ニューヨークのビットコインマイナーに高い電気料金を請求

ニューヨークでのマイニングにかかる電気料金

ニューヨーク州公共サービス委員会(PSC)は、州の電力会社が、ビットコインマイナーに、州の安い電力料金より高い電気料金を課すことができると裁定した。

先週、ニューヨーク州北部のプラッツバーグ市は、一時的に18カ月間のビットコインマイニング禁止措置を課し、これを行う最初の都市となったことが報告されました。

まず、コリン・リード市長は2018年3月初め、プラッツバーグ市は安い電力のすべてを使用するマイナーを抑制する街として選ばれました。

2018年2月のニューヨークタイムズ紙の報道では、ビットコインマイニングが2018年1月と2月に市の固定電力供給の10%を奪ったとリード市長は説明したとされています。

その結果、住民たちは電気料金が100ドルや200ドルほどが上昇したと主張しました。

さて、新しい判決はさらにもう一つの物事を語っています。

PSCはニューヨークに自分の会社を設立するためにマイニングを奨励しながら、住民が不必要に高い電気料金の支払いに直面しないことを確実にさせることにより、活動の場を平準化しようとしています。

委員会の議長であるJohn B. Rhodes氏は、以下のように語りました。

「事業者が使用する電気に適切な価格を支払うようにする必要があります。
これは、低コストの電力が限られた量しかないような小規模なコミュニティで特に当てはまります。
私たちが行動しなかった場合、地方自治体の権威者が支えている州のコミュニティの既存の住宅および商業顧客は、公共料金の急増に直面するでしょう。」

判決前に、市町村の権限権限が1.5mWhから122mWhに及ぶニューヨーク市電力機関(NYMPA)は、ビットコインマイニング事業とその影響について欧州委員会に意見を求めました。

PSCは、コンピュータの使用に供給するのに必要な電力が非常に大きいため、ビットコインマイニング会社は一般的な住民が使用する電力よりも何千倍も多くの電力を使用していると判断しました。

新しい判決は、地方自治体の電力当局が、最大需要が300kWhを超え、毎年平方フィート当たり250kWhを超える負荷密度を有する高密度負荷の顧客に対して、新たな関税を創出できることを意味しています。

革新的な企業が成長する場所を提供しながら、関係者全員のニーズに応えられることが期待されています。