3分で分かるビットコイン投資の入門!

3分で分かるビットコイン投資の入門!

ビットコインとは

ビットコインとは暗号によって生み出されたインターネット上で使用することが可能な通貨で、2017年に価値が20倍になったことから大きく知名度を上げました。まず最初にビットコインについて簡単に説明します。

ビットコインの仕組み

ビットコインは暗号によって作られており、インターネット上で使用が可能なため、国境を越えた送金や支払いが従来の手数料よりも安くまた速いスピードで行うことができる仮想的な通貨です。また運営体制も特異なもので、日本の中央銀行のような発行主体が存在しません。

今後新たに追加されることがないため、政府の都合によって新たにお金が発行されるようなことがなく、一定の価値が担保されています。

ビットコインに投資する方法

ビットコインに投資する方法として販売所・取引所・マイニングと大きく分けて3つの方法があります。ここでは簡単にその方法について説明していきます。

販売所を使用して投資する

販売所は、仮想通貨を直接売り買いしている会社で、インターネット上に存在します。有名な会社はbitFlyer,coincheck,Zaifなどです。

直接企業から購入することが可能なため、手数料が高額になりますが、手順が簡単で確実に購入することができます。これから仮想通貨に投資を行ってみたいという方にはおすすめです。

取引所を使用して投資する

取引所は、仮想通貨をトレードする場所で、ユーザー間同士で仮想通貨を取引することが可能で、 FX や先物では”板”と言われているものです。有名どころでいうと、bitFlyer,Bitbank,Zaif などが挙げられます。

直接ユーザーの間で取引が可能なため販売所と比べて手数料が低く済みます。仮想通貨を既に購入したことがあり、これから取引を始めてみたいという方にお勧めな投資方法です。

マイニングを使用して投資する

マイニングとは、誤解を恐れず簡単に言うと、”仮想通貨を採掘して報酬を得る”ものです。

ビットコインは銀行のような管理する団体がありません、その為送金をする場合に間に承認をしてくれる機関が必要です。その承認作業のことをマイニングと言います。

承認を行うためには、専門の機械と電力を使用する必要があります。しかし、現在個人でマイニングを行ってビットコインを報酬として得るのはほぼ無理と思っていただいて構いません。簡単な理由を一つ挙げると、中国が大量の専門機械を使用してその市場を独占しているからです。

そのため、今マイニングを行おうとしている人達は、 共同出資で立ち上げられたクラウドマイニングと言う方法で投資を行なっています。

毎月一定額をクラウドマイニングプールに投資することで、採掘されたビットコインを参加者に分配します。

簡単な投資手法

次にこれから仮想通貨に投資をするにあたって簡単な投資手法を紹介します。一般的にはFXなどの金融商品と同じですが、ビットコインならではの特性も合わせて説明します。

価格変動を狙った資産運用

ビットコインなどの暗号通貨ではその価格変動率の高さから、1日に10%・20%と大きな幅で変動することがあります。そういった相場では、価格の上昇を見込む、もしくは下落を見込んで短期間での利益を見込むことが可能です。

しかし暗号通貨市場は相場が読みにくいので、感情的な売り買いをしてしまうと高いところで購入し、安い所で売ってしまうという入門者によくある失敗を繰り返してしまうことになります。

仮想通貨を利用した資産運用

暗号通貨にも先物取引が存在し、レバレッジをかけて取引をする事が可能です。有名どころで言うとbitFlyer,GMOなどが仮想通貨のレベレッジ取引に対応しており、 最大15倍の取引が可能です。

先物取引とは、将来の値段を予測し、その価格で購入する権利を購入するものです。先物取引の魅力は、価格が上がっている時だけでなく、 価格が下落している時にも利益を出すことができる点にあります。

またレバレッジをかけることで、少ない資本で大きな取引が可能なため、 一日で大きな利益を手にすることも可能です。

デメリットとして、自分の予想と反対方向に動いてしまった際に大きな負債を抱えてしまうということです。先物取引は大きく儲けられる可能性があることから多くの人を魅了しますが、ハマりすぎてしまうと大変なことになるので気をつけてください。

長期保有と分散保有

ビットコインなどの仮想通貨を今後保有していく場合、長期での保有と、分散保有をお勧めしています。

理由としては、短期では価格の変動率が高くても、長期で見ると仮想通貨の価格が上がっているからです。短期の価格の上がり下がりに一喜一憂していると精神的にも自分の資産にもダメージを負ってしまう可能性があるので、積立型の長期保有を個人的にお勧めしています。

また、coincheckの580億盗難事件でも周知の通り、有名な企業でも盗難に遭うことがあります。 自分の保有している仮想通貨を一箇所に保有するのではなく、複数の取引所や安全なウォレットに 分散して保管しておくことをお勧めします。

そうすることによって、仮に盗難にあったとしても被害額を少なくすることが可能です。

参考にしたい文献

最後に、今後ビットコイン投資を行うにあたってお勧めする専門書を数冊ご紹介します。

いまさら聞けない、ビットコインとブロックチェーン

コインチェックの共同創業者である大塚氏が執筆している専門書で、ビットコインやその仕組みについてなどが詳しく簡単に説明されています。

ビットコインとは何かを理解する上で初心者の方にはお勧めの一冊です。

1時間で分かるビットコイン投資入門

こちらは、ビットポイントジャパンを創業した小田氏が書いている専門書で、少し踏み込んでビットコインに投資をするという多少わかりにくそうな内容を会話形式で分かりやすく説明しています。

そのため、初心者の方が暗号通貨投資、資産運用について理解するにはお勧めの書籍になります。