されているわけではありません。 これらの高額な顧客獲得単価を計算すれば、毎日無駄に費やされる膨大な金額を想像することができるでしょう。

これらのコストはすべての業界に影響しています。

財務、健康、公益事業、教育のいずれであっても、企業は顧客獲得に莫大な金額を費やす必要があります。 この信じられないほどの無駄と非効率性は、一人一人に何度も何度も触れる必要があるのです。

ブロックチェーンで直接顧客にアクセスできる?

ブロックチェーン技術の革新性には世界が注目しています。しかしほとんどの場合、そのような話題は本質的なものではなく、ビットコインや他のアルトコインの価格の急激な変動やこの技術革新についての浅はかな議論が繰り返されているだけです。

しかし、ブロックチェーン技術は、このような非効率性を解決するソリューションを提供し、消費者に降りかかるコストの上昇を抑える可能性があります。顧客獲得プロセスの中核となるのは、潜在的な顧客にリーチするために使用される個人情報です。

前にも述べたように、このデータの収集と分析が必要とされていることによって、大規模なデータを収集できる業界は成長し、顧客獲得コストは引き続き高くなっています。

しかし、企業や消費者が高額な料金を請求する仲介者に頼らずに消費者データを直接かつ有益な方法で利用できるようになったらどうでしょうか?これがブロックチェーンの利用されるべき理由です。

消費者は匿名化された方法でデータをブロックチェーンにアップロードすることができます。ブロックチェーンでは、分散された状態で管理されます。

企業はブロックチェーンに接続して、ユーザーと直接対話することもできます(匿名化された状況下で行われ、かつユーザーの承認が必要です)。これは、無駄な仲介者プロセスをすべて排除し、効率的な方法で消費者データを利用できるようにします。

これにより、顧客獲得単価が削減され、結果的に消費者が支払うコストが削減されます。これは、相互に有益な状況です。

Jaron SeijffersはMaxData.ioのCMOです。彼が提供するのは、サービスプロバイダーがブロックチェーン技術を使用して消費者を見つける最初の逆入札市場です。

消費者は、MaxDataプラットフォームを使用して、情報を匿名で提供し、広告主は消費者が興味を持っているものを正確に把握することができます。サービスプロバイダーはサービス(保険、通信、公益事業、金融サービスなど)の価格を下げることで、消費者の生活費を大幅に削減することになるでしょう。

このような革新的なプラットフォームによって、企業と消費者が年間数十億ドルを節約できるかもしれないのです。