ビットコインを匿名で購入する方法は?

ビットコインを匿名で購入する方法は?

仮想通貨を匿名で購入できるか

ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)を匿名で購入することは可能なのでしょうか?

仮想通貨を匿名で購入する方法

結論から述べると、ビットコインを筆頭とする仮想通貨を完全に匿名で購入することは不可能ではありません。

基本的に仮想通貨を購入する際には、コインチェックやビットフライヤーなどの販売所や取引所で売買することが一般的です。その際には自分の氏名や住所等の個人情報を登録する必要があります。

暗号通貨ですから、元々取引のデータ自体は匿名性が高く、基本的には取引データから個人の身元まで特定できません。しかし、それでもコインチェックなどのアカウントを開設するときにどうしても個人情報の入力が必要です。

これは不正なマネーロンダリングなどを防止するなどといった目的(取引の安全性の確保)の観点から個人情報の入力は重要なことなので、会社が金融庁などから登録を受ける際にポイントとなっているようです。

しかし、どうしても個人情報の流出などが不安なため、匿名で売買をしたい方もいらっしゃると思います。

そこで、完全に匿名でビットコインなどの仮想通貨を取引したい方は、「btc-trade-p2p」というwebサービスを利用するとよいかもしれません。

このサイトでは氏名や住所、電話番号などの個人情報の登録は必要ないそうです。必要になるのは自分のメールアドレスや売買可能な場所、売買可能な時間で、これらを登録するだけで取引ができるようです。

コインチェックなどのアカウント開設と異なり、自らの氏名や住所を登録する必要がないという点は、個人情報の流出を心配される方は魅力的なのではないでしょうか。

また、この「btc-trade-p2p」ではビットコインだけでなく、Litecoin、Monero、DASH、Monacoinなどのアルトコインも取り扱っているようです。

詳しい取引方法などについてはご自身でサイトをご覧になって下さい。質問や相談などもメールで対応しているようなので、不明点等あれば確認してみるのも良いでしょう。

銀行口座の個人情報について

販売所や取引所を利用してビットコインなどの仮想通貨を購入する場合、開設したアカウントに入金して購入するのではなく、クレジットカードを利用して購入する方法があります。

このクレジットカードでの決済の方法を使えば、開設したアカウントに自分の銀行口座を入力することなくビットコインなどの仮想通貨を購入することができます。

また、ビットコイン専門のATMを利用する方法もあります。代表的なビットコイン専用のATMの一つに「Robocoin」というものがあります。

自分のスマートフォンなどでウォレットのアプリをインストールし、RobocoinなどのビットコインATMが設置されている場所で取引することも可能です。

これはインストールするアプリによって使い方や入力する個人情報が異なります。ビットコインATMを利用する際には事前にインストールするアプリの情報や使い勝手を調べておくと良いかもしれません。

なお、Robocoinは東京都では渋谷や六本木、神奈川県では横須賀などのレストランやバーに設置されているようです。また、他に大阪府や京都府、福岡県にも設置されているようです。

仮想通貨ポータル
ビットコインやイーサリアム等の暗号通貨に関する情報を正しく伝えていきます
 coin-portal.net

換金の際の個人情報について

購入したビットコインなどの仮想通貨ですが、それを換金する際にはどのような個人情報が必要になるのでしょうか?

一般的には販売所や取引所を利用して決済し、それを自分の銀行口座などに振り込むことが多いと思います。その際には、やはり自分の銀行口座の情報などの登録は欠かせません。

しかし、なるべく自分の個人情報を使用したくないのであれば、上記にも記述したビットコイン専用のATM(Robocoin)で換金する方法がおすすめです。

このRobocoinを利用することによってその場ですぐに現金が出てきますので、自分の銀行口座を介さずに出金(換金)することが可能です。

なお、このRobocoinは利用した際に別途手数料がかかります。手数料の額は、おおよそ5%前後のようです。Robocoinを利用しようと考えている方はこの点にも注意すると良いでしょう。

このように、できる限り個人情報を登録(もしくは使用)せずにビットコインなどの仮想通貨を購入したり取引する方法はあります。

特に先述した「Robocoin」はこれからさらに設置台数が増え、日本全国に普及していく可能性が高いです。ですので、早めに利用方法などを把握しておくと良いでしょう。

ビットコインの暗号通貨としてのセキュリティの高さを活かしつつ、個人情報の流出などにも配慮しておけば、サイバー犯罪などに巻き込まれる危険性もかなり下がります。

今一度、仮想通貨の売買の際に使用する自身の個人情報について確認してみることも重要かもしれません。

新しく出てきた分散型取引所(DEX)なら匿名での購入が可能

ここまで、仮想通貨を匿名で購入するのはほぼ不可能と述べてきましたが、それは既存の中央集権型の取引所の話です。

2018年にブームが予想されている、非中央集権型の仮想通貨取引所、通称DEXでは非中央集権型の取引所なため、本人確認等の個人情報を提供する必要がありません。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。