ビットコインのウォレットの使い方と作り方は?

ビットコインのウォレットの使い方と作り方は?

ビットコインウォレットにはどんなものがある?

ビットコインを保管するためのウォレットには、さまざまなタイプのサービスや製品がリリースされています。

特に人気なのは、ブラウザを経由して操作できるオンラインウォレット、スマートフォンにアプリをインストールすることで利用できるモバイルウォレットです。

また、これらのウォレット以外にもパソコンにインストールして使用するソフトウェアウォレットや、専用のデバイスでコインを管理するハードウェアウォレットもあります。

この他には、紙に印刷して保管するペーパーウォレットという形式もあり、それぞれのウォレットによって使い方や作り方が変わるため、作成の際には目的に合わせてウォレットを選ぶことが重要です。

オンラインウォレットの特徴と作り方

オンラインウォレットは、ブラウザを利用して操作することができるウォレットになります。

サービスを提供している企業または団体が所有するサーバ内に公開鍵や秘密鍵を保管しているため、ブラウザとネット環境があればどこからでもアクセスできる利便性が魅力です。

ただ、サーバ内に秘密鍵まで保管する仕組みとなっているため、もしサーバがハッキングを受けた場合、預けていたコインを盗まれてしまう可能性があります。

また、サーバがダウンするとアクセスできなくなるため、コインを利用できなくなる点には注意しておきましょう。

オンラインウォレットの作り方は、オンラインウォレットサービスのサイトにアクセスし、アカウントを登録するだけとなります。

ブラウザとネット環境があればアカウントを開設することができますので、とりあえずウォレットを作りたいという方におすすめです。

モバイルウォレットの特徴と作り方

モバイルウォレットは、iOSやAndroidで動くアプリケーションタイプのウォレットです。

オンラインウォレットと違い、アプリケーションの中に秘密鍵を保管する仕組みとなっているため、アプリを消去したり、端末が利用できない状態になったりするとウォレットを操作できなくなってしまいます。

ただ、モバイルウォレットでは、もしもの時のために復元機能が搭載されたアプリが主流となっていますので、インストールの際には復元機能付きのものを選べば問題はありません。

導入方法は、iOSならApp Store、AndroidならGoogle Playからインストールし、初期設定を行えば、利用できるようになります。

ソフトウェアウォレットの特徴と作り方

ソフトウェアウォレットは、モバイルと同じように専用ソフトウェアをパソコンにインストールすることで利用できるようになるウォレットです。

パソコンの中に秘密鍵を保管する仕組みとなっているため、送金や入金を行わない時には回線を切ってオフライン状態にしておくことができます。

ソフトウェアウォレットにコインを入金し、オフライン状態に切り替えておけば、外部からの不正侵入を予防することができるため、より安全にコインを保管したいという方におすすめです。

ハードウェアウォレットの特徴と導入方法

ハードウェアウォレットは、ウォレット機能だけを持たせた専用のデバイスを利用する方法です。

大きさは一般的なUSBメモリ程度となっており、パソコンに接続することで仮想通貨の入金や送金などの処理が可能となる仕組みになっています。

ハードウェアウォレットはパソコンに接続しなければ利用することができないため、ハッキング対策に効果的です。

ただ、専用のデバイスを使用するウォレットのため、故障や紛失のリスクがどうしてもついてまわりますが、モバイルウォレットやソフトウェアウォレットと同様に復旧システムも用意されています。

しかし、モバイルウォレットやソフトウェアウォレットと違い、ハードウェアウォレットの復旧には同じモデルのデバイスが必要です。

安全性が高く、持ち運びも簡単と優れたウォレットですが、故障などのリスクに備える場合には複数個購入する必要がある点がデメリットとなります。

ペーパーウォレットの特徴と作り方

ペーパーウォレットは、ビットコインアドレスと秘密鍵を紙に印刷して作成するタイプのウォレットです。

ウォレットを生成するためのプログラムはオフラインで動かすことができるため、秘密鍵を印刷した紙を厳重に保管しておけば、まずコインを盗まれることはありません。

また、紙にQRコード形式で印刷しておけば、モバイルウォレットの機能でアドレスと秘密鍵を読み込むだけで入金も送金もできるため、ビットコインを簡単に受け渡ししたいという使い方にも向いています。

ただ、紙に印刷して保管することになりますので、紙やインクが劣化して読み取れなくなると復旧が困難になってしまう点がデメリットです。

定期的に紙やインクの状態を確かめ、ペーパーウォレット間で移し替えて状態を維持するとより安全に保管することができるでしょう。

取引所の口座をウォレットとして利用することはできる?

ビットコインなどの仮想通貨や暗号通貨の売買を行う際には、販売所や取引所にアカウントを作成し、口座を開設するのが一般的です。

この取引所の口座には、法定通貨とビットコインなどの暗号通貨を入れておくことができますが、保管目的のウォレットとして利用することはできるのでしょうか?

取引所の口座はオンラインウォレットとほぼ同じ仕組みとなっており、公開鍵と秘密鍵はサーバで管理されています。

そのため、利用者はオンラインウォレットと同じようにIDとパスワードを入力してログインするだけで暗号通貨の取引を行うことができるのです。

入金や送金についても、入金用ビットコインアドレスが用意されていますし、送金処理にも対応しています。

また、ビットフライヤーなどの国内取引所では、専用のウォレットアプリが提供されており、取引所の口座をアプリから操作することも可能です。

セキュリティについても、取引所では二段階認証やログイン確認メールなどのシステムが用意されているため、比較的安全に利用することができるでしょう。

ただ、どうしてもオンラインでの操作が必須となるため、ハッキングが不安だという方はオフラインで保管することができるウォレットと分散しておくことをおすすめします。