2018年に仮想通貨技術はどう進化するのか?

ブロックチェーンのニュース

1.オフラインの決済チャネル

2015年に最初に登場したコンセプトでは、ブロックチェーン外の決済チャネルによって、ブロックチェーン自体がなくても操作が可能になりました。ほとんどがビットコインのLightning Networkと関連していますが、他の企業も同様の技術を開発しています。

オフラインのブロックチェーン決済チャネルは、1種類の仮想通貨を使用する2人が小額の支払いを前後に送信し、ブロックチェーンに接続することを可能にします。

Lightning Networkの背後にある開発者は、この技術はほぼ準備が整っており、実装はすでに進行中であると報告しています。

そしてイーサリアムの開発者たちは、ビットコインの開発者たちと仲が悪いとされることが多いが、似たような解決策に取り組んでいます。最近では、より野心的な挑戦と言えるバージョンであるRaiden Network、Plasmaの完成も間近に迫っています。

2.リアルライブステーキング

仮想通貨が成長するにつれて、マイニングも新たな問題を抱えており、これはますます多くのエネルギーを必要としています。

ビットコインのマイニングの基礎となる合意プロトコルであるプルーフ・オブ・ワークは、実際にエネルギーを多く必要とするプロセスです。結果として、そのエネルギーの使用およびそれに関連する環境への影響について懸念があリます。

これにより、イーサリアムの開発者によって実装され始めている、プルーフ・オブ・ステーク、または投票によるコンセンサスというコンセプトが生まれました。

大きな期待を受けているイーサリアムの新しいバージョンCasperは、今年の注目の的となりそうです。すでに新しく発表されたバージョンはすでに期待できるものです。大晦日にリリースされたテストでは、Casperのバリエーションが機能しているとみなされました。

この技術をリードする開発者であるKarl Floersch氏は、CoinDeskに、コードは「何の問題もなく」動いていますと語しました。

これはイーサリアムの最初のバージョンを採用していますが、イーサリアムを作ったVitalik Buterin(ビタリック・ブテリン)は、Raiden、MicroRaiden、その他の実証実験を含む他のテクノロジーとともに、近い将来にテストされることを期待しています。

3.プライバシーの進歩

プライバシーはブロックチェーン技術の大部分ではいくらか無視されてきましたが、今年は改善が期待されています。

最も顕著なものは、ゼロ知識認証と呼ばれるものの進歩です。 ビタリック氏はこれを「今の仮想技術において最も評価されていないもの」と呼んでおり、その技術はより安価で簡単に導入できるようになっています。

危険にさらすことなく情報を隠すこの方法はすでにイーサリアムに実装されており、これは新しい方法で私的なスマートコントラクトを実装しようとするスタートアップに追い風となる可能性があります。

今月(2018年2月)初めに公表された情報では、信頼性を損なうことなくゼロ知識認証を達成するためのシステムが明らかにされています。

既存の技術が成熟し続ける中、モネロやジーキャッシュなどの匿名通貨も改善される予定です。

アップグレードの準備として、ジーキャッシュはセキュリティを着実に強化していますが、モネロは手数料を80%も削減する可能性のある「bullet proof」の実装に力を入れています。

4.分散型取引(DEX)

業界最大の取引所が新規ユーザーの流入に奮闘するにつれて、分散型取引(DEX)と呼ばれるものを開発するプロジェクトが増えています。

これらは中央集権型の取引ではなく、仮想通貨を企業などを介することなく別の仮想通貨と交換するために使用できるタイプのソフトウェアです。

2017年には、ShapeShiftのプリズム、オーエックス、オミセゴー、カイバーネットワークなどの新しい分散型取引プロジェクトが乱立しました。

これまでのところ、ハードウェアウォレット・Ledgerは既に分散型のRadar Relayと統合されており、ユーザーはイーサリアムブロックチェーンに基づいてトークンを好きな通貨に交換することができます。

機能は限定されていますが、これは単一のウォレットだけでサポートされており、イーサリアムベースのトークンのみを送信できます。

業界の多くは、仮想通貨の交換方法の将来をこの技術に垣間見ています。 wcex.coやopenANXのような真のピア・トゥ・ピア(P2P)の分散型取引は、年末(2018年末)までに開始される予定です。