投資家必見!投資先はビットコインがおすすめ!

投資家必見!投資先はビットコインがおすすめ!

ビットコインへの投資方法にはどのようなものがある?

ビットコインなどの仮想通貨や暗号通貨を入手して投資を行う場合、いくつかの手法が存在します。

最も簡単にコインを入手することができる手法は、仮想通貨を売買する取引所や販売所を利用して仮想通貨を法定通貨で購入する方法です。

もう一つは、「マイニング」を行ってコインを手に入れる手法です。

どちらも仮想通貨や暗号通貨を入手する方法としては一般的な手法ではありますが、投資先としてみた場合、リスクやリターン、メリットやデメリットには大きな違いがあります。

また、ビットコインなどの仮想通貨や暗号通貨そのものにもメリットやデメリットがあるため、まずは仮想通貨そのもののメリットやデメリットについて見て行きましょう。

ビットコインを投資先に選ぶ場合のメリットとデメリットとは

ビットコインは2017年初頭から長期間にわたって値上がりが続いており、2017年12月1日現在1BTCあたり約110万円まで価値が上昇しています。

2017年1月の価格が約10万円だったことを考えると、実に11倍近い価値の上昇と言えるでしょう。

実際、早い段階で投資先にビットコインを選んでいた投資家は大きな利益を得ていますし夏頃に参加した投資家でも十分な利益を得ているのです。

この大幅な値動きが起こる傾向が続いていることがビットコイン投資のメリットとデメリットになります。

まず、メリットですが、これは値動きを見ればわかるとおり、投資によって利益を得られる可能性が高いということ、そして大きな利益も期待できるということです。

2017年12月1日現在、多少価格上昇は落ち着きを見せており、1BTCは115万円前後で推移していますが、11月には1カ月の間で最大60万円もの価格変動が起こっています。

これから先どのような価格変動が起こるかはわかりませんが、タイミングを見計らえば十分な利益を得ることができるでしょう。

この価格変動の激しさはメリットでもありデメリットにもなり得ます。

急激な価格上昇で目立ちませんが、ビットコインは一瞬で約15万円値下がりしたこともあるのです。

2017年11月のチャートを見てみると、11月11日から11月12日の間に約15万円下落しました。

すぐに反発が起こり、1週間後には値下がり前より価格は上昇したため、現物取引でずっとコインを保持していれば損失は起こらないのですが、信用取引でレバレッジを掛けていた投資家に被害が出ていたようです。

信用取引とは、口座にある法定通貨を証拠金として、レバレッジという倍率を掛け、元手より大きい資金を動かして投資を行う手法のことで、例えば証拠金が10万円でレバレッジが5倍なら50万円の買いを行うことができます。

ビットコインの価格が上昇すれば、手に入れたコインを売却し、借りていた50万円を返せば差額が利益となるため、少ない元手で大きく利益を出したいという方に人気の投資手法です。

ただ、元手に倍率を掛けて投資を行うため、利益も増えますが損失も倍率に比例して拡大するというリスクがあります。

先ほどの例で見た場合、もし10万円にレバレッジ5倍を掛けて50万円分のビットコインを11月11日に購入したとすると、12日の時点で手持ちコインの価値は約38万円となり、差額の約12万円が損失となりました。

これだけならまだ持ち続けていれば回収できる可能性があるのですが、信用取引ではロスカットというシステムによって、損失と口座の資金の割合が一定額を下回った場合、借金が発生しないように決済されてしまうのです。

ビットコインなどの暗号通貨や仮想通貨の市場は、値動きが大きいため利益を得やすいというメリットがありますが、信用取引ではロスカットが起こりやすいというデメリットもあります。

証拠金が多ければある程度ロスカットには対処できますが、価格変動が大きいため、慣れないうちは現物取引か低レバレッジで投資を行うと良いでしょう。

クラウドマイニングによる暗号通貨の入手とは

ビットコインなどの仮想通貨や暗号通貨は、取引所や販売所で購入する方法と、マイニングとよばれる方法を用いることで入手することができます。

取引所や販売所での入手については、株式投資などと基本的な仕組みは変わりません。

法定通貨を用いて購入時の相場で仮想通貨や暗号通貨を購入するだけとなります。

マイニングは他の投資先には無い入手方法で、暗号通貨の取引システムの処理に協力することで報酬としてコインを手に入れる手法です。

マイニングでは、処理に成功したユーザーに対してコインが支払われるため、パソコンなどの機材の購入費と電気代などのランニングコストだけでコインを入手することができます。

ただ、2017年現在、多くの団体や企業が大がかりな機材を用いてマイニングを行っているため、個人で所有できるレベルの機材では太刀打ちできません。

そこで考え出されたのが、複数のユーザーが協力して処理を行い、提供した処理能力に合わせて報酬で得られたコインを分配するクラウドマイニングという仕組みです。

この方法を用いれば、ある程度安定してマイニング報酬を受け取ることができますし、機材費とランニングコストだけでコインが入手できるため、上手くいけば直接コインを購入するより安価にコインが手に入ります。

また、サービスによっては利用料だけを払えば一定の処理能力をレンタルできるものもあるため、自宅に機材を用意する必要もありません。

取引所などで売買を行う場合に比べて得られる利益はやや低めではありますが、クラウドマイニングは比較的安定して利益を得ることができる可能性がある手法ですので、安定した投資先を探しているという方におすすめです。