ビットコインや仮想通貨のクレジットカードでの購入方法は?手数料は高い?

ビットコインのクレジットカードでの購入方法は?手数料は高い?

ビットコインをクレジットカードで購入する

国内の三大ビットコイン取引所サイトであるビットフライヤー・コインチェック・Zaifでは、クレジットカード決済でビットコインを始めとした仮想通貨を購入することができます。

ビットフライヤーとZaifの取引所サイトではVISA・MasterCardが使えます。コインチェックではそれに加えてJCBも使えます。

また、コインチェックではイーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュといった12種類のアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)もクレジットカードで購入することができます。

Zaifではビットコインのほかにモナーという仮想通貨(暗号通貨)も購入できます。

購入方法

取引所サイトで本人確認情報とクレジットカード情報の登録さえ済ませば、日本円を入金することなくクレジットカードでビットコインを購入することができます。

購入方法は、購入したい金額(日本円)を指定するだけです。金額を指定するとその時点で購入できるビットコインの数量(BTC)が表示されます。

ビットコインの価格は時々刻々変動しているため、1日のうちでも購入できる数量が変動します。この購入できる数量はクレジットカード決済用の交換レートに基づいて算出されます。

取引所ごとの交換レート

クレジットカード決済用の交換レート、つまりクレジットカードを使っていくらの金額でいくらの数量のビットコインが購入できるかは、取引所によって少し異なっています。

購入金額が10万円の場合、ビットフライヤーでは0.19412613BTC、コインチェックでは0.19666566BTC、Zaifでは0.2BTCとなっています。(2017年9月28日21時50分、1BTCが約47万1,269円として計算)

最低購入金額と最高購入金額

取引所によって最低購入金額と最高購入金額が異なります。

ビットフライヤーは最低購入金額が1回1,000円、最高購入金額が1日100万円、コインチェックは最低が1回5,000円、最高が1日100万円、Zaifは最低が1回5,000円、最高が1日20万円です。

手数料

クレジットカードで購入した場合の手数料は、クレジットカード決済用の交換レートに含まれています。とはいってもこれでは分かりにくいので、取引所で売り手から直接購入する場合と比較した手数料を算出してみました。

クレジットカードで購入した場合、次の手数料がかかっていることになります。(2017年9月28日時点)

ビットフライヤーは8.51%、コインチェックは7.32%、Zaifは5.75%です。

定期購入

ビットフライヤーでは、クレジットカードを使ったビットコインの定期購入ができます。定期購入では毎月決まった日または毎週決まった曜日に一定の金額でビットコインを購入していきます。

購入する金額が一定なので、ビットコインが安いときは多くの数量、高いときは少ない数量で購入することになります。

この方法はドルコスト平均法といって、長期的に見ると安いコストでビットコインを購入できるという特長があります。

感情を挟まず、機械的に購入していくので、いつ買ったらいいのか迷ってしまっていつも買い時を逃がしてしまう、といった人には向いているかもしれません。

値上がりしたなどの理由で売却したくなったらいつでも定期購入を解約して売却することもできます。

定期購入金額の上限は1日20万円です。

クレカ決済のメリット・デメリット

クレジットカードでのビットコイン購入にはメリットもあればデメリットもあります。ここではそのメリット・デメリットについて説明します。

入金せずにすぐ買える

何らかの理由でインターネットバンキングによる取引所への入金ができない場合は、ATMからの銀行振込またはコンビニからの入金を行うことになります。こうした場合はクレカでのビットコイン購入が便利です。

銀行振込やコンビニ入金では取引所の口座に入金するまで時間がかかりますが、クレカでの購入は買いたいときにすぐ買うことができ、入金が完了するまで待つ必要がありません。

クレカでビットコインを購入するメリットは、この一点のみです。

手数料が高い

クレジットカードでビットコインを購入するデメリットは何といってもその手数料の高さです。

取引所によって違いますが、前に説明した通りクレジットカードでのビットコイン購入にかかる手数料は8%から5%です。

この手数料にはクレジットカード会社に支払う手数料と取引所に支払う手数料(取引所の利益)が含まれています。

一方、クレジットカードを使わず、入金してそのお金でビットコインを購入する場合の手数料は多くてもビットフライヤーでは0.15%、コインチェックでは0%、Zaifに至っては-0.01%です。(2017年9月28日現在)

クレジットカードでのビットコイン購入と、入金したうえでのビットコイン購入では、かかる手数料にこれほど大きな違いがあります。

ほとんどの取引所では即時に入金が完了するクイック入金を利用することができます。そのため、銀行振込やコンビニ入金以外に入金する手段がない人を除いて、クレジットカードでビットコインを購入するメリットはありません。

クレジットカードでの購入は慎重に

クレジットカードでの購入方法や手数料、そのメリット・デメリットなどについて説明しました。

手数料を考えるとクレジットカードでのビットコイン購入には、メリットがあるとはいい難いことがお分かりいただけたと思います。

これからクレジットカードでのビットコイン購入をお考えの方は、これまで説明した点をよくお考えになって取引されることをお勧めします。