ビットコインのマイナーは、有害なネットワークの干渉を今すぐ停止する必要がある。

ビットコインのマイナーは有害なネットワーク干渉を今すぐ停止しなければ、罰せられるだろう。

ビットコインフィーバーは白熱の一途をたどり、冷却の兆候は見られていません。

ビットコインとアルトコインのマイニングはこれまで以上に高リターンな事業であり、そのマイニングが他の人の仕事を妨害しているかどうかを考えず、マイナーは利益を最大化するためにできること全てをやっているというのが現状です。

電気通信大手のT-Mobileは、ビットコインのマイナー達がマイニングを行うにあたってのプロセスがネットワークに有害な影響を引き起こしているとFCC(連邦通信委員会)に語りました。

望ましくない干渉

T-MobileはブルックリンのLTEネットワークへの干渉に関する事項を連邦通信委員会に通知しました。
T-Mobileは、特定の分野におけるビットコインのマイナー達の活動が干渉の原因であると主張しました。

ロイター通信によると、FCCがこの問題を徹底的に調査した後、T-Mobileのブロードバンドネットワークに割り当てられた周波数で、有害な干渉を引き起こしたと主張しています。

FCC評決

FCCの執行局は、2018年2月15日の手紙で、マイナーが「Antminer s5 Bitcoin Miner」という機器を使ってインターネットネットワークに干渉する他のビットコインマイニング装置の使用を断念できない場合、連邦法を犯すことになると述べました。

違反者は罰金を払い、刑事告発され、マイニング設備も没収される可能性があります。

マイナーの家で使用されている「Antiner s5 Bitcoin Miner」がニューヨークのブルックリンでT-Mobileの運営に有害な干渉を引き起こしている場合、コミッション規則に従って、そのマイナーに通知されるでしょう。

この警告の受領後に有害な干渉を引き起こす装置の継続的な操作を行うことは、上記に引用した連邦法の違反となり、重大な罰金等を科す可能性があると書かれています。

FCCのコミッショナーであるJessica Rosenworcel氏は次のようにツイートしています。

“このFCCの手紙には、ビットコインマイニング、ブロックチェーンの計算に必要な計算能力、およびワイヤレスブロードバンドに関する干渉の問題がすべて含まれています。2018年には、この問題はより重大になるでしょう。”

ビットコインマイニングは法的行為であるが、それらの行為が混乱を引き起こす場合、他の人にとって有害なものとなります。

仮想通貨投資家にとって、平和な仮想通貨エコシステムを実現するためには、他者に対して有害になるような活動を自粛することが重要です。

参考