ライフカードのポイントをビットコインに交換するには?

ライフカードのポイントをビットコインに交換するには?

LIFE CARDはどんなカード?

LIFE CARDは、貸金業大手のアイフルの子会社であるライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。

提携している国際ブランドは、VISA、JCB、MasterCardの3種類となっており、EdyやNTTdocomoの電子マネー、「iD」にも対応しています。

ポイントは1,000円利用ごとに1ポイントが付与されますが、誕生月にはポイント付与が3倍になる点が特徴です。

また、年間利用額によってポイント倍率が変わり、50万円以上の利用で1.5倍、100万円利用すれば1.8倍、200万円以上の場合は2倍のポイントが付与されます。

その他にも、年間利用額が50万円以上で300ポイントが付与されるボーナスもあるため、ポイントによる還元を重視するユーザーに人気のクレジットカードです。

貯まったポイントはLIFE CARDのサイトでさまざまな特典と交換することができ、ギフトカードなら1,000ポイントで5,000円分、ビットコインについては600ポイントで3,000円分のコインに交換することができます。

また、ライフカードを利用することで取引所や販売所への入金を行うことができるため、一定額以上をライフカードで入金すれば、入金手数料をビットコインの形で回収することも可能です。

ライフカードのポイントをビットコインに交換する方法は?

ライフカードの利用によって貯まったポイントをビットコインに交換したい場合、どのような手順となるのでしょうか?

ライフカードでは、利用者向けに明細などを確認できる会員制サイト「LIFE-Web Desk」が用意されており、ポイントの交換についてもここから行うことができます。

LIFE-Web Deskにログインしたら、ポイントの交換ページに移動し、「電子マネーコース」を選択。

電子マネーコース内にビットコインクーポンが用意されているため、選択し、交換する口数を選んで申し込みをクリックします。

申し込みを行うと、登録しているメールアドレスにライフカードからURLが記載されたメールが届きますので、メールの中身を確認してください。

このURLは仮想通貨の取引所であるビットフライヤーのサイトへのリンクとなっており、URLをクリックすることでビットフライヤーのサイトが開き、ログインすることでビットコインを入手することができます。

ビットコインの入手が正常に行われた場合には、サイト内に手続き完了と表示されますので、忘れずに確認しておきましょう。

注意点として、ライフカードのポイント交換で発行されるビットコインクーポンはビットフライヤーのみでしかコインに交換することができません。

そのため、ビットフライヤーに口座を持っていない場合には、新しく口座を開設する必要があります。

ビットフライヤーで口座を開設する>>

また、クーポンへの交換は1口が600ポイント、3,000円分となるため、大量のポイントをビットコインに変更する場合には、1口ずつURLを選択しなければいけません。

5口交換を申請した場合には、メール内に5つのURLが記載されていますので、URLのクリック忘れやビットフライヤーサイトでの処理漏れ、確認漏れに気をつけましょう。

ライフカードのポイントで入手できるビットコインの量は、仮想通貨への投資として考えた場合、微々たるものです。

ですが、少額とは言えビットコインの相場が上昇すればある程度の利益は得られますし、ビットフライヤーなら実店舗やネット通販などでビットコイン決済を行うことができます。

ポイントを商品券などに交換して利用するのも良いですが、よりポイントを有効活用したいという方は、ビットコインへの交換にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?