ビットコイン(Bitcoin)とは?ビットコインの特徴と今後の将来性。購入できる取引所

man

「ビットコインってどんなもの?」

「特徴や将来性が知りたい!」

こんな気持ちを持っていませんか?

この記事では、ビットコインの特徴と今後の将来性について、2018年12月時点の最新情報をもとに解説しています。

初心者の方でもわかりやすいように、簡単にまとめてあるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

ビットコインとは?

ビットコインとは?

ビットコインとは、世界ではじめて誕生した仮想通貨です。

サトシ・ナカモトという人物が参加していた、暗号技術のコミュニティに投稿された論文をもとに開発が行われました。

そして、2018年12月時点に至るまで、このサトシ・ナカモトがどんな人物なのか、その正体は誰にもわかっていません。

ビットコインには、特筆すべき2つの特徴があります。

ビットコインの特徴

  1. ブロックチェーン
  2. 非中央集権的

ここからは、この2つの特徴を詳しく見ていきましょう。

ビットコインの特徴その1「ブロックチェーン」

ビットコインの最大の特徴は、ブロックチェーンという技術がはじめて使われた点にあります。

ブロックチェーンはビットコインをはじめとした、仮想通貨の取引の記録に使われている技術のことです。現在展開されているさまざまなビジネスや政府のシステムに応用可能だと言われています。

ブロックチェーンには、特筆すべき2つの特徴があります。

ブロックチェーンの2つの特徴

  1. 取引記録を紛失しない
  2. 取引記録を改ざんされない

ここからは、この2つの特徴がどのように機能しているのかをみていきましょう。

特徴その1:取引記録を紛失しない

ブロックチェーンの1つ目の特徴は、取引記録を紛失しないという点です。

たとえば、とある企業Aが自社の支出を記録した帳簿を、会社の倉庫に保管していたとします。

この倉庫が入っているビルで、ある日火事が起きてしまいました。その火事によって帳簿が燃えてしまい、同時に帳簿につけていた取引記録も紛失してしまいました。

しかし、これに対してブロックチェーンでは取引の記録を1ヶ所に保管せず、分散してネットワーク上に記録を行います。これによって、たとえ1ヶ所でその記録が紛失してしまっても、他の場所に記録が残っているので、その記録を失わずに済みます。

この分散して取引を記録するという仕組みによって、ブロックチェーンには取引記録を紛失しないという特徴があるのです。

特徴その2:取引記録を改ざんされない

ブロックチェーンの2つ目の特徴は、取引記録を改ざんされないという点です。

例として、家でつける家計簿と比較してみましょう。たとえば、妻が夫に内緒で高級エステに通っていたとします。しかし、夫にはバレたくないので、家計簿には嘘の記録をつけたとします。

家計簿を管理しているのは、妻1人なのでこの記録が嘘か本当か夫は調べることができません。

これに対して、ブロックチェーンでは不特定多数の複数人が、取引の帳簿付けを行います。</p>

もし誰かが嘘の記録をつけようとした場合でも、帳簿付けを行う過半数以上の承認が得られなければ、取引は正式な記録として承認されません。

このように、ブロックチェーンでは複数の人が互いに監視しあうような仕組みが取られているため、取引記録を改ざんできない仕組みとなっているのです。

ビットコインの誕生=ブロックチェーンの誕生

ビットコインの誕生と、ブロックチェーンの誕生は同じタイミングです。ブロックチェーンは現在発行されているすべての仮想通貨で使われています。

こういったことからも、ビットコインはその存在そのものが、特別であると考えることができます。

ビットコインの特徴その2「非中央集権的」

ビットコインの2つ目の特徴は、非中央集権的という点です。これは、ビットコインを管理している管理者や、明確な発行元が存在しないことを意味しています。

たとえば、日本円やアメリカのドルなどの法定通貨は、国や中央銀行が発行し、価値の保証から供給のコントロールまでを一括して行っています。

これに対してビットコインでは、こうした発行元が存在しません。また、価値の保証を誰かがしているわけでもありません。

それでは、ビットコインの価値はどのようにして決まるのでしょうか。それは使う私たちがその価値を認めることで決まります。

少し不思議な話に感じるかもしれませんが、この非中央集権的という理念が、ビットコインの最大の特徴の1つ言えます。

管理者がいないことで発生するデメリットも、もちろんあります。もしあなたがビットコイン使っていて何か技術的なトラブルがあっても、誰も助けてはくれません。

しかしそれと同時に、政府による違法なコントロールを受けないことや、権利が集中しない公平な仕組みが実現できるというメリットがあるのです。

以上、ビットコインの概要について解説してきました。

ビットコインの将来性

ビットコインの将来性

ここからはビットコインの将来性について、ビットコインの課題や新しい技術、要人たちの発言などから検証していきましょう。

スケーラビリティ問題

ビットコインのもっとも大きな課題の1つとなっているのが、スケーラビリティ問題です。

ビットコインでは、ブロックチェーンの1ブロックあたりの容量が1MBと決められています。この容量のことをブロックサイズと呼びます。また、ブロックの生成時間は10分ごとに1ブロックと決められています。

スケーラビリティ問題とは、ビットコインの取引数が増えてくると、1ブロックあたりの処理能力が足りなくなり、送金の遅延や送金手数料の高騰などが引き起こされる問題のことです。

man

「だったら、1ブロックあたりの処理能力を引き上げれば良くない?」

と思うかもしれませんね。しかし、ブロックサイズを大きくすることで、セキュリティが弱くなってしまうという課題がビットコインにはありました。

つまり、

man

「ブロックサイズを大きくしてたくさん取引できるようにしたい!」「でもセキュリティが弱くなったら危ないよなあ・・・」

という2つの相反するジレンマがあったのです。

ここでこの問題のために登場するのが、Segwit(セグウィット)という技術です。

Segwit(セグウィット)とは?

Segwitとは、ビットコインのセキュリティを強くする仕組みのことです。通常、ビットコインを使った取引では、その取引を承認するために電子署名という技術を使います。

この電子署名は、取引をする当事者しか知らない秘密鍵と、一般に公開されている公開鍵という2つの鍵を使って行われます。Segwitでは、この電子署名のデータと取引を分離して、それぞれ別の場所で保管を行います。

これによって、1ブロックあたりに格納できる取引の数が増えるだけでなく、取引内容を書き換えてしまう「トランザクション属性」という攻撃からも、ビットコインを守ることができます。

このSegwitの導入によって、ビットコインのセキュリティが向上し、ブロックサイズの引き上げも行うことができるようになりました。

そして、このSegwitの導入によって、スケーラビリティ問題を解決することができる、Lightning network(ライトニングネットワーク)が導入できるようになったのです。

Lightning network(ライトニングネットワーク)とは?

Lightning networkとは、スケーラビリティ問題を解決し、送金速度の大幅な向上と、送金手数料の削減ができる技術のことです。

Lightning networkではビットコインのブロックチェーンの外側に、さらにもう1つオフチェーンというネットワークを作ります。ここに取引用の決済チャネルを作り、そのチャネルに参加している人達は、無制限で何度でも取引をすることができます。

Lightning networkでの取引では、ブロックチェーンへの帳簿付けが行われるのは、初回の1回目の取引のみです。そのため、ブロックチェーンにかかる負担が少なくなり、スケーラビリティ問題を引き起こしません。

ビットコインでは、取引数が増えてきた場合に、送金に1日以上時間がかかったり、手数料も数千円かかる場合があります。

しかし、Lightning networkの導入によってビットコインの送金速度も大幅に向上し、送金から着金までにかかる時間も短くて済みます。手数料もわずかな金額で済むので、小さな金額の送金(マイクロペイメント)も行うことができます。

アメリカのシリコンバレーのカフェでは、ビットコインのLightning networkを使った決済を導入している店舗も、すでにあります。

このようにLightning networkによって、ビットコインは今まで抱えていた課題を解決することができ、さまざまな場所で決済通貨として使われる準備が整ってきたと考えることができるでしょう。

Twitter(ツイッター)CEO「Jack Dorsey(ジャック・ドーシー)」

自分のつぶやきを手軽に発信でき、現在では全世界で3億人以上のユーザーがいるSNSサービスTwitter(ツイッター)。

このTwitter社のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)は、イギリスの情報メディア「The Times(ザ・タイムズ)」の取材に対して、「ビットコインこそが世界で唯一の通貨になる」と発言しています。

また、その時期は10年かもっと短いかもしれないとも答えています。

Jack DorseyはTwitter以外にも、Square(スクエア)という決済サービスのCEOでもあります。

同社は、モバイル端末向けの決済サービスを提供しており、現在はSquareのアプリを使ってビットコインでの支払いも可能となっています。

このように、Jack Dorseyがビットコインの将来性を高く評価している点や、Squareによってビットコイン決済がよりいっそう普及する可能性もあることなど、将来的にビットコインの価値が上昇する可能性は、非常に高いと言えるでしょう。

「金」に代わる新たな価値の保存先として

ビットコインは「金」に代わる新たな価値の保存先としても注目を集めています。たとえば、アルゼンチンでは現在、自国が発行する法定通貨の通貨危機が起こっています。

それと同時に、ビットコインの取引高が上がっているのです。つまり、自国通貨から、ビットコインを資金の避難先として利用しているということになります。

このように、ビットコインには価値の保存機能としての役割も、備わっているのです。

ビットコインは長期的に考えると将来性がある

ビットコインは仮想通貨の象徴的な存在と言えます。実際に、ビットコインの価格の動向によって、市場全体が大きな影響を受けます。これは今までの仮想通貨の市場をみていても明らかです。

ここまで技術的な側面や、要人の発言などをみてきたことからも分かるように、ビットコインは着実に普及するための基盤を作りつつあります。

また、ブロックチェーンについても今回解説しましたが、今後多くの企業や政府が、その技術を使って事業やシステムの構築を行っていくことが予測されます。

ブロックチェーンの価値が高まれば高まるほど、それに合わせてビットコインの価値も上昇していくことでしょう。

こういったことから、長期的に考えるとビットコインの価値は今後上昇していく可能性が非常に高く、将来性があるということができます。

ビットコインが購入できるおすすめ国内取引所

ビットコインが購入できるおすすめ国内取引所

ここからは、ビットコインが購入できるおすすめの国内取引所を紹介していきたいと思います。

まだ取引所に登録が済んでいない方は、この機会にぜひ登録することをおすすめします。

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営する取引所です。

上場企業が運営しているため、信頼性は抜群と言えるでしょう。何かトラブルが起きた時の保証も、資金力があるためバッチリです。

また、GMOコインは取引画面が見やすく使いやすいことも特徴です。そのため、仮想通貨の取引に慣れていない初心者の方にもおすすめです。

セキュリティにも外部のネットワークと完全に遮断されたコールドウォレットを採用しているため、ハッキングにも強くなっています。

「安心感のある信頼性の高い取引所を使いたい!」という方には、GMOコインは非常におすすめの取引所です。

DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)

DMM BitcoinはDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。さまざまな事業を展開する大手企業が運営しているので、資金力と信頼性は抜群でしょう。

ビットコインやイーサリアムをはじめとした代表的な仮想通貨だけでなく、ネムやイーサリアムクラシックなどの、ちょっと珍しいアルトコインも取り扱っています。

また、仮想通貨のFX取引ではビットコインに対応している国内取引所が多く、アルトコインのFXには基本的に対応していません。

しかし、DMM Bitcoinではアルトコインを使ったFX取引にも対応しています。そのため、幅広いFX取引を行いたいという方にもおすすめの取引所です。

仮想通貨のFX取引がしたい方はぜひDMM Bitcoinに登録しましょう。

BITPoint(ビットポイント)

BITPointは東証二部上場企業の、株式会社Remixpointが運営する仮想通貨取引所です。あまり聞きなれない企業かもしれませんが、同社は仮想通貨の取引所以外にも、さまざまな事業を展開しています。

ビットコインを取り扱っていることはもちろんのこと、イーアリアムや国内でも人気の高いリップルも取り扱っています。

また、仮想通貨を購入する場合、本来であれば取引手数料がかかります。

しかし、BITPointではこの取引手数料が無料となっています。そのため、他の取引所よりも費用を抑えてお得に仮想通貨を購入することが可能です。この点は、BITPointの最大の特徴と言えるでしょう。

特に短期トレードの方は、取引回数が多くなるので、手数料がかさんでくると費用面で結構な痛手になります。そのため、短期トレード中心で取引する方には特におすすめです。

その他にもできるだけお得に仮想通貨を購入したいという方は、BITPointに登録することをおすすめします。

以上、おすすめの国内取引所について解説してきました。

ビットコインは仮想通貨の象徴的存在

ビットコインは仮想通貨の象徴的存在

ここまで、ビットコインについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ビットコインはすべての仮想通貨の根本となっている存在です。まさに仮想通貨の象徴的存在となっています。

今後の仮想通貨市場も、ビットコインを中心に展開していくことは間違いないと言えるでしょう。興味のある人は取引所に登録して、ぜひビットコインを購入してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です