ビットコインや仮想通貨のウォレットでおすすめは?徹底比較!

ビットコインのウォレットでおすすめは?徹底比較!

ビットコインや仮想通貨を保管するウォレットという仕組み

ウォレットとは、秘密鍵と公開鍵を用いて仮想通貨を保管するシステムです。

イメージとしてはネット銀行が近く、公開鍵がサイトにログインするためのID、秘密鍵がパスワードとなります。

ただ、ウォレットはネット上で使用するものの他に、スマートフォンやパソコンだけで利用できるものや、専用の機材を用いるもの、果ては紙に印刷できるものまで存在するため、用途に合った使い分けが必要です。

仮想通貨用のウォレットにはどのようなものがあり、どのように使い分ければ良いのでしょうか?

ビットコインや仮想通貨のウォレットの種類について

暗号通貨用のウォレットには、オンラインで保管するものとオフラインで保管するものの2種類があります。

オンラインで利用できるものはウェブウォレットといい、サービスを提供している会社のサイトにアカウント登録を行って利用する方式です。

利用方法はネット銀行の操作に近く、感覚的に仮想通貨のやりとりや残高照会を行うことができます。

ただ、ウェブウォレットでは、ブラウザ上で操作できるように秘密鍵をサイト内で保管しているため、もしハッキングを受けてIDとパスワードが流出した場合には、預けていたコインが消失してしまうということもあるのです。

このようなリスクを回避するために用いられているのがオフライン型ウォレットです。

オフライン型のウォレットには、パソコンに専用ソフトをインストールして保管するデスクトップウォレット、専用の機材を利用するハードウェアウォレット、紙に印刷して保管するペーパーウォレットなどがあります。

これらのウォレットでは、秘密鍵をユーザーが管理することでハッキングのリスクを抑えることができるため、比較的安全に仮想通貨を保管することができるのです。

上記の通り、ウォレットは仮想通貨を利用する上で欠かせないものではありますが、さまざまな会社や団体から複数のサービスが提供されているため、どれを選べば良いのかがわかりにくいのが現状です。

そこで、さまざまなウォレットの特徴と、おすすめのウォレットについてウォレットの種類ごとにご紹介します。

ビットコインや仮想通貨のウェブウォレットでおすすめは?

ウェブウォレットはブラウザとネット環境さえあれば開設から送金や残高確認まで簡単に行うことができるため、ネット上での財布としてウォレットを利用したいという方におすすめです。

おすすめウェブウォレットは、世界中で最も多く利用されているBlockchain(ブロックチェーン)ウォレットです。

Blockchain(ブロックチェーン)ウォレットは海外サイトではありますが、日本語対応されているため、英語がわからなくても問題無く利用できますし、操作も簡単です。

ウォレットのバックアップ等もあり、秘密鍵の管理もユーザー自身でできるため、取引所などのウェブウォレットと比べると安全です。
登録も簡単ですので、とりあえずウォレットを作りたいという方はブロックチェーンウォレットを使ってみると良いでしょう。

ビットコインや仮想通貨のデスクトップウォレット(ソフトウェアウォレット)でおすすめは?

個人所有のパソコンやスマートフォンに専用ソフトウェアをインストールして仮想通貨を保管するのがデスクトップウォレット(ソフトウェアウォレット)です。

パソコンの場合は送金時以外ネットから遮断しておけばハッキングのリスクを抑えることができますし、スマートフォンの場合はビットコイン払いが使える店舗で財布のように利用できるというメリットがあります。

スマートフォン用ウォレットアプリについては、オフライン化するのが難しいため、セキュリティを重視するならパソコンを利用すると良いでしょう。

パソコン用のおすすめソフトは、「bitcoin core」です。

こちらのソフトはWindows、MacOS、Linuxなどに幅広く対応しているだけでなく、日本語対応済み。

ただ、パソコン用ウォレットはインストール後にブロックチェーンに記録された取引情報を同期する必要があるため、環境によっては利用まで時間がかかるので注意してください。また、PCの容量もたくさん必要になります。

スマートフォン用のウォレットでおすすめなのは「bitFlyer」です。

国内でビットコイン取引所を運営しているbitFlyerが提供しているウォレットアプリで、送金から取引、実店舗での支払いまで幅広く対応しているのが魅力。

日本の会社が提供しているアプリですので、日本語対応も抜群なのが嬉しいところです。

こちらのアプリはiOS、Androidの両方に対応していますので、お手持ちのスマートフォンに関係無く利用できるのもメリットとなります。

シンプルなスマートフォン用のウォレットが良いという方は「breadwallet」というアプリがおすすめです。

このアプリもiOSおよびAndroid対応で、日本語に対応しており、操作性はとてもシンプル。

iOS用については、iPhone以外にApple Watchにも対応しており、ワンタッチでQRコードを表示することができるため、気軽にビットコインの受け渡しができるのもメリットです。

専用ハードでスマートに仮想通貨を保管できるハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、USBなどでパソコンなどに接続して利用できるウォレットです。

おすすめは世界中で広く用いられており、国内取引所を運営しているZaifが販売代理店となっている「Trezor」。

ケーブルでパソコンのUSBに接続するだけで利用でき、ソフトウェアをインストールする必要がありません。

また、パスワードを盗まれても、「Trezor」本体が無ければ送金を行うことができないため、より安全にビットコインや仮想通貨を管理することができるのも魅力です。

購入価格は約14,800円、他のウォレットと違い、初期投資が必要となりますが、その分安全性も高いので、セキュリティを重視したいという方におすすめとなっています。

紙に印刷することでより安全度が高まる仮想通貨のペーパーウォレット

ビットコインなどの仮想通貨は、銀行での送金と同じく、コインを受け取る際に暗号を必要としません。

また、ウォレットのアドレスは仮想通貨のシステム上、オフラインで生成しても機能します。

そのため、完全オフラインでウォレットを作成して紙に印刷し、外部からそのウォレットに入金を行えば、まずハッキングによって盗まれることはありません。

ペーパーウォレットを利用する際におすすめなのは「bitaddress.org」です。

オフライン環境でウォレットが生成できるだけでなく、ウォレットにQRコードが用意されているため、ペーパーウォレットから送金したい場合にも簡単することができます。

どの仮想通貨ウォレットがおすすめ?ランキング形式で比較!

ウォレットの使いやすさをランキング形式で比較すると、

  • 1.ウェブウォレット
  • 2.スマートフォン用ウォレット
  • 3.パソコン用ウォレット
  • 4.ハードウェアウォレット
  • 5.ペーパーウォレット

となります。

セキュリティについては、使いやすさランキングと全く逆になり、5位のペーパーウォレットが最も安全です。

セキュリティの高さと使いやすさを両立させるのは難しいため、大量のコインをペーパーウォレットで保管し、細かく利用する分はウェブウォレットやスマートフォン用のウォレットを利用すると良いでしょう。