LibLobのICO アウトドア用品のレンタルプラットフォームに仮想通貨を応用

LibLobとは

LibLobは、アウトドアスポーツ市場をメインターゲットにした世界初のP2Pレンタルプラットフォームです。まずはLibLobの特徴についてご紹介します。

LibLobの特徴

LibLobが目指す主な市場は、アウトドアスポーツ向けのレンタル商品です。現在開発されているLibLobのモデルは、ユーザがどこでも好きな場所で冒険や体験を楽しむことができることを目指して製作されています。

従来のアウトドア用品レンタルの支払い方法では、取引手数料や為替レートが必要になるため、レンタルしようとする動機が失われる一つの要因になってしまっています。

そこで、LibLonでは、イーサリアムの標準規格であるERC20に準じたBOOMRトークンを発行し、ユーザーにレンタルの新たな形を提案します。

さらに、LibLobでは、段階ごとにユーザーが体験できる範囲の幅を広げることを考えており、アウトドア用品からレクリエーション、アミューズメント市場への導入とアメリカだけで1000億ドル以上ある市場に向けて段階的に拡張していきます。

ICOの開催

LibLobでは、プラットフォーム内で使用できるトークンのICOを開始し、2018年2月4日に終了しました。

BOOMRトークンの利用用途

BOOMRトークンは、商品や体験を購入・レンタルするためにLibLob社のプラットフォーム内で使用されます。将来的には同社のプラットフォーム内で購入・取引・販売することも視野に入れています。

ロードマップ

2018年1月~2月:BOOMRトークンセール

2018年3月:フェーズ1/LibLobのプラットフォームにアウトドア用品を掲載

2018年8月:フェーズ2/LibLobのプラットフォームにレクリエーション商品を掲載

2018年11月:フェーズ3/LibLobのプラットフォームにアミューズメント商品を掲載

2019年3月:規模をフロリダから拡大し、アメリカ全土に

2019年6月:規模をアメリカから拡大し、世界に