スマートコントラクトの仕組みとは?事例も解説!ブロックチェーンの将来展望!

スマートコントラクトの仕組みとは?事例も解説!ブロックチェーンの将来展望!

スマートコントラクトとはどのようなものなのか?

通常、何らかの契約を行う場合には契約書や契約者を保証する第三者の存在が欠かせません。

中古品の売買を例としてみてみると、購入希望者はお金を払っても品物が手に入るか分かりませんし、売却希望者は品物を渡してもお金が入るか分からないため、お互いに大きなリスクが存在します。

しかし、リサイクルショップに売却し、それを購入するという形で取引を行う場合は、リサイクルショップが信用を担保するため、安心して取引を行うことができるようになるでしょう。

ですが、このように第三者を介することによって契約の信頼性を保証する場合、どうしても品物を仲介するための時間が必要ですし、保証のための費用もかかってしまいます。

この問題を解決する方法として期待されているのが、スマートコントラクトという新しい仕組みです。

スマートコントラクトでは、今まで第三者によって行われていた部分を自動化し、システムが代わりに処理を行います。

上の中古品取引を例に考えてみると、まず買い手が商品の注文と入金を行い、システムは入金額が希望する商品価格に足りているかどうかをチェックし、入金額に問題が無ければ商品が購入者に提供されるのです。

もちろん、入金額が足りていなければ商品は提供されませんし、商品が無い場合は契約が破棄され、入金した金銭は返却されます。

つまり、スマートコントラクトとは自動販売機とほとんど同じものなのです。

ただ、自動販売機の場合は商品が出てこないと自動販売機を設置しているオーナーが商品を保証する仕組みとなっていますし、商品が盗まれないよう堅牢な筐体で保護されています。

スマートコントラクトの場合はネットワーク上で自動販売機のような処理を行うため、契約そのものがハッキングなどによって改ざんされてしまうようでは信頼性を担保することができません。

この改ざんのリスクを抑え、手軽に安全に契約を履行できる方法として用いられているものが、仮想通貨や暗号通貨などでも利用されているブロックチェーンという技術なのです。

ブロックチェーンとスマートコントラクトの関係性とは

スマートコントラクトでは、契約内容の改ざんを予防するためにブロックチェーン技術を利用しています。

ブロックチェーン技術では、システムがスタートした時点から全ての処理内容が記載され続けており、誰でもデータを閲覧することが可能です。

また、膨大なデータはネットワーク上に分散して保管される仕組みとなっているため、特定のサーバやコンピュータがネットワーク上から切り離されてしまったとしてもデータが失われてしまうことがありません。

さらに、分散して保管されているデータはお互いに正当性を相互チェックする仕組みとなっているため、1箇所のデータを改ざんしたとしても、正しいデータが大多数なら改ざんされたデータは破棄されるのです。

イメージとしては、日本中に点在する支店それぞれに全支店分の取引台帳が保管され、リアルタイムで記載されていると思うと分かりやすいかも知れません。

後からどこかの店舗でデータが改ざんされたとしても、他の店舗には正しいデータが保管されているため、帳簿をつき合わせればすぐに改ざんを見つけることができ、改ざんを予防することができます。

ただ、このイメージではデータを送信する際に改ざん済みデータを流せば取引内容を改ざんすることができるように思えます。

しかし、スマートコントラクトの仕組みでは契約が結ばれた瞬間にデータが送信されるよう自動化されているため、お互いの同意が無い契約や取引内容をネットワーク上に送信することはできません。

これにより、スマートコントラクトでは高い安全性を確保しているのです。

スマートコントラクトはどの仮想通貨でも利用できる?

スマートコントラクトはブロックチェーン技術を用いた契約の自動化のため、暗号通貨や仮想通貨といったブロックチェーンを用いたサービスがベースとなります。

そのため、仮想通貨や暗号通貨なら何でもスマートコントラクトが利用できるようになると思われることも多いのですが、取引量の多い通貨でスマートコントラクトが利用できるものはイーサリアムしかありません。

これは、システムでやりとりされるブロックの形状が理由で、イーサリアムでは契約情報を記載するスペースがあらかじめ用意されているのですが、ビットコインなどでは取引情報を記載するスペースしか無いためです。

ビットコインは2017年現在、世界で最も取引が活発な仮想通貨ですが、残念ながらスマートコントラクトを利用することができないため、あくまで通貨としてしか利用することはできません。

将来、ビットコインのハードフォークが行われ、ビットコインでもスマートコントラクトが利用できるようになるかも知れませんが、現状はイーサリアムを用いた研究が中心となっています。

スマートコントラクトの活用事例を知りたい

スマートコントラクト技術はまだ研究段階の技術のため、実際に導入した事例はほとんどありません。

ですが、トヨタではイーサリアムのプラットフォームを用いた自動運転技術の研究を行っていますし、KDDIでも同様にイーサリアムを用いた端末修理システムの研究を進めています。

また、IBMやJPモルガンが参加してイーサリアム技術の研究を行っているイーサリアム企業連合にも両社は参加しており、世界中の企業がスマートコントラクト技術の導入を目指している状況です。

まだまだイーサリアムを用いたスマートコントラクト技術は研究がはじまったばかりですが、研究が進むことでさまざまな処理の高速化、簡略化が行われ、金銭的、時間的コストの削減に繋がると予想されています。

スマートコントラクトのプロダクト開発ができる会社は?

事例などを踏まえて説明してきたスマートコントラクトの技術ですが、実際にスマートコントラクトを活用したプロダクトを開発できる会社は日本国内でどのくらいあるのでしょうか?

先ほども述べた通り、スマートコントラクト技術はまだ研究段階の技術のため、実際にプロダクトを開発できる企業もかなり少ないです。もし、スマートコントラクトを活用したプロダクト開発を検討している企業の方がいらっしゃいましたら、下記お問い合わせからご連絡頂ければと思います。

ご相談内容を確認した上で、ブロックチェーンや仮想通貨業界で有名な高い技術を持った開発会社を複数ご紹介させて頂きます。

お問い合わせ>>