仮想通貨とは?ビットコインとは?他の通貨や他の金融商品と比較して簡単にわかりやすく解説

この記事では、「仮想通貨ってなに?」と思ってる方や「ビットコインってどんなもの?」と思ってる方向けに、仮想通貨が初めての方でも理解できるよう分かりやすく説明していこうと思います。

man
「なんだかよくわからないけど詐欺とかが多くて危なそう・・・」
「暴落したなんて聞くし怖いからやめておこう・・・」

なんて方も最後まで読んでいただければ仮想通貨はとっても身近で私たちの生活をもっと便利に豊かにしてくれるものだと感じるでしょう。

それでは仮想通貨とは、どのようなものか見ていきましょう。

目次

仮想通貨とは?

仮想通貨とは?

仮想通貨とは「インターネット上に存在するデジタル通貨」のことです。

別名、暗号通貨とも呼ばれます。

  • 「デジタル通貨」ってなに?
  • 「Suica」とかの電子マネーとは違うの?

と思う方もいると思います。それでは実際にどんな使い方ができるのか見ていきましょう。

仮想通貨の2つの役割

仮想通貨には主に2つの役割があります。

1つ目は物を買いたい時に使う「決済」の役割です。

通常、何か物を買う時には現金での支払いが必要になりますが、仮想通貨を使うことでインターネット上でその支払いを行うことができます。

2つ目はお金を送りたい時に使う「送金」の役割です。

例えば誰かにお金を送りたい時には銀行から振込みをしなければなりませんが仮想通貨を使うことでインターネット上で相手にお金を送ることができます。

どんなメリットがあるのか?

どんなメリットがあるのか?

それではこの仮想通貨を使うことでいったい私たちにとってどんなメリットがあるのでしょうか。

メリットその1 現金が必要ない

インターネット上で決済ができることによって現金を持ち歩く必要がなくなります。また、お財布をなくしたことで起こる紛失のリスクもなくなります。

メリットその2 短時間で送金でき、手数料も安い

銀行で振り込みをする場合、振り込む時間帯や営業日によっては送金に時間がかかります。しかし仮想通貨を使うことで、銀行に縛られず短時間で送金することができます。

また、銀行を挟まないのでその手数料も安く済ませることができます。

メリットその3 いつでもどこでも使える

仮想通貨が使えるところであれば国内でも海外でも時間や場所にとらわれず使うことができます。アメリカで使いたいからとわざわざ円からドルに交換したりする必要もないですし、「交換所が営業時間外でやってない!」なんてことも関係なくなります。

メリットその4 取引記録を改ざんされない

仮想通貨の取引記録には、「ブロックチェーン」と呼ばれる技術が使われています。「ブロックチェーン」は直訳すると「分散型台帳」と呼ばれています。

身近なものでいうと家の家計簿を思い浮かべてみください。もし家が火事になったら家計簿も燃えてなくなってしまいます。奥さんが旦那さんに内緒でエステに行ったけどバレないように嘘の記録をするかもしれません。

こういったとをなくすために、1つの取引を複数の人がインターネット上に分散して記録することで紛失と改ざんがされることのない正しい記録を残すことができます。

また、その記録に誰でもアクセスすることができるため公平かつ公正な記録が保証されています。

teacher
送金の機能や取引の記録方法などがSuicaのような電子マネーと違うこともこれでわかりましたね。

逆にどんなデメリットがあるのか?

逆にどんなデメリットがあるのか?

もちろんメリットばかりではありません。仮想通貨にはデメリットやリスクも存在します。

デメリットその1 値段の上下(ボラティリティ)が激しい

朝起きたら1000円札に100円の価値しかなくなっていたなんてことがあったらびっくりしますよね。

仮想通貨の市場はまだ未成熟で値段の上下が激しく、10倍の値段になったかと思ったらあっという間に10分の1以下になったりと価格がまだ安定していません。

これにより通貨としてはまだ使えないという意見も多くあります。

デメリットその2 ハッキングのリスク

先日、日本の仮想通貨取引所である「コインチェック」がハッキングされて仮想通貨が流出したことは記憶に新しいと思います。インターネット上で使われるデジタル通貨という特性上こういったハッキングや盗難のリスクは常につきまとう課題だと考えられます。

デメリットその3 送金の遅延問題

仮想通貨をたくさんの人が送金しようとするとネットワークが混み合い送金詰まりが起こります。2017年の年末ごろは送金に1週間かかるなんてこともありました。

もしあなたが買い物をしようとした時にレジの前で1週間も待たなければいけないなんてシーンを想像してみてください。辛いですよね。このことからもテクノロジーの面でまだまだ改善していかなければいけない点が多いこともデメリットといえるでしょう。

teacher
このように仮想通貨にはメリットだけでなくデメリットも存在しています。

ビットコインってなに?

ビットコインってなに?

仮想通貨の中でも一番耳にすることが多いのが「ビットコイン」だと思います。

ビットコインとは

サトシ・ナカモトと呼ばれる人物によって開発された「世界で初めての仮想通貨」です。

ビットコインと他の仮想通貨、なにが違うの?

仮想通貨の中でもビットコインは最も歴史が長く、知名度が高い通貨です。

また、さまざまな国で発行されているドルや円などの貨幣や、ほとんどの仮想通貨には運営元や発行元があります。

しかし、ビットコインにはそれらが存在しません。

例えば、日本円は日銀が発行しその価値を保証して発行量などをコントロールしているのに対し、ビットコインには正式な発行元や運営元が存在せず価値も保証されていません。

つまり、使う私たちがその価値を認めることでビットコインには値段がつくようになっています。

このことからビットコインは運営元や発行元に依存しない「非中央集権的」な通貨といわれています。

ビットコインのちょっとおもしろい話

ビットコインが初めて決済で使われたのは2010年の5月22日、10,000BTC(ビットコインの単位)で25ドル(日本円でおよそ3000円くらい)のピザ2枚が購入されました。

その8年後の現在、10,000BTCはなんと日本円にしておよそ80億円!ピザ2枚にそんな価値がつくなんて、買った人も売った人もまさかこんなことになるとは思っていなかったでしょうね。

ビットコイン以外の有名な仮想通貨

ビットコイン以外の有名な仮想通貨

仮想通貨には大きく分けて「ビットコイン」とそれ以外の「アルトコイン」と呼ばれるものがあります。ここでは代表的な「アルトコイン」をいくつか紹介したいと思います。

リップル(Ripple)

リップル(Ripple)

銀行間の国際送金で使うことを目的とした仮想通貨です。本来銀行間の国際送金には高額な手数料と時間がかかるのですが、リップルを使うことで短時間で送金ができ手数料も大幅に安くすることができるようになります。

ビットコインには正式な運営元がありませんが、リップルにはちゃんと運営元がありRipple, Inc.という会社がシステムの開発管理、普及活動をしています。

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム(Ethereum)

ビットコインにつぎ現在時価総額2位の通貨です。独自のネットワーク上にアプリケーションやさまざまな契約を結べるようにするインフラを構築することを目的として開発された仮想通貨です。

通貨としての機能ももちろんありますが、システムと考えた方が分かりやすいかもしれません。その将来性に大きな期待が寄せられています。
開発者の「ヴィタリック・ブテリン」は仮想通貨業界の中でも最も影響力のある人物の1人です。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

ビットコインがもととなって誕生した仮想通貨です。ビットコインより送金速度も速く使い勝手がいいため、将来的にはビットコインキャッシュはビットコインに取って代わるという意見も多くあります。

実際にアメリカのスーパーなどではビットコインからビットコインキャッシュへの支払いを推奨するお店も増えてきています。

仮想通貨はどこでどうやって買えるの?

仮想通貨はどこでどうやって買えるの?

仮想通貨は日本の仮想通貨取引所で簡単に購入することができます。

購入までの流れ

  1. 取引所にて名前や住所などの個人情報の登録をする
  2. 本人確認書類を撮影しアップロードする
  3. 後日住所確認用の郵便物が届くので受け取る
  4. 日本円を入金する
  5. 仮想通貨を購入!

という感じで簡単に購入することができます。

おすすめの日本の取引所

「どこで買えば良いのかわからない!」という方へおすすめの日本の取引所をご紹介します。

bitflyer(ビットフライヤー)

日本国内での取引量ナンバー1の取引所です。取り扱い通貨も時価総額上位の通貨が多いので、初めての方でも比較的安心して使うことができる取引所です。

Zaif(ザイフ)

取り扱い通貨の種類が豊富なのも魅力の1つです。運営元のテックビューロはベルギーの地方自治団体に自社の技術を提供したりもしています。

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

東証1部上場企業のGMOインターネットが運営する取引所です。仮想通貨のFX取引にも力を入れているのでFXガ好きな方にはおすすめの取引所です。

投資をする際の注意点

投資をする際の注意点

仮想通貨を購入する際に気をつけたいことを体験談も交えてご紹介します。

急激に値上がりしているときに買わない

上記でも記載したように、仮想通貨は価格の上下がとても激しいです。急激な値上がりの後にはほとんどが急激に値下がりします。購入するときは値段が横ばいで落ち着いてるときや、下がりきったあと少しづつ上がってきた時の購入をおすすめします。

ニュースに惑わされない

仮想通貨界では「この日に重大発表をする!」といったことを運営元がいうことがあります。そしてその重大発表の前に値上がりし、発表の何日か前から値下がりが始まります。発表の内容がよほどよくない限り当日の値上がりはほとんど期待できません。

株の世界で「噂で買って事実で売る」という言葉があるようにニュースに惑わされないような投資を心がけましょう。

投資はあくまで余剰資金で!

私の経験ですが相場が値上がり続きで加熱しているときに「これなら儲かる!」と思いクレジットカードで50万円分購入し(今はクレジットカードでの購入はできません)、結局その後急激に値下がりして借金を作ってしまいました。

投資するお金はあくまでも余剰資金、余裕資金で行いましょう。生活費やお金を借りての投資はしてはいけません。

teacher
投資をする際はこれらのことに充分に気をつけてやりましょう。

仮想通貨のプチ用語集

仮想通貨のプチ用語集

仮想通貨でよく聞くワードを簡単に解説します。取引所でも使われる言葉なので覚えておきましょう。

ウォレット

現金をお財布に入れて保管できるように、仮想通貨もウォレットと呼ばれるデジタルなお財布に入れて保管することができます。

ウォレットにはアドレスと呼ばれる英語と数字の羅列の組み合わせが付いており、仮想通貨を受け取る時や相手に送りたい時にはそのアドレスを指定して行うことになります。

セキュリティをインターネット上で管理する「ソフトウェアウォレット」と、実物の機械に外部のネットワークを遮断した状態で安全に保管することができる「ハードウェアウォレット」の2種類のウォレットを使うことができます。

トランザクション

「仮想通貨を送金し相手に着金するまでの一連の流れ」をトランザクションといいます。
仮想通貨の話になると「最近はトランザクション数が増えてきて〜・・・」なんてことがよく聞かれますが、要は仮想通貨を送ったり受け取ったりするやりとりの数が増えてるって考えると良いでしょう。

トークン

仮想通貨の話の中ではよく「トークン」と呼ばれる言葉がでてきます。「トークン」=「通貨」という意味で考えて大丈夫です。

「トークンをバーンする」といったことも仮想通貨ではよく聞く話ですが、これはまだ市場に出回っていない運営元が保有する通貨をバーン(燃やす)して供給量を減らして価値を上げることを目的として行われます。

仮想通貨と他の金融商品はなにが違うの?

仮想通貨と他の金融商品はなにが違うの?

仮想通貨と金融商品で何が違うのか、金融商品でも有名な株を例にあげて比較してみます。

法律面

株と仮想通貨のそれぞれの発行方法を比較し法律面でどのような違いがあるかを見てみます。

株は発行する際に「IPO(Initial Public Offering)」と呼ばれる株の前売りを行い企業は経営のための資金を集め、取引所へと上場します。

取引所の厳しい審査や、国内の法規制など遵守すべきことがしっかりと定められています。なので世間的にも上場企業にはある程度の信頼を誰もが持っています。

対して仮想通貨は「ICO(Initial Coin Offering)」と呼ばれる通貨の前売りを行い運営のための資金を集めるのが一般的です。

しかし国内の法規制などがほとんどなく誰でも簡単に通貨を発行できることから、お金だけ集めて逃げてしまうなどの詐欺も多いのが現状といえます。

また、取引所に上場してもその後開発が放棄されてしまうこともよくあります。

こういったことからも、株のような歴史の長い金融商品と比べると、「仮想通貨は法律の整備が整っていない」ことも違いの1つといえるでしょう。

アメリカや中国ではこの「ICO」の規制が始まっており、日本でも現在金融庁を中心に仮想通貨の法律の整備や取引所の業務改善などを進めています。

機能面

「仮想通貨で億り人」なんてニュースをよく耳にすることからも投資対象としての側面が注目されがちです。しかし、仮想通貨が企業や国からも注目されている理由としてその優れた機能面があります。仮想通貨の代表的な2つの機能から株との違いを見てみましょう。

スマートコントラクト

仮想通貨が他の金融商品と違う点として、「スマートコントラクト」と呼ばれる機能があります。「スマートコントラクト」の定義はさまざまありますが、一般的には「契約の自動化」という意味でよく使われます。

身近なものでいうと、自動販売機を思い浮かべてください。お店で飲み物を買おうとするとレジで人にお金を渡してお釣りをもらってなんて作業が必要になりますが、自動販売機はお金を入れてボタンを押せば勝手に飲み物が出てきてお釣りも出してくれます。

このように人の手を介さずとも自動で売買や契約の手続きを行ってくれる機能を「スマートコントラクト」と呼びます。例えば、賃貸契約で仲介業者を通さなくて良くなったり、ローンを組む際にも面倒な書類の手続きや時間を短縮できるなどの活用方法が考えられます。

ブロックチェーン

冒頭でも述べた取引記録を管理する、「ブロックチェーン」は仮想通貨以外の記録にも応用することができます。

例えば、日本では年金の支払い記録が無くなったとか、記録の改ざんや捏造が行われるなどの問題が過去にありました。

しかしブロックチェーンの技術を使えば、記録の改ざんはできませんし、ネットワーク上に永遠に記録が残るのでこうしたことを防ぐことができます。

こういったことからも、単に通貨のやりとりの記録だけでなく今後さまざまな分野で活用されることが期待されています。

金融商品は基本的に価値の保存や配当がもらえるなどの機能があります。しかし、仮想通貨には上記で書いたような実生活をより便利で豊かにしてくれる機能が備わっています。

まとめ

仮想通貨は豊かな未来を作るためのテクノロジー

以上、仮想通貨に関して説明をしましたがいかがでしたでしょうか。仮想通貨と聞くと「なんだかよくわからなくて怖い」や「詐欺とかが多そう」なんてイメージを持ってる方も多かったと思います。

実際に国内や国外でもハッキングによる流出事件というのはありましたし、法整備も不十分な未成熟の市場であるため投資対象としては未だリスクがあるといえます。

しかし、上述した「ブロックチェーン」や「スマートコントラクト」の技術は、今後私たちの生活を間違いなく便利で豊かなものにしてくれます。

例えば、以下のようなことを目指して進められているプロジェクトもあります。

  • 動画の投稿者だけでなく視聴者にも広告収入が入る
  • 正しい情報をSNSで発信したり共有することで報酬がもらえる
  • 電車で席を譲ってくれた人に感謝の形として仮想通貨が分配される
  • 違法アップロードを削除、報告することで報酬がもらえる
  • オークションや通販などで商品が届かないといった詐欺を防止できる
teacher
実現されたらすごい素敵じゃないですか?みなさんも買って使うだけでなく、仮想通貨の今後の発展やニュースにもぜひ注目してみてください!