イスラエルにおけるビットコインに関する離婚問題

慰謝料としてのビットコイン

イスラエルの裁判所では、現在、ビットコイン関連の争点に初めて直面しています。
宗教裁判所は、特定の離婚問題で、仮想通貨に関する規定が求められています。

ともに30代前半の投資銀行の女性最高経営者と男性幹部であるイスラエルの夫婦は、3ヶ月前に結婚したばかりです。
ユダヤ人の結婚式では、新郎は離婚の際に花嫁にいくらかの慰謝料を支払うことを約束しなければいけません。

市民離婚裁判所が決定した婚姻訴訟と並行して支払う義務を負うことになるので、人々は自身の懐に余裕があることを示すような額を書くことが多々あります。

そんなユダヤ人たちの結婚においてのルールのなかで、彼らは当時約200万シェケル(1シェケル=0.282171USD、2018年2月19日現在)相当の30ビットコインと決定しました。

今回のように慰謝料をビットコインで支払うことに関して疑念を抱いている一部の人々に対して新婦は、「私たちはそれがきちんとしていてクールだと思っていた。昔はラクダ50頭と銀貨12枚について話し合い、現代ではビットコインについて話し合う」と言いました。

ビットコインをめぐる離婚問題

今週、妻は200万シェケルの慰謝料を求める裁判に向かいました。
夫は、婚約時ではなく離婚の時の為替レート(100万シェケルに非常に近い)に従い、義務付けられているように慰謝料の支払いに同意しました。

女性は当初、男性が200万シェケルと書いて披露したかったと主張していたが、代わりに30ビットコインを書くよう説得した。

彼女は「私の夫は投資家であり、私は銀行員であり、我々はビットコインが正当な通貨であることを理解していた。」と言いました。

このイスラエルの離婚は、今や世界中で数多く起こっている事件の一つにすぎません。

英国の法律事務所は現在、3件のケースを処理していると公言しています。
最大のものは、840,000ドル(89,460,000円)相当の仮想通貨に関する争奪戦となっています。