botchain by tallaのICO AIを活用してビジネスの現場を改善する

更新

AIを活用したビジネスの現場を改善するbotchainプロジェクトとは一体どのようなものなのでしょうか。ここでは、その特徴と機能、そしてICOの詳細を説明します。
名前 botchain by talla ステータス 終了
通貨 BTC,ETH 目標 不明
開始日・終了日 2018/01/16 〜
トークン価格 5USD(2017年12月12日現在) トークン供給数 30,000,000

botchainとは

botchainは、分散型botの登録、判別、伝達、そして監査ができるプラットフォームをイーサリアムのブロックチェーン上に構築することにより、将来のビジネスのコミュニケーションのあり方と作業の自動化を可能にするプロジェクトです。

botとは?

botchainでいうボット(bot)とは、独自に意思決定できる自立型のエージェントです。

Tella Inc. がbotchainを構築

botchainはボストンを拠点とするTella Inc.のチームによって作成され、企業向けAIボットの開発に2年を費やしたころTellaはBotChainのアイディアを思いつきました。

このチームはソフトウェア開発、人工知能、スタートアップ、イノベーションにおける数十年の経験があり、botchain開発のためにベンチャーキャピタルから既に1,200万ドルを調達しています。

botchainの特徴

botchainは、AI・bot・ブロックチェーン・IoT機能を効果的に管理できるようP2Pネットワークを使用したプラットフォーム環境を整えるために、botchainプラットフォームとBOTトークンを活用します。

botchainの活用

・botの識別
ボットの身元と所有権をブロックチェーン上に記録することでボットの身元をブロックチェーンで確認することができます。

・監査と法的証拠の追跡
botchainは財務書類に関する監査や、自然言語処理を可能にするBotによる文書分析を可能にし、AIを活用するビジネスに必要な機能を実装します。

BOTトークンを使用した循環作り

Bot Chain Token(BOT)

botchain環境では専用のBot Chain Token(BOT)を使用し、BOTトークンはERC20の規格に準じて作られています。

BOTを使用したアクセス検証

botchainネットワークのユーザーは、botchainネットワークにアクセスしたり、ボットを使用する際にBOTトークンを所有している必要があります。

サービス支払い

botchainネットワークのユーザーは、送金に伴う費用、botchain管理者への保守費用、botchain上のデータの保存や処理など提供されるサービスに対してBOTトークンで費用を支払います。

ICO実施

botchainではbotchainネットワークの開発のためにトークンセールを行います。集められたお金に対し、BOTトークンを発行します。発行したBOTトークンはbotchainネットワークサービスへの支払いに使用できます。

トークンの内訳

合計30,000,000BOTトークンを発行し、BOTトークンは一度のセールイベント時のみで作り出されます。そのため、合計発行トークン数に届かなかったものは全て消滅します。

作成されたBOTトークンの最低30%(9百万)は、公開セール中に販売され、需要に応じて20%(6百万)が追加でセールに出されます。残りの50%(1500百万)に関しては、botchainの開発エンジニアや業務の支援者、顧問、ネットワークの維持のために運営側に保持されます。

ICOへの参加方法

botchainのICOに参加したい場合はトークンセール情報を受け取るメールリストに登録する必要があります。

botchainの今後の動き

2018年1月:botの登録開始

2018年4月:botの識別確認

2018年9月:プライベートネットワークでの動きを検証

2019年6月:bot同士のコミュニケーション機能の実装、様々なブロックチェーンへの対応

参考になったらこの記事をシェア!
Hatena Bookmark
仮想通貨ポータルに「いいね!」をして情報を受け取ろう