ビットコインの買い方と使い方は?

ビットコインの買い方と使い方は?

仮想通貨の買い方

まず、仮想通貨であるビットコインやその他のアルトコインはどのようにしたら買うことができるのでしょうか?

販売所と取引所

ビットコインやその他のアルトコインを購入する場合、主に販売所または取引所で買うことができます。

販売所では販売所が提示している額で仮想通貨を購入することができ、いつでも自分の好きなタイミングで購入できるのが大きな強みです。

デメリットとしては、販売所側が提示する価格が取引所よりも高く設定されている可能性が高いため、取引所に比べて購入金額が高くなってしまうことが挙げられます。

一方取引所では、自分が買いたい通貨の量や価格を注文し、その注文が約定すれば取引成立となってその通貨を得ることができます。取引所では販売所に比べて安く購入しやすいという特徴があります。

デメリットとしては、自分の希望する価格や量で注文を出しても、約定しない場合があるということです。注文が約定しなければビットコインなどを得ることができず、そのまま価格が上がってしまうことも考えられます。

このようにどちらの買い方もメリットやデメリットがあります。購入する際にはそれぞれの特徴を理解した上で購入することが重要です。

また、その他にクレジットカードで購入するといった買い方もあります。これは販売所での買い方に類似していますが、最低取引単位、または最低取引額が異なる部分もありますので、注意が必要です。

仮想通貨の使い方

それでは仮想通貨を購入した場合、実際にはどのような場面で使用できるのでしょうか?

送金機能の利用

仮想通貨の使い方として、まず送金機能があります。自分が仮想通貨を保有している場合、その通貨を利用して他の口座に送金することができます。

ただ、仮想通貨の送金は通常の貨幣とは異なり実体(物質)がありません。ここで、ウォレットという物が必要になります。

ウォレットとは、自分が持っている仮想通貨を管理しているものであり、広い意味で言えばこれまでの世界の全取引が記録されたものです。このなかに送金などの記録が管理されます。

そもそも仮想通貨は暗号通貨と同義です。暗号通貨は取引の安全(改竄の防止など)を図ることが大きな目的で作られたものですから、取引の記録を管理することは非常に重要な問題なので、ウォレットの存在は欠かせません。

このウォレットは通常、口座を開設した時点で同時にウォレットも作成されています。ですので送金など、最低限のことができれば困らないという方は別途ウォレットを作成する必要などはありません。

また、スマートフォンのアプリなども開発されているので、興味のある方はダウンロードしてみるのも良いかもしれません。

実際にビットコインなどを送金する際は、自分の口座から「送金する」などと書かれたボタンをクリックし、その入力フォームに送り先や数量などを入力して送金します。

これは一般的な銀行と大きく異なる点はなく、一度慣れてしまえばスムーズに行うことができると思います。

仮想通貨での物の購入

仮想通貨の送金以外の使い方として、仮想通貨を物の購入の決済手段として使う方法があります。

これはインターネットショッピングなどの際に仮想通貨を決済で使えるのはもちろん、実店舗でも決済手段として利用することができます。

日本でも仮想通貨の認知度が徐々に広まってきており、それと比例する形で日本国内でも支払いの時に仮想通貨の使える実店舗が増加しています。

例を挙げると、家電量販店のビッグカメラなどもビットコインでの支払いが可能になったというニュースが流れました。おそらく今後、他の企業も仮想通貨の決済に対応していくでしょう。

実際に決済で使うには、スマートフォンのアプリをダウンロードしておくとスムーズです。アプリは複雑な操作などは特になく、QRコードの読み取りや自分の情報を入力したりするだけで済みます。

支払いで使った場合、もちろんその情報もしっかり記録に残りますので、後でどんなものにいくら使ったのかをすぐに確認することができます。

また、海外でも利用することができるので、わざわざ円をドルに換える必要もなくなります。なので、日本だけでなく海外に行った際にも便利に使うことができます。

なお、日本と同様、海外でも仮想通貨の支払いに対応する店は増加傾向のようです。

このように暗号通貨としてのセキュリティーの高さを持ち、送金や決済のスムーズさから、仮想通貨を利用することによって今までよりさらに快適に生活することが可能になるかもしれません。

また、上記の他にも様々な新しい仮想通貨の使い方が今後生まれてくることも考えられます。そのような今後の将来性にも注目が集まっています。