コールドウォレットとは?仕組みや対応している仮想通貨取引所は?

コールドウォレットとは?仕組みや対応している仮想通貨取引所は?

コールドウォレットとはどのような仕組みのウォレットなのか?

仮想通貨を保管する場合、ウォレットという銀行の預金口座のようなシステムを利用します。

このウォレットには、口座番号にあたる公開鍵から生成されたビットコインアドレスと、パスワードにあたる秘密鍵が用意されており、ウォレットを操作する際には公開鍵と秘密鍵が一致しなければ処理は行われません。

また、ビットコインやNEMなどの仮想通貨では、取引情報は全てネットワーク上に存在するブロックチェーンに記録する仕組みとなっているため、送金や受け取りを行う際にはウォレットとネット環境が必要です。

ただ、ウォレットは公開鍵と秘密鍵の組み合わせで作られているため、データさえ存在していればネット環境がなくても仮想通貨を保管しておくことができます。

つまり、ネットワークに接続した状態でウォレットをデバイス内に作成し、そのウォレットに送金してからネットワークから遮断すれば、外部から操作されることのないウォレットとなるのです。

このようなインターネットへの接続を行わないウォレットのことをコールドウォレットと言い、取引所や個人がより安全に仮想通貨を保管する方法として利用されています。

もちろん、ネット回線がない状態では送金や入金を行うことはできませんので、コールドウォレットの場合でもこれらの処理を行う場合にはネット回線への接続は必須です。

コールドウォレットにはどのようなメリットとデメリットがあるのか?

コールドウォレットはネットワークから切り離された状態のウォレットのため、外部からネットワーク経由で攻撃を受けることがありません。

つまり、セキュリティの高さがコールドウォレット最大のメリットになります。

ただ、安全性はとても高いのですが、送金等を行う際にはネットワーク環境への接続が必要となるため、頻繁に送金等を行いたい場合にはやや不向きです。

また、コールドウォレットでは、ウォレットとして使用しているデバイスそのものを厳重に保管しておく必要があり、物理的なセキュリティを確保するコストがかかります。

大手取引所であるbitFlyerの場合は、多数の物理ロックと24時間体制の監視システムによってコールドウォレットを守っているようです。
ビットフライヤーのセキュリティに関する説明ページ

コールドウォレットの導入は技術的に難しい?

コインチェックの会見では、コールドウォレットの導入が技術的な難易度が高いため、導入に時間がかかっていたと発表されていました。

コールドウォレットの運用体制については、各社とも厳重な情報規制が行われており、実際にどこまで手間を掛けてセキュリティ体制を構築しているかを外部から知ることはできません。

ただ、外部からのアクセスが物理的に不可能なサーバ環境を構築したり、取引の際にコールドウォレット内の秘密鍵を取り出す手法を確立したりするためには、さまざまな技術者が必要となるでしょう。

また、技術的にはハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、そして管理運用体制の構築も欠かせないため、技術力だけでなく人員的な負荷も大きくなると考えられます。

コールドウォレットの構築は安全でセキュアな管理体制を維持するために欠かせないものですが、それだけに実際に利便性を維持した状態で導入するのは難しいとも言えるのです。

コールドウォレットを導入している仮想通貨取引所を知りたい

日本国内で金融庁の認可を受けて営業を行っている仮想通貨取引所では、bitFlyerやZaif、ビットバンクなど、ほぼ全ての取引所がコールドウォレットを導入しています。

ただ、SBIバーチャルカレンシーズなどのまだ営業を開始していない取引所については仮想通貨の管理体制に関する詳細が判明していないため、2018年1月現在ではコールドウォレットが使われているかはわかりません。

また、問題の発端となったコインチェックについても、NEM以外の仮想通貨、ビットコインやイーサリアムについてはコールドウォレットが導入されており、こちらについては被害がなかったと言われています。

もし、取引所に預ける以外の方法でコールドウォレットに仮想通貨を保管したいという場合には、Zaifなどが販売している専用デバイスを用いたハードウォレットの導入や、ペーパーウォレットの導入を行うと良いでしょう。