ビットコインデビットカードとは?税金は?日本で使えなくなるって本当?

ビットコインデビットカードとは?税金は?日本で使えなくなるって本当?

ビットコインデビットカードとはどのようなものなのか?

ビットコインで支払いを行う場合、ウォレットに表示されたQRコードを用いて送金手続きを行ったり、ウォレットに決済用のコインを入金しておいたりする必要があります。

また、サービスや店舗がビットコイン決済に対応していなければそもそも使用することができません。

このようなビットコイン決済の弱点がカバーでき、簡単に仮想通貨で決済が行えるとして人気となっているのがビットコインデビットカードです。

デビットカードでは、銀行口座に入金されている資金や、カードにチャージされている資金を用いて決済を行うのですが、ビットコインデビットカードの場合は仮想通貨をそのまま資金としてチャージすることができます。

ただ、ビットコインデビットカードの場合、ビットコインをそのままウォレットのようにチャージするわけではありません。

ビットコインデビットカードでは、チャージの際に入金額相当のビットコインが自動で売却され、法定通貨の形で入金が行われます。

そのため、ビットコイン決済に対応していないサービスや店舗でも、デビットカード決済にさえ対応していれば、問題なく支払いを行うことができるのです。

ビットコインデビットカードの利用には税金がかかる?

仮想通貨売買では、コインの購入価格と商品決済または売却時の差額が所得として見なされるため、課税の対象となります。

例えば、1BTCが10万円の時にビットコインを購入し、1BTCが50万円に値上がりした状態で50万円分をビットコインデビットカードにチャージした場合、差額の40万円が所得となるのです。

税率は所得額によって変化するため、どれだけ税金がかかるのかは年間でいくら所得があったかで変わりますので、詳しく知りたい場合には国税庁等のサイトにある税率表で確認してみると良いでしょう。

ただ、税金がかかるのはビットコインのまま決済を行った場合も同様ですので、利便性を考えるならビットコインで決済を行うより、デビットカードを利用した方が良いでしょう。

ビットコインデビットカードはどの会社のものがおすすめ?

ビットコインデビットカードはさまざまな会社によってサービスが提供されていますが、どの会社のデビットカードがおすすめなのでしょうか?

日本で人気のビットコインデビットカードについて比較してみました。

・VANDLE CARD
こちらのバンドルカードは、大手国内取引所のコインチェックと提携しているビットコインデビットカードです。

発行手数料は300円、維持手数料は発行後4カ月無料、その後は1カ月あたり100円となります。

海外利用については、決済一回ごとに決済額の4.5%、ATMでの現金引き出し手数料については無料です。

チャージについてはコインチェックのサイトから簡単に行え、チャージ額の上限は月間12万円、1回あたり1,000円から3万円の間でチャージできます。

提携カード会社については、VISAカードとなっていますので、利用できる店舗数が多いのも特徴です。

マネパカード

マネパカードは、大手取引所のZaifが提携しているビットコインデビットカードです。

発行手数料は1,000円、年間維持費は無料、チャージおよび支払いには手数料がかかりません。

1回あたりのチャージ金額は100万円、1カ月あたりのチャージ上限は200万円までとなっているため、高額決済を目的とする方におすすめのカードとなっています。

こちらのカードの特徴は、米ドルなど6種類の通貨がチャージできることです。

海外で利用する場合、両替手数料が必要となりますが、あらかじめ現地通貨でチャージしておけば、決済時の手数料を抑えることができます。

また、チャージできない通貨についても、購入金額の3%の手数料がかかりますが、米ドルを両替して支払うことが可能です。

提携カード会社については、MASTERカードとなっています。

bitFlyer VISAプリペイドカード

名前の通り、ビットフライヤーのビットコインデビットカードです。

VISAプリペイドカードのため、全国のVISA加盟店で利用できます。

手数料については、入会金、年会費、利用料が無料、海外利用については情報がありませんが、他のVISAデビットカードでは手数料が決済金額の3%となっているため、恐らく同額となるでしょう。

チャージできる金額は、1回あたり最大3万円、月額上限が12万円、有効期限は5年となっており、期限内で100万円まで入金することができます。

ただ、残高の上限については10万円と比較的少なめとなっていますので、大きな買い物を目的として利用するにはやや使いにくいかもしれません。

ちょっとした買い物やコンビニでの支払いなどに利用するという方におすすめです。

日本人はビットコインデビットカードを利用できないって本当?

ビットコインデビットカードを日本人が利用することができないという情報もありますが、これは一部のカードに関する情報です。

ビットコインデビットカードでは、国内事業者がリリースするより前にWirexやXapoといった海外事業者が日本でカードを発行しており、高い人気を誇っていました。

このカードはVISAの提供しているVISAプリペイドカードのシステムを利用していたのですが、2017年10月にVISAが行った本人確認の厳格化によって海外利用が不可能になり、日本でも利用することが不可となったのです。

比較記事でご紹介したとおり、日本国内の事業者とVISAやMasterなどのカード事業者が提携して発行しているビットコインデビットカードについては、問題なく利用することができます。