2018年注目のICOを5つ解説します!

2018年注目すべき5つのICOとは?

ICO市場は様々な人に注目され、市場の総額は50億ドル以上になっています。販売されたもののうちほとんど知られていないトークンが資金調達に成功した例もあり、2017年はICOによって多くの億万長者が作られた年でもありました。

マーケティングとテクノロジーの組み合わせで実行されているICOは、適切なプロジェクトを選ぶことで、これまで一般的だった投資方法に別れを告げ、今考えられている以上の飛躍を遂げる可能性があります。 2018年に入って、非常に注目されている5つのICOがあり、投資家の注目を集めています。

The TelegramのICO

テレグラム・オープン・ネットワーク(Telegram Open Network:TON)プロジェクトは、これまでにも普及している通信ツールであるテレグラム(Telegram)アプリから発表されました。

TONブロックチェーンとトークンはテレグラムのアプリに統合され、瞬時に2億人のユーザーに到達します。

このアイデアは、人気のKikチャットアプリのKINトークンに似ています。私たちは、テレグラムのICOが成功するのかどうか待たなければなりませんが、今のところ小規模なプロジェクトをはるかに上回る収入で、とても積極的なトークンセールを期待しています。

ブランド・ユーザベースがあり、世界中でよく知られているため、TONネットワークとトークンは初期販売時の割引価格よりも高く評価される可能性があるでしょう。

KodakのICO

Kodakは、ブロックチェーンの良い使用例を提示する有望株でしょう。

つまり、暗号化と分散された記録を使用してコンテンツの所有権を確実なものにできます。 いくつかの挫折と組織的な問題があったとしても、KodakのICOは魅力的でしょう。

しかし、このトークンが必要な資金を調達して販売が終了した場合、専門家によって使用されるトークンとなる可能性が高いです。Kodakが多くの人に実際に使用されるかどうかについては懐疑的な意見が多くありますので、この点は注意が必要です。

CointedのICO

Cointedは、すでに実働している企業で、仮想通貨のATMネットワークを提供しています。トークン売却の目的は、ビジネス拡大のための資金調達です。

ビットコインやその他の資産をATMでより使いやすく、安く、アクセスしやすくするためのCointedの取り組みは、仮想通貨全てにとって有益であることを意味します。したがって、このICOをサポートすることは業界全体の成功につながり、これがCointedトークンに対する注目度の高さと価格の高騰に結びついています。

このプロジェクトでは、銀行やその業界の規制が予想されますが、Cointedはこれまでのところ順調です。

ATF(Agro Tech Farming)のICO

大麻に関連する仮想通貨はすでに多数存在しています。しかし、ATFはこの分野のインフラを提供しようとしている企業の1つです。ATFは、既に設立されているロシアの会社で、実際に栽培の準備ができています。同社は、米国とカナダで合法化された医療用マリファナの分野へ進出を計画しています。

この分野で重要なことは、有機農法に適した水耕栽培システムを提供することです。

しかし、このICOは、アメリカの広い市場のうち「グリーンラッシュ」と呼ばれる特定の市場に頼っています。驚異的な価格上昇を達成して、この界隈では大麻関連のコインが盛んに取引されていますが、依然として大きなリスクを伴うことを忘れてはいけません。それでも、少額の投資がかなりの額に化ける可能性がある投資先の1つではあるでしょう。

EnvionのICO

仮想通貨のマイニングは、セキュリティと資産の価値を担保するために必要です。しかし、よりエネルギー集約的になってきてることが問題になっています。持続可能なマイニングを実現するためにEnvionプロジェクトは始まりました。

EVN(欧州の電力会社の名前と偶然の一致していますが関連はありません。)トークンには、投資家の検証プロセスが必要です。

正当な判断をするためにはKYCのより詳細な手順が必要だとする人もいれば、高品質のICOであると信じる人もいます。 EVNトークンは、熱心なユーザーや大きなマイニングプールの注目を集めています。大変なリスクがあるとしても、大きなリターンを生む可能性があると期待されています。

ICOにはリスクがあること忘れないように!

多くのICOは依然として危険であり、成功の保証がないことを忘れないでください。 KINのようなICOが最も有望とされていましたが、KINは売りに失敗したばかりでなく、規制などの問題から多くの取引所に上場しておらず、活発に取引されていません。

投資したいときは、ICOに関するより詳細な分析をしてみて、自分で納得してから実行しましょう。