ATFS ProjectのICO 将来的な食糧危機の解決策

ATFS Projectとは?

ATFSプロジェクトとは、イーサリアムブロックチェーンとスマートコントラクトを基盤に構築された世界初の分散型Agri Tech& Food Scienceクラウドファンディングプロジェクトです。ATFSでは独自のATFSトークンを活用することによって植物をベースに作られた肉の生産のための資金を提供します。

[custom_link url=/basics/what-is-smart-contract/ title=スマートコントラクトとは?その仕組みを簡単に解説!]

このプロジェクトでは、農業に関する技術的進歩、新たな収入源と供給システムを確立することによって、植物から生成した肉の地位を確率し、現在社会に受け入れられる肉の代替品を提供することを目指します。

その結果、世界に拡大する食糧危機の包括的な解決策を提案することが可能であると考えています。

ATFS Projectの特徴

ATFS Projectでは、以下の3つのミッションを念頭に、将来的な食糧危機問題に解決策を提案したいと考えています。

アジア最大級のスマートファーム2.0

ICT,IoT,BigDataなどを組み合わせることにより深い学習が可能なインテリジェントファームの開発。また、最適な成長環境を提供するために、作物栽培施設の最適な温度、湿度、日光、二酸化炭素、水などを自動的かつ戦略的に管理することでアジア最大級のスマートファームを作ります。

革新的な分散型プラットフォーム

食品流通経路の中抜き問題を分散型プラットフォームを使用することで根本的に解決することが可能です。いつでもどこでもウェブやアプリを使って簡単にアクセスできる使いやすいプラットフォームの作成を目指します。

また直接の支払いも簡単に行えるよう、BTC,ETH,及びERC20ベースのアルトコイン、法定通貨のいずれでも対応できるような支払いシステムの提供を行います。

植物をベースにした肉の開発

研究開発センターを設立し、バイオテクノロジーと合成物学を利用した植物ベースの肉(植物性タンパク質)を作成。スマートファームにて蓄積されたテクノロジーとデータを組み合わせてまずはアジア料理に合うような植物性の肉料理を開発していきます。

ICOの開催

ATFSでは、将来的な食糧危機に対処するためのスマートフォーム、分散型プラットフォーム、植物ベースの肉の開発を行うために大々的な資金調達を行います。

トークンセールは2018年1月10日から開始され総発行量380,000,000のATFSトークンの内ICOでは247,000,000を販売します。

ATFSトークンの保持者は分配可能利益の20%を限度に、各会計年度末に受け取れる特典があります。

ICOへの参加方法

ATFSのトークンセールに参加するには、まずMyEtherWalletのアカウントを準備する必要があります。

注意事項としては、取引所からETHを送金しないことです。取引所のアドレスではセキュリティーやパスワードの問題からブロックチェーン上で安全に機能するとは思えないため、MyEtherWalletのアドレスを作成することを推奨しています。

[custom_link url=/basics/what-is-blockchain/ title=ブロックチェーンとは?技術の仕組みを簡単に解説!]

実際にATFSトークンを購入するには、ATFSのダッシュボードから”Purchase ATFS”を選択し、購入したい仮想通貨の量を選択することで購入が可能です。対象可能通貨は、BTC,BCH,ETH,ETC,LTCの5つです。

ロードマップ

2018年第1,第2四半期:ICOの開始、取引所へのATFSトークン登録、分散型プラットフォームのベータ版作成

2018年第3,第4四半期:R&Dセンターの設立、分散型プラットフォームの公開

2019年~2020年:中国・日本市場などへの拡大、分散型プラットフォームをアジア太平洋地域に拡大

2021年~:グローバル展開