ビットコインのマイニングプールとは?おすすめはどこ?

ビットコインのマイニングプールとは?おすすめはどこ?

ビットコインのマイニングプールの仕組み

個人で仮想通貨や暗号通貨のマイニングを行う場合、まず自宅に採掘施設となる各種機材を用意し、採掘ソフトをインストール、後は採掘できるのを待つという形になります。

この時、採掘できるコインの量は、お使いの機材のハッシュパワーに左右されるため、どの程度利益を出すことができるかは採掘する通貨の種類と、手持ちの機材次第です。

ビットコインの場合、個人レベルで購入できる機材で十分な利益を確保しようとすると、初期投資額は自動車を購入できるレベルにまで跳ね上がります。

これでは、初期投資を回収するまでにかかる期間が延びてしまい、採掘量が低下した場合や、コインの価値が下がった場合のリスクへの対処が難しくなってしまうでしょう。

このような問題に対処するために生み出されたのが、複数のユーザーが持つハッシュパワーを統合し、協力して採掘を行うマイニングプールという仕組みです。

ユーザーはそれぞれ、自分が持つハッシュパワーをマイニングプールに提供します。

採掘されたコインは、提供したハッシュパワーに応じてユーザーに分配されます。

つまり、1回の採掘で得られる仮想通貨や暗号通貨の量は減りますが、個人で採掘を行う場合よりもある程度安定して利益を得ることができるようになるのです。

これからビットコインのマイニングを始めるという方は、投資額が回収できないリスクを考え、マイニングプールへ参加した方が良いでしょう。

何故個人でマイニングを行っても利益が出にくいのか

2018年現在、仮想通貨のマイニングは、会社レベルの参入が増加しており、ハッシュパワーも世界中のマイニング専門会社や、企業のマイニング部門がシェアを握っている状況です。

特に電気代の安い中国では、マイニング会社の起業が相次ぎ、マイニング分野のシェアの大半を握る状況となっています。

仮想通貨のマイニングでは、処理回数が多ければ多いほどコインを入手できる可能性が高まるため、専用のデータセンターを設立して採掘を行っている大手の会社がいる現状では、個人の機材では太刀打ちすることができません。

ビットコインのマイニングプールへの参加方法

マイニングプールに参加する際には、口座であるウォレットを用意し、後は採掘方法ごとに対応したソフトをインストールしてプールごとの設定を行うという形になります。

設定方法や設定に必要な情報は基本的に各マイニングプールのサイトに公開されていますので、ある程度の知識があれば問題無く参加することができるでしょう。

また、ウォレットの取得については様々な方法がありますが、今回は以下のblockchain.infoというサイトを例とします。

https://blockchain.info/ja/wallet/#/

こちらのサイトにアクセスし、右上の「SIGN UP」をクリックして必要な情報を記入すれば取得できます。

仮想通貨などの取引口座は、各取引所でも用意されていますが、取引所の口座はあくまでも投資などを目的としてコインをやりとりするための口座です。

ここで作成するウォレットはいわゆる個人口座にあたるものですので、マイニングを行う際には、まずこちらのアドレスを用意しましょう。

マイニングプールの選び方とおすすめのマイニングプールは

現在、仮想通貨や暗号通貨のマイニングを行っている団体は世界中に存在するため、いざマイニングプールに参加しようとしても、どの団体を選べば良いのかわかりにくい状況になっています。

ただ、基本的にハッシュパワーが高い方が採掘できる可能性が高いため、マイニングプールを探す際にはまず参加ユーザーが多く、ハッシュパワーがある程度高い所を選ぶと良いでしょう。

サーバの安定性も重要な選択基準

マイニングプールでは、仕組み上、さまざまな処理をメインとなるサーバで行うため、もしサーバがダウンしてしまうと、処理ができず、さまざまなトラブルが起こってしまいます。

特に大きな問題としては、報酬として得られたコインの取引不可や、採掘そのものに支障が出ることもありますので、サーバそのものの安定性については参加前に必ず確認しておきましょう。

日本国内で運営されているマイニングプールの場合、日本語に対応していることからマイナーが集中しやすく、報酬は安定している傾向がありますが、ややサーバが不安定なことがあるようです。

BBS(掲示板)なども日本語でやりとりされていますので、直近1カ月程度の間、トラブル等が無かったかどうか確認してから登録するかどうか考えると良いでしょう。

おすすめのマイニングプールについて

安定した報酬が見込めるマイニングプールは、現在中国の会社が運用しているものが多く、特に中国のBitmain社が運用しているBTC.comがトップシェアとなっています(中国での仮想通貨規制により、2018年2月時点でシェアは少し下がりつつあります)。

2018年2月27日現在でのシェア率トップ3はBTC.com(27.6%)、AltPool(12.1%)、BTC.TOP(11.8%)となっています。

それぞれの特徴としては、BTC.comはセキュリティが最優先事項とみなしており、安全性が高いことに加えて使いやすいことが特徴です。

AltPoolは、社内で最先端のビットコイン採掘機を手がけているということもあって、世界で最も電気効率の良いマイニングプールの一つとなっています。

BTC.comとAntPoolはどちらも中国人起業家のJihan Wo氏がCEOを務めています。

また、F2Poolやビットコインクラブなども人気で、手数料はかかりますが、長期間報酬が支払われた実績もあるため、比較的安心して参加することができるでしょう。

ただ、注意点として、提供するハッシュレートが低い場合、報酬が少なくなるため、電気代すら回収できない可能性があります。

大手マイニングプールへの参加で利益を得るためには、ある程度自分の持つハッシュレートが高い必要がありますので、自分の手持ち機材と合わせて選びましょう。

51%問題とは?

マイニングプールはきちんと選ぶことができれば、個人でマイニングを行うよりも大きなメリットを得られると思われます。

しかし、マイニングプールにはある懸念が存在します。

それは51%問題と呼ばれるものです。

51%問題とはネットワーク全体の51%以上の計算能力を持ったマイナーが、不正を行うことができるようになってしまうことです。

その不正の内容としては、取引の妨害やマイニングの独占、取引の二重支払いが挙げられます。

なぜ、この51%問題がマイニングプールにおける懸念になるのかというと、マイニングプールの寡占化が進んでいるからです。

上記にも記載されている通り、現在では個人がマイニングを行なったとしても、利益を得ることはほとんど不可能となっているため、マイニングプールと呼ばれる形態が主流となりつつあります。

そのマイニングプールが主流化するにしたがって寡占化も進んでいます。

2018年2月27日現在では、上位3つのマイニングプールのシェア率を足すと、51%を超えてしまいます。

このまま寡占化が進んでしまえば、ネットワーク全体の51%以上の計算能力を有するマイニングプールがでてくるかもしれません。

しかし、マイニングプール自体がマイナーに行動を強制することは難しいため、現実的には51%問題が起こる可能性は低いと考えられます。

ただ、仮想通貨はまだ歴史が浅いため何が発生するかわかりません。

51%問題と呼ばれるものがあるということは、知っておいて損はないかもしれません。

クラウドマイニングとマイニングプールはどう違う?

個人でマイニングを行うのではなく、協力してマイニングを行う方法として、マイニングプールの他にクラウドマイニングという手法があります。

これは、個人やマイニングプールに参加する方式と違い、会社が用意している機材を一定期間借り受けてマイニングを行うという方法です。

自宅などに個人で機材を用意する必要が無いため、電気代がかからず、契約金さえ支払えば一定期間安定して採掘を行うことができるため、比較的投資リスクは低めとなっています。

ただ、契約する会社によってマイニングを行える通貨がある程度決まっているため、自分でマイニングしたい通貨に合わせて会社を選ばなければいけません。

設立されたばかりで参加者が少ない通貨を狙う場合などは対応していないことが多いので、このような通貨を採掘する際にはマイニングプールへの参加か、個人での採掘を行った方が良いでしょう。

クラウドマイニングを行う際に注意することは?

クラウドマイニングは、マイニングを行なっている企業に投資をして採掘してもらうという形になるため、手元に機材が必要ないのがメリットですが、逆に考えると本当に採掘しているかどうか確認することが難しいというデメリットもあります。

特に仮想通貨関連は新しく起業された会社が多いため、運営実態がわかりにくいのも難点です。

起業してからの期間が短くても、真面目に営業を行っている会社が多いのですが、一部では費用に見合った性能が確保されていないなどのトラブルも目に付きます。

クラウドマイニングを行う際には、ある程度運用実績がある会社や企業を選ぶようにしましょう。