ウォレットとは?仮想通貨・ビットコインを安全に保管しよう!

ウォレットとは?ビットコインやイーサリアム等の仮想通貨を解説!

仮想通貨のウォレットとはどのような仕組みなのか?

法定通貨の取引では、銀行口座を利用した送金や、硬貨や紙幣などを直接やりとりします。

しかし、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の場合、法定通貨と違って硬貨や紙幣といったものが存在しないため、直接的な取引を行うことができません。

ですので、仮想通貨の取引では基本的に銀行口座を用いた送金と同じように、個人が所有している口座に対して入金することで行います。

この仮想通貨用の個人口座、または財布として用いられるものがウォレットです。

ただ、法定通貨用の銀行口座と違い、ウォレットにはさまざまな種類が存在するため、用途に合わせてウォレットを使い分ける必要があります。

というわけで、まずは仮想通貨用のウォレットの種類について見てみましょう。

仮想通貨のウォレットにはどのような種類がある?

仮想通貨や暗号通貨の取引や保管を行うために必要なウォレットの種類についてご紹介します。

まずご紹介するのは、取り扱いが容易で取引が簡単にできるウェブウォレットです。

これは、ネット銀行の口座のようなもので、ウォレットサービスを開設しているサイトに会員登録を行うことで開設することができます。

ウェブ上にウォレットが存在するため、サイトにアクセスするだけで暗号通貨を取引できるのがメリットです。

ただ、ウェブウォレットは銀行などと同じく、サービスをウェブ上のサーバで管理しているため、サーバダウンによるサイトの停止や、ハッキングによる流出のリスクがあります。

利便性には優れていますが、大量のコインを保管する場合は他の種類のウォレットを利用した方が良いでしょう。

手元で安全に仮想通貨を保管したいという方におすすめなのがデスクトップウォレットとペーパーウォレット、ハードウェアウォレットです。

デスクトップウォレットとはパソコンにウォレットソフトをインストールすることでパソコン内部にコインを保管する仕組みのことでクライアント型ウォレットとも呼ばれます。

クライアントソフトをインストールしたパソコンをネットから切り離しておけばハッキングなどのリスクを抑えることができるため、比較的安全性の高いウォレットとして人気です。

ハードウェアウォレットは、専用機材を用いてコインを保管する方法。

基本的な仕組みはデスクトップウォレットと同じですが、簡単に取り外しが行え、ウォレットそのものを持ち歩きやすいのがメリットとなります。

ペーパーウォレットは、作成したウォレットアドレスを紙に印刷しておく方式です。

紙に印刷して保管することができるため、どうやってもネット上からウォレットアドレスを見ることができず、高いセキュリティを誇ります。

また、デスクトップウォレットやハードウェアウォレットと違い、紙に印刷するため、コストが安いのもメリットです。

この他に、スマートフォンにクライアントアプリをインストールして利用するモバイルウォレットという方式もあります。

これは、Suicaなどの電子通貨と同じようにスマートフォンアプリ内に通貨を保管する方法で、対応した店舗ならそのまま仮想通貨で支払いを行うことができ、財布のように扱えるのがメリットです。

ただ、スマートフォンの紛失や、破損、アプリの誤消去が起こると、財布の紛失と同じように、回収することができなくなってしまいますので、利用する分だけ入金するという使い方にしておきましょう。

ウォレットには色々な種類がありますが、安全性を重視するならペーパーウォレットかハードウェアウォレット、ある程度利便性を確保しつつ安全性も確保したいならデスクトップウォレットがおすすめです。

取引所から出金する場合や、仮想通貨を用いた支払いの際には、ウェブウォレットやモバイルウォレットにコインを送金し、そこから手続きを行えばより安全にコインの取引を行うことができるでしょう。

仮想通貨のウォレットへの送金の仕組みと、ウォレットのセキュリティについて

仮想通貨用のウォレットは3つの文字列で構成されています。

まず一つ目は、パブリックキー、公開鍵と言われているもので、どのユーザーが所有しているウォレットかを判断するためのIDのようなものです。

二つ目はプライベートキー、秘密鍵というもので、ウォレットに関する操作を行うためのパスワードになります。

三つ目はビットコインアドレス、ブロックチェーンアドレス、送金アドレスなどと呼ばれているアドレスで、送金を受け取るためにパブリックキーから生成される文字列です。

取引所から仮想通貨を送金する場合や、取引所に仮想通貨を入金する場合などに用いられるアドレスがこれにあたり、銀行口座の口座番号のようなものになります。

公開鍵、秘密鍵、ブロックチェーンアドレスと名前だけ見るとわかりにくいですが、要は口座番号とID、パスワードです。

秘密鍵が他人に知られてしまうと、ウォレットの操作を自由に行われてしまいます。

ハッキングで盗まれたりしないよう、ウォレットのパスワードとなる秘密鍵はオフラインで管理するようにしましょう。

仮想通貨の送金時にアドレスを間違えるとどうなる?

ウォレットから送金する際に送金先のアドレスを間違えるとどうなるのでしょうか?

銀行から送金を行う場合、口座を間違えても相手が特定しやすいため、交渉での返金や、銀行に連絡して処理をキャンセルしてもらうことができます。

ですが、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨のウォレットは、個人情報と全く紐付けされておらず、銀行のようにウォレットの所有者情報を管理する機関もありません。

そのため、もし誤送金した場合、相手のブロックチェーンアドレスから、ウォレットの持ち主を調べることはできないのです。

また、受け取った側も誰から入金されたかを知ることができないため、返金することができません。

つまり、仮想通貨を誤送金した場合、回収するのは不可能ということになります。

仮想通貨を送金する場合には、アドレスをキーボードで打ち込んで入力するのでは無く、コピー&ペーストを用いて入力し、誤入力をできる限り防ぎましょう。