楽天はビットコインで購入できる?購入方法は?

楽天はビットコインで購入できる?購入方法は?

楽天市場でビットコインは利用できる?

街中のお店やネット通販などでビットコインを使って商品やサービスを購入できる場所が増えてきていますが、2017年現在ではまだ楽天市場でビットコインを用いた決済は行われていません。

しかし、日本国内の楽天市場では対応していませんが、アメリカの楽天市場では導入されており、他の国でも導入が予定されているため、日本でも近いうちに利用できるようになると考えられています。

ただ、現時点で直接ビットコインを用いて決済することはできませんが、他の電子通貨に変換することで楽天でも使用することは可能です。

例えば、楽天のサービスのひとつである「楽天Edy」では、ビットコインでの入金や国内大手取引所の「bitFlyer」からの入金に対応しています。

楽天Edyに変換し、おサイフケータイに対応したスマートフォンがあれば、楽天市場での決済が行えますし、街中で対応した店舗での決済にも利用できますので、より幅広い活用が行えるでしょう。

楽天のサービスを使ってビットコインを購入することはできる?

楽天では、ネット銀行やクレジットカードの発行など、各種金融サービスも運営しています。

これらのサービスを利用してビットコインなどの仮想通貨を購入することはできるのでしょうか?

仮想通貨を購入するためには、ユーザー間の取引を仲介する取引所か、コインを販売する販売所を利用する必要があります。

取引所や販売所では、銀行振込やクレジットカード決済などの購入方法を利用することができ、銀行を利用する方法では通常の振込の他に、「クイック入金」という24時間入金が可能なシステムを利用可能です。

クレジットカードについても、クイック入金と同じく24時間対応となっているため、すぐに販売所や取引所で仮想通貨の取引を行いたいという方は、クレジットカードかクイック入金を選ぶと良いでしょう。

楽天銀行では、このクイック入金に対応しているため、いつでもビットコインの取引を行うことができます。

また、クレジットカードについても楽天が取り扱っているVISAとMASTERの両方が対応していますので、問題無くビットコインの購入方法として選ぶことが可能です。

ビットコインの取引に楽天銀行や楽天クレジットカードを選ぶメリット

クレジットカードはさまざまな会社が発行していますし、ネット銀行でクイック入金に対応した銀行も複数あります。

ですが、楽天銀行や楽天カードをビットコインの購入方法に利用すると、様々なメリットを得ることができるのです。

楽天カードや楽天銀行では、取引を行うごとにポイントが還元され、クレジットカードの場合はこの還元率が高いという特徴があります。

また、楽天銀行では取引額によって振込手数料が無料になるサービスがあるため、銀行振込によって決済を行う際の手数料を抑えられるのもメリットです。

楽天銀行や楽天カードを利用すれば、クイック入金とクレジットカード決済のどちらを選んでも手数料を抑えることができます。

ビットコインの取引のためにネット銀行に口座を作ろう、クレジットカードを契約しようとお考えの方は、楽天銀行や楽天カードがおすすめです。

楽天を利用するだけでビットコインを入手することができる

国内大手の仮想通貨取引所である「bitFlyer(ビットフライヤー)」では、楽天市場や楽天トラベルなどを利用した際にビットコインを還元するというサービスを行っています。

還元率は0.6%となっており、bitFlyerの公式サイトにあるリンクを経由して対応したサービスで支払いを行うことで後日ビットコインとしてbitFlyerのアカウントに還元される仕組みです。

このサービスを経由して楽天市場で買い物をした場合でも、楽天カードのポイント還元や購入の際のポイント還元は個別に受け取ることができるため、よりお得に買い物や支払いを行うことができるでしょう。

bitFlyerのアカウントと楽天市場のアカウントがあればこのサービスを利用することができますので、これからビットコインでの投資を考えているという方は、bitFlyerに登録してみてはいかがでしょうか?

ビットフライヤーで口座を開設する>>