仮想通貨のトークンとは?

仮想通貨のトークンとは?

仮想通貨とトークンの違いとは?

仮想通貨と言えばビットコインや、アルトコインのようなビットコインのブロックチェーンテクノロジーを元にしたアルトコインなどがありますが、その他にもトークンという形態で取引されているものもあります。

このトークンの本来の意味は、ビットコインなどのブロックチェーンテクノロジーを用いて生成された仮想通貨を指す言葉なのですが、現在は仮想通貨とトークンは別のものとして扱われているのです。

基本的に、仮想通貨はあくまで元となるプログラムによって発行枚数が定められているため、あとから供給量を変化させることができません。

トークンの場合はビットコインとは違い、発行者が存在しており、ある程度発行者が供給量を操作することができる仕組みとなっています。

そのため、一般的な仮想通貨のように単純に金銭として使用することはできません。

トークンは、通貨ではなく企業が発行する株式証券と同じようなものとして扱うものだと考えると良いでしょう。

仮想通貨にはカレンシータイプとアセットタイプがある

仮想通貨には、カレンシー(通貨)タイプとアセット(投資)タイプの2種類がありますが、これにはどのような違いがあるのでしょうか?

まず、カレンシータイプの仮想通貨ですが、これはビットコインやアルトコインのように、ブロックチェーンテクノロジーを活用し、採掘によってシステムから発行されるタイプの仮想通貨が該当します。

アセットタイプの仮想通貨は、上で説明したトークンと同じものです。

発行者が株式証券のように自前で発行し、発行者のビジネスが成功することによるリターン目的で取引が行われるため、金融投資商品としての性質を持ちます。

トークンを発行する仕組みとは

トークンは株式証券、暗号通貨は通貨として扱われることが多いのですが、どちらも基本的なプログラム自体に違いはありません。

ただ、ビットコインなどの暗号通貨では独自のプラットフォームで通貨の発行を行っていますが、トークンの場合は既存のプラットフォームを利用して発行手続きを行います。

そのため、取引所に登録されているトークンの場合、どのプラットフォームをベースに発行されているかについても表示されることが多いようです。

発行方法については、企業や個人で独自のトークンを発行する場合、専用のアプリやサービスを用いて好きな名称を付け、ビットコインなどの仮想通貨を用いて手数料を支払えば発行することができます。

トークンを発行することでどんなメリットがあるのか?

企業や個人が独自トークンを発行することでどのようなメリットを得ることができるのでしょうか?

発行者側の最大のメリットは、簡単に資金調達ができるということです。

トークンの発行には手数料しかかからないため、トークンが売れれば売れるほど発行者は資金を得ることができます。

ですが、ただトークンを発行して販売するだけでは資金を集めることはできません。

トークンは取引所に上場することで株式証券やビットコインなどと同じような金融商品として取引が行われるようになります。

この時、配当や所有者向けサービスが魅力的でないトークンでは価値の上昇が期待できないため、上場しても買い手が付かず、価値が上がるどころか下がってしまうことすら考えられるでしょう。

投資家としてはあくまで利益を出すために投資を行っていますので、このようなリスクが高いトークンを購入することはまずありません。

トークンを発行すれば比較的楽に資金を調達することができますが、あくまで目的とするプロジェクトが成功する見込みが高く、十分なリターンが得られることが前提です。

トークンはどんな方法で入手できる?

トークン、アセットタイプの仮想通貨は、株式証券と同じような性質の暗号通貨となるため、取引は個人間、または取引所を用いた取引が基本となります。

ですが、例外的に取引所に上場する前に新規発行されたトークンを入手することも可能です。

トークンを新規発行する企業では、取引所へ上場を行う前にトークンセールを実施します。

このトークンセールはプレセールとも言われ、発行者が予定しているプロジェクトを公開し、そのプロジェクトに投資してくれる投資者を募る方法です。

先日スタートしたCOMSAでは、さまざまな企業のトークンセールの開催を予定しており、有望なベンチャー企業が作成したトークンに対して投資を行うことができます。

トークンを購入するリスクとは

投資家としてトークンを購入する場合、どのようなリスクが想定されるのでしょうか?

まず、基本的なリスクとして、トークンの価値が下落することがあげられます。

株式証券と同じように、トークンは企業の業績やプロジェクトの成否によって取引価格が変化するため、もし企業やプロジェクトの状況が悪化した場合は、購入価格より安い市場価格となってしまうでしょう。

また、トークンは誰にでも発行することができるため、プレセール後に上場しなかったり、発行者が姿を消したりといった詐欺事件も報告されています。

このようなリスクを回避するためには、プレセールで購入する際に発行者となる企業の実体や、プロジェクトの内容を良く精査しておくことが大切です。

VALUはどのようなサービス?

日本で2017年に設立されたVALUというサービスをご存じでしょうか?

暗号通貨のシステムを用いたトークンの発行は、企業やプロジェクトが発行して資金調達を行うのが一般的です。

COMSAなどのトークンセールを代行する企業でも、あくまでトークンセールを実施するのは企業などの大がかりなプロジェクトを対象としています。

VALUはこのトークンを用いて個人向けに投資を行えるようにするサービスです。

似たようなサービスとしてクラウドファンディングもありますが、クラウドファンディングの場合は個人でも目的を達成するための資金調達として行われるため、得られた資金の利用用途を明確にしておく必要があります。

ですが、VALUはプロジェクトではなく、あくまで個人に対して投資するシステムのため、得られた資金の利用用途は特に決められていません。

VALUは、まるでファンクラブのように、あくまで個人を応援する目的で投資するサービスなのです。

VALUでの投資で得られるリターンについても、発行者の考え方次第となりますので、リターンそのものが無い可能性もあります。