【XCP】カウンターパーティーとは?

【XCP】カウンターパーティーとは?

カウンターパーティーとはどのようなものなのか?

カウンターパーティとは、ビットコインなどの仮想通貨のブロックチェーン上に構成されているプラットフォームのことで、これを利用することで独自の仮想通貨(トークン)を発行することができます。

このシステムで生成されるトークンは、ビットコインのブロックチェーンを利用するため、ビットコインと同等のセキュリティが確保されているのが特徴です。

また、生成したトークンはカウンターパーティートークンに対応したウォレット同士なら仮想通貨と同じように送金を行うことができます。

ビットコインなどの仮想通貨と違い、トークンは決済に利用することはできません。

ですが、セキュリティが高く、トークンのやりとりが簡単に行えるため、さまざまな用途での利用が期待されています。

カウンターパーティーの利用方法とは

カウンターパーティーで生成されたトークンにはどのような利用方法が考えられるのでしょうか?

例えば、生成したトークンをオンラインサービスのポイントとして配布し、サイト内で使える通貨として活用する方法もありますし、トークンを会員権として扱い、会員制サービスの利用証明として使っても良いでしょう。

また、クラウドファンディングのように資金調達手段としても利用することができます。

トークン所有者に後日リターンが発生するようにし、生成したトークンを売りに出せば、リターンを魅力に感じた投資家が購入してくれるかもしれません。

クラウドファンディングでは、投資したユーザーだけがリターンをうけることができるため、期限が過ぎると投資に参加できなくなってしまいます。

ですが、トークンなら募集終了後でも所有者間でトークンのやりとりが行えるため、販売期間が過ぎたプロジェクトのトークンを入手し、リターンを得ることもできるのです。

カウンターパーティーを利用した資金調達については企業や団体も行っており、こちらはICO(新規仮想通貨公開)と呼ばれています。

株式の新規公開株と同じように、企業などが発行したトークンを投資家に売却することで資金を調達。

投資家はトークンが取引所に上場した場合は取引所で売買を行うことができますし、そのまま保持して配当を受け取ることもできます。

ただ、トークンによる資金調達では、株式と違い配当を支払う義務はありませんし、議決権も発行されません。

あくまで将来的なリターンがある、売買による利益が見込めるなどの理由が無ければ資金を調達することは難しいでしょう。

カウンターパーティー用のウォレットにはどんなものがある?

カウンターパーティーを利用して生成されたトークンを保管するためには、カウンターパーティーに対応したウォレットが必要となります。

ウォレットそのものはウェブウォレット、アプリケーションウォレットなど、さまざまなものがリリースされていますが、特にスマートフォン用アプリケーションである「IndieSquare Wallet」が人気です。

このIndieSquare WalletはAndroidとiOSの両方でリリースされており、日本語にも対応しています。

また、ビットコインを利用した独自トークンの発行機能も搭載されているため、独自トークンを作ってみたいという方にもおすすめです。

独自トークンを作成する場合には、まずアプリをインストールし、手数料として0.5XCPをウォレットに送金、さらに独自トークンの元となるビットコインも入金しておきましょう。

後は独自トークンの名称や発行量を決め、手数料とビットコインを支払えば簡単に独自トークンが生成され、ウォレット間でのやりとりが可能となります。

注意点として、手数料として使用するXCPは日本国内の取引所ではZaifのみの扱いとなるため、やや入手難易度が高めです。

ウォレットアプリにビットコインを入金してXCPに両替する機能も搭載されていましたが、現在は利用ができなくなっているため、トークンを生成する際には最初にZaifで口座を開設しておくことをおすすめします。

Zaifで口座を開設する>>