マイニングプールとクラウドマイニングの違いは?

マイニングプールとクラウドマイニングの違いは?

マイニングプールやクラウドマイニングが産まれた理由

仮想通貨や暗号通貨では、通貨の取引によってコインを入手する以外の方法として、マイニングを行った報酬としてコインを手に入れるという方法があります。

マイニングは、採掘機を用意し、取引をまとめたブロックを処理、この処理を1番最初に成功させたユーザーにコインが報酬として支払われる仕組みです。

ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨のマイニングでは、多少運要素もシステムに組み込まれているため、運が良ければ処理能力が低い採掘機でもコインは入手できます。

ただ、この処理は同じユーザーが何回でも同じブロックにチャレンジできる仕組みとなっているため、単位時間あたりの処理能力(ハッシュパワー)が高い方が有利なのは確かです。

特に、マイニングを行うマイナーが多いビットコインやイーサリアムでは、高いハッシュパワーを持つマイニング会社が多くのコインを入手しています。

この状況では個人マイナーが大手企業に太刀打ちできないため、対抗してコインを入手するために産まれたのが、マイニングプールやクラウドマイニングという手法なのです。

マイニングプールとクラウドマイニングの仕組み

マイニングプールやクラウドマイニングでは、個人から投資を募り、高いハッシュパワーを実現することでブロックへの挑戦回数を上げ、ある程度安定した報酬を確保しています。

この2つの手法は、同じように投資を募ってハッシュパワーを高める方式ではありますが、マイナーが投資するものに違いがあるため、投資を行う前にまずはそれぞれの仕組みと特徴について知っておきましょう。

マイニングプールの仕組みと特徴

マイニングプールは、マイナーそれぞれが持つハッシュレートを提供してマイニングを行う手法です。

マイナーは自分で採掘機を用意し、マイニングプールに参加、コインが採掘できたら提供したハッシュレートにあった報酬を受け取ることができます。

手元に採掘環境を用意する仕組みのため、初期投資として採掘機の購入やランニングコストとして電気代がかかりますが、自由に参加するマイニングプールを選ぶことができるのがメリットです。

例えば、もし採掘難易度が上がっても、難易度の低い仮想通貨にシフトすることである程度安定して報酬を得ることができるでしょう。

ただ、自宅などに採掘機を用意する必要があるため、高いハッシュパワーの設備を設置するとなるとどうしてもコンピュータの熱や電気代、設置場所などに対処しなければいけません。

また、効率の高いASICを用いて採掘する場合は、設定に専門知識が必要となるのもデメリットです。

クラウドマイニングの仕組みと特徴

クラウドマイニングは、マイニングプールと違い、手元に採掘機を用意する必要がありません。

投資を考えているユーザーは、クラウドマイニングを行っている会社と契約し、企業が持っているハッシュレートをレンタルしてマイニングを行うという形になります。

そのため、必要なのは契約金とサイトにアクセスするための回線とパソコンだけで済み、採掘機の設置や、運用を行うための知識も不要です。

ただ、自力で機材を用意する場合に比べてハッシュレートあたりの費用がやや高くなりますし、マイニングが行える通貨も企業ごとに違いがあるため、新しく立ち上げられた通貨には対応できないというデメリットがあります。

また、後からマイニングの対象となる通貨を変更できない場合もありますので、コインの取引価格の下落や、採掘難易度の上昇によっては想定より報酬が減る可能性もあるのです。

しかし、基本的に契約しておけば勝手に採掘できますし、初期費用を回収できれば後は全て利益となりますので、気軽にマイニングをしたい、投資として考えたいという方にはおすすめとなっています。

初めてマイニングを行うならどちらがおすすめ?

これから仮想通貨や暗号通貨のマイニングをはじめる場合には、どちらのサービスがおすすめなのでしょうか?

急な値動きや採掘難易度の上昇などにフレキシブルに対処したいなら採掘機を購入してマイニングプールに参加した方が良いでしょう。

ただ、マイニングプールは用意されたサーバがユーザーの報酬や採掘状況などを制御するため、もしサーバにトラブルが起きるとサイト上での取引が停止したり採掘が行えなくなったりするリスクがあります。

また、採掘機を自分で管理しなければいけないため、電気代の上昇や停電、機器の故障といったリスクも気になるところです。

クラウドマイニングなら、機材の管理は全て企業側の管轄となるため、個人で管理する場合のリスクが抑えられます。

採掘機の設定や運用に割く時間が取れない、取りたくないという場合は、契約金を支払って後は公式サイトから簡単に設定するだけで使えるクラウドマイニングがおすすめです。

環境の変化によるリスクを抑え、柔軟な対応を行いたいという方なら、マイニングプールを利用すると良いでしょう。