ビットコインのモバイルウォレットとは?

ビットコインのモバイルウォレットとは?

モバイルウォレットとは

モバイルウォレットとは、スマートフォン上で使用できる仮想通貨ウォレットです。スマートフォンが普及した今では、使用しやすく導入に面倒な手間やストレスが必要ないウォレットの一つではないでしょうか。

モバイルウォレットの特徴

モバイルウォレットは、iOS,Android端末などスマートフォン上で使用できるウォレットです。

ウォレットによってはモバイル上で仮想通貨の売買から、送金、決済などがワンストップで可能になっています。

モバイルウォレットのメリット

  • 実店舗で仮想通貨を使用する際に便利
  • モバイル端末で取引が可能
  • 比較的セキュリティーが高い

日本では電気代支払いや飲食店、大手家電量販店など様々なところでビットコインが使用できます。そういった店舗で暗号通貨支払いを行うのであればモバイルウォレットだと支払い先のQRコードの読み取りで支払いが完了できるので便利です。

また、ウォレットによっては、秘密鍵はユーザー側で管理できたり、モバイルウォレット内で仮想通貨取引ができたりするので、ウェブウォレットよりも安心して利用ができます。

モバイルウォレットのデメリット

  • モバイル端末を紛失した際にウォレットを失ってしまうリスクがある

その利便性からモバイルウォレットで暗号通貨を管理するのは楽ですが、仮想通貨とはいえ、大量のお金を常に持ち歩いているのは安全とはいえません。モバイル端末を紛失・水没した際にウォレットごとなくなってしまうリスクがあります。

例え壊れてもモバイルウォレットには再度ウォレットを復活させる機能があるので、設定した自身のIDやPWを必ず控えてください。

モバイルウォレットの仕様用途

お店などで決済にビットコインを使用したい!いつでもすぐに使用できる仮想通貨をある程度持ち歩きたい!面倒なインストールは抜きにして簡単に始めてみたい!という方にはモバイルウォレットがオススメです。

大量に仮想通貨を持ち歩くのは危険ですので、普段使っている財布に入れるような少額の仮想通貨のみをウォレットに入れるようにしましょう。

長期的に使用する目的のないビットコインがある場合はハードウォレットの方が良いでしょう。

オススメのモバイルウォレット

利便性の高いモバイルウォレットですが、その中でもユーザーからの支持が高く、ダウンロード数が多いものをご紹介します。ウォレットによって、取引所と取引できたり、機能性が高かったりと様々なので、自分にあったウォレット選びをしてください。

Mycelium

オススメのモバイルウォレット(Mycelium)

Myceliumは、Androidユーザーにオススメのモバイルウォレットで、2014年のBlockchain.info主催のベストモバイルアプリアワードで受賞歴があります。

端末上に秘密鍵を保管するので運営元が何かしらのトラブルに巻き込まれても自分の仮想通貨資産に影響が起こるリスクは低いです。

iOS版は日本語対応されてなく、機能数もAndroind版に比べると少ないためiOSユーザにはオススメしません。

bread wallet

オススメのモバイルウォレット(bread wallet)

bread walletは、iOSユーザにオススメのウォレットです。シンプルで分かりやすい設計になっているのでビットコインのウォレットを初めて手にするなど初心者の方にも分かりやすいです。

これもMyceliumと同じく秘密鍵をモバイル上にのみ保管するウォレットなのでたとえ運営がハッキングされようとユーザーのウォレットから仮想通貨が盗まれる可能性は低いです。

初期登録時に復元ワードを控えておけば、携帯を紛失しても再度ウォレットを復活させる事ができます。

iOSのみ日本語に対応してるので、Androidユーザーにはオススメしません。

copay

オススメのモバイルウォレット(copay)

copayは、全てのデバイスでオススメなモバイルウォレットです。シンプルな見た目と、非常に使い勝手の良いウォレットになっています。

特筆すべきは複数の秘密鍵を割り当てるマルチシグネチャ対応(家の鍵が複数あるイメージ)で高いセキュリティーを有している点や、他のウォレットと違い、モバイルウォレット上で仮想通貨取引が出来る点です。

仮想通貨の保管から売買取引が一貫して行えるのは便利ではないでしょうか。日本語対応もしているので、心配することなく使用することができます。