仮想通貨とは?暗号通貨って何?

更新

ビットコインが人気となっていますが、仮想通貨とは一体どのようなものなのでしょうか?仮想通貨の仕組みと仮想通貨のメリット、デメリット、ビットコイン以外の仮想通貨であるイーサリアムやライトコインについてご紹介していきます。

仮想通貨とはどんなもの?

仮想通貨とは、簡単に言うと発行主体や運用機関が存在せず、硬貨や紙幣なども存在しない通貨のことです。

法定通貨の場合、国家が発行主体となり、中央銀行が運用機関となりますが、仮想通貨では国や銀行に当たる組織は存在せず、ブロックチェーンというシステムを利用して運用されています。

ブロックチェーンとはどのような仕組みなのか、仮想通貨の取引はどうやって安全性を確保しているのか、仮想通貨の基本的な仕組みについて見てみましょう。

仮想通貨の取引システムはマイニングで成り立っている

ブロックチェーンによる仮想通貨システムの根本となるのがマイニングという仕組みです。

ビットコインのシステムは「ブロック」というものを生成します。このブロックの生成をとても難しくすることで、ビットコインは改竄耐性を実現しています。

ブロックを生成するのに必要な処理は膨大な計算能力が必要となるため、多くのユーザーが協力しなければ、処理がどんどん溜まってしまいます。

そこで、仮想通貨のシステムでは、処理を最初に成功させたユーザーに対して仮想通貨を報酬として支払う仕組みを用意することで、多くのユーザーが処理に参加するよう促しているのです。

ちなみに、他のユーザーは、処理を成功させたユーザーの計算が間違っていないか、処理がおかしくないかを確認する仕組みも組み込まれているため、不正な処理に対しても十分な耐性が確保されています。

これにより、仮想通貨は高いセキュリティと高速な処理を実現しているのです。

仮想通貨と暗号通貨の違いとは

ビットコインやそれに類する仮想通貨は、取引の際に高度な暗号を用いることから、正式には暗号通貨(Cryptocurrency)と呼ばれています。

日本ではビットコインについて報道された当初、仮想通貨として紹介されたため、仮想通貨と呼ばれることも多いのですが、本来、仮想通貨とはオンラインゲーム内の通貨などを表す名称です。

ただ、現状では法律上や辞典などでも仮想通貨と暗号通貨の意味合いが同じか近いものとして扱われているため、特に使い分けを考える必要はありません。

仮想通貨の保管方法と取引方法

仮想通貨は、法定通貨と違って現物が無いため、保管の際にはウォレットというシステムが用いられています。

このウォレットというシステムは、銀行口座と財布を合わせたような形となっており、口座番号に相当する公開鍵と、パスワードに相当する秘密鍵のセットです。

個人間で送金を行う際には、銀行での振り込み手続きと同様にウォレットの公開鍵を利用するため、仮想通貨を利用する際には必ずウォレットを用意しておきましょう。

ちなみに、投資などを目的として仮想通貨を取引する場合には、取引所を利用します。

取引所とは、仮想通貨を売買したいユーザーが集まっているサイトのことです。

運営会社の口座に法定通貨などを資金として入金することで取引が行えるため、ウォレットが無くても仮想通貨を所有することができますが、ウォレットに比べてややセキュリティが弱いのが難点となります。

取引そのものは取引所を経由した方が楽なのは確かですので、資金となる仮想通貨を取引所に預け、取引によって手持ちの仮想通貨が多くなったら資金以外の通貨はウォレットに保管すると良いでしょう。

仮想通貨のメリットとデメリットについて

仮想通貨の基本的なメリットとデメリットについても知っておきましょう。

まず、メリットについてですが、システムとして個人間の取引をユーザーが処理する仕組みとなっているため、手数料がほとんどかかりません。

そのため、銀行で海外に法定通貨を送金する場合などに比べ、安価で高速に送金を行うことができます。

また、どの国でも同じ通貨となるため、為替の変動を気にしなくて良いのもメリットと言えるでしょう。

デメリットについては、ハッキングなどの恐れがあるということが考えられます。

ビットコインなどの仮想通貨のシステムでは、ウォレットと言われるいわゆる仮想通貨用の口座を利用するのですが、このウォレットには個人情報が全く紐付けされていません。

つまり、もし何らかの理由でウォレットの情報が盗まれ、保管していた仮想通貨を盗まれた場合、どのウォレットへ送金されたかは調べられても、ウォレットの持ち主が誰かを調べることはほぼ不可能なのです。

銀行なら口座の所有者情報がすぐにわかるため、不正に送金されても対処は可能ですが、仮想通貨では対処が難しいため、ウォレットや取引所のIDとパスワードは十分注意して管理するようにしましょう。

仮想通貨の種類による違いとは

仮想通貨と言えばビットコインが有名ですが、現在はイーサリアムやライトコインなども人気となっています。

ビットコインとイーサリアム、ライトコインなどの仮想通貨には、一体どのような違いがあるのでしょうか?

まず、基本的な仕組みについてですが、仮想通貨のシステムはビットコインの仕組みを元に作られているため、どの仮想通貨、暗号通貨も大元は同じものです。

ただし、利用者数や通貨量、取引所の対応状況やそれぞれの通貨の思想や目指しているゴールなどは違います。

ビットコインの特徴は、利用者数が多いため、決済などに利用できる場所が多いですし、取引も安定しているというメリットがあります。

逆に、イーサリアムやライトコインなどはやや流通量が少ないため、価値の変化が大きく、投資向きの仮想通貨だと言えるでしょう。

また、イーサリアムの場合はスマートコントラクトのプラットフォームを構築するために作られているなど、各仮想通貨それぞれ特徴があります。

アルトコインとはどんな仮想通貨?

仮想通貨の話になると、ビットコインなどの他にアルトコインという単語が出てくることがあります。

アルトコインという名称だけをみると、仮想通貨の名前に思えますが、実はアルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨を表す言葉です。

ビットコイン以外の仮想通貨は、ビットコインのシステムを元に作られているため、区別するために、新しいもの、代替を表す「オルタナティブ」からアルトコインと呼ばれるようになりました。

仮想通貨の将来はどうなる?

仮想通貨の投資目的での取引が活発化していますが、将来的に仮想通貨はどのように変化していくのでしょうか?

2017年現在、世界的にスマートフォンやICカードを利用した電子マネーが広まっていますが、仮想通貨は電子マネーに取って代わる決済方法になると考えられています。

これは、電子マネーと違い、仮想通貨は個人間でのやりとりが容易なことが理由です。

電子マネーの場合、個人での送金は1度法定通貨として出金してから行わなければいけませんが、仮想通貨ならウォレットさえあれば簡単に送金できます。

また、仮想通貨は両替の手間がかからず、送金手数料も安くなるため、通販などの決済にも有用です。

現状、価値の変動が大きいため、通貨として利用するのは難しいかも知れませんが、将来的に価値の変動が落ち着けば、便利で使いやすい決済手段となるかもしれません。

参考になったらこの記事をシェア!
Hatena Bookmark
仮想通貨ポータルに「いいね!」をして情報を受け取ろう