ブロックチェーン時代の資金調達方法とは?

ブロックチェーンのニュース

これまでの資金調達とは?

良いアイデアを持ったビジネスでも、最初は控えめなスタートとなることがよくあります。

多くの人がそのビジネスの本当の価値を実感できるのは、少し経ってからです。現在最も人気のある化粧品会社の1つであるAvonは、David H. McConnellという一人の販売員から始まりました。

McConnellは、女性顧客に無料の香水のサンプルを提供するときに書籍販売が増やしたことに気づき、書籍販売をやめ、California Perfume Companyを設立することに決めました。

彼のビジネスはスタートしましたが、他の多くの例と同様に、運転資金が不足していました。

当時、新しい事業資金を獲得するには、銀行や友人や家族から資金を借りる選択肢しかありませんでした。そのため、McConnellは地元の銀行に行き、売り込みをして資金を作ったようです。最終的には何十億の企業が生まれましたが、現在ならどうでしょうか。

投資は、社会がどのアイデアに最も価値があるかを選択する方法です。

小さなガレージから始まったスタートアップを、ニューヨーク証券取引所に上場されている巨大企業に変えるのもこのメカニズムによるものです。この原則は、成功者に膨大な富を作り出します。

インターネットの普及し始めたドットコムバブルの時代に、新しいIT企業の立ち上げはこれまで以上に簡単になりましたが、残念なことにインターネットの利便性は投資領域に活かしきれていません。

株式市場を通じてすでに確立されている企業に投資することは可能ですが、全く新しい企業に対する投資はどうでしょうか?

ブロックチェーンが変化をもたらす

上場していない企業のビジネスに対する投資は依然として難しいです。

一部の人はエンジェル投資家として挑戦することもできますが、莫大な量の書類や大変な努力が必要となります。小さくない取引コストではありますが、投資家は最高のアイデアであればベンチャーキャピタル企業の後ろ盾を受けて資金を提供します。

投資家は、将来的に報酬が見込めれば、自分の資金を投入してスタートアップを手助けしたいと考えています。

しかしこのような機会は、一般の人には手の届かない範囲で開催され、中には大変魅力的なものもあります。

ベンチャーキャピタルは厳格な要件を設けて、閉鎖的なコミュニティとなっていることが一般的です。これらが今までの常識でしたが、分散型ブロックチェーン技術はすでにこの市場に新しい変化をもたらしそうです。

資金調達が必要な新興企業は、OnPlaceのようなブロックチェーンプラットフォームを使用して、広範囲の分散した個人投資家のコミュニティにアクセスできるようになりました。

これは、効率的に使用でき堅牢性も備えたツールです。 OnPlaceプラットフォームにリストされているプロジェクトは、株式の一部をトークン化し、プラットフォームの多くの参加者が利用できるようにします。ここでのスマートコントラクトは、プロセスが標準化されており、自律的に実施されることが保証されています。

ブロックチェーンを利用した資金調達とは?

OnPlaceネットワークに刺激的な新しいプロジェクトを持ち込むと、徐々に参加者が増え、効果的に成長していくのに役立つでしょう。

OnPlaceユーザーは、資金調達が進んでいる間に、コミュニティにおける様々な役割を管理するために、独自のプライベート資産トークン化システム(PATS)を使用することもできます。このプロトコルにより最新の進行状況を取得し、株式を管理し、ネットワークに影響を及ぼす決定をするために投票を実施することも簡単になります。

OnPlaceはICOのいわば進化版です。 ICO投資家は、投資したプロジェクトの進捗状況を監視することについてはほとんどオプションがありません。

また、持ち込まれたビジネスがICOするための審査は、推測によるものです。信頼できるフレームワークを設けることで、OnPlaceはより責任を持つことを目指しています。

OnPlaceが2018年2月1日に事前販売を開始したICOでは、10日間で目標金額を達成することに成功しました。これは、BTC、ETH、LTC、BCHなどのすべての主要な仮想通貨で行われました。

事前販売中に様々な仮想通貨で収集された金額に加えて、OnPlaceプロジェクトは、クラウドファンディング・プラットフォームを通じたキャンペーンも行いました。

2018年2月10日に事前販売を停止し、OnPlaceは参加者にボーナスを送って、クラウドセールページを更新するために一旦プロジェクトを休止しました。OnPlaceはコミュニティの拡大と販売を再開して、キャンペーンの開始時に述べたように15,000 ETHの目標上限金額を目指しています。

OnPlaceチームは以下のように述べています。

「事前販売を再開することは、開発フェーズをスピードアップし、プロジェクトに必要なエキスパートを引き付けて、アイデアをより早く実現させるためのステップです。私たちが計画しているロードマップは、できるだけ早く地域社会に貢献することです。」

参加者らは、次世代のITスタートアップが現れることを楽しみにしており、新たなアイデアがプラットフォームに現れると、こぞってトークンを手に入れています。

参考