ビットコインのスプレッドとは?取引所によって違う?

ビットコインのスプレッドとは?取引所によって違う?

ビットコインのスプレッドとは?

ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)における「スプレッド」とはどのようなものでしょうか?

スプレッドの定義

ビットコインにおけるスプレッドとは取引の際の買値と売値の価格の「差」のことです。この買値や売値は画面上にそれぞれASK(買値)とBID(売値)と表示されていることがほとんどです。

なぜこのようにスプレッドとして買値と売値に価格の差があるかと言うと、このスプレッドが取引所の利益になるからです。利用する側から見れば、実質的に取引時に発生する売買手数料になります。

もちろんこれは取引する側からすればスプレッドの差が小さいほうが良いです。スプレッドに開きがあればその分売買手数料がコストとしてかかってしまい、せっかく得た利益が少なくなってしまうからです。

このようなビットコインのスプレッドですが、どこの取引所でも同一のスプレッドに設定されているわけではなく、取引所によって設定値が異なっています。

また、ビットコインを含む仮想通貨市場の取引所の場合、FX(外国為替証拠金取引)のようにスプレッドが固定されておらず、日々スプレッドが変動しているという特徴があります。

そのため、取引所にログインしたタイミングによってはいつも利用しているよりもスプレッドに開きがあり、手数料が高くなってしまうといったケースがあります。

なお、ビットコインなどの仮想通貨のスプレッドは、取引所のホームページやその他の仮想通貨関連のWebサイトで確認することができます。

参考までに、スプレッドの情報がリアルタイムで更新されるWebサイトのURLを載せておきます。(https://jpbitcoin.com/markets)

実際に取引所のスプレッドの開きを見て頂ければわかると思いますが、どの取引所を使うかによって、かなりスプレッドの開きの差が出てくることがわかります。

たとえ自分のトレード回数が1回だけでも、自分が使用している取引所が設定するスプレッドに大きな開きがある場合、最終的な利益にも大きく影響してきます。

特に、スキャルピングのような売買回数が多い取引手法を頻繁に使う方はスプレッドの影響をかなり受けるので、できる限り売買手数料がかからないように注意しましょう。

また、このスプレッドは今後小さく(狭く)なっていくことが予想されます。なぜかというと、取引所を運営している業者間で市場原理が作用し、少しずつ下げざるを得なくなる可能性が高いからです。

もちろん、スプレッドを小さく(狭く)するのではなく、業者が独自に新たなサービスを実施したり取り扱う仮想通貨(暗号通貨)の種類を増やすことも考えられます。

しかし、実際には業者がそのような方針でいても、最終的にはスプレッドを調整しなければ多くの利用者は集まらないでしょう。

なぜなら、現時点で考えても、ビットコインを中心とした仮想通貨市場のスプレッドはかなり大きい(広い)からです。そのような中で利用者1人から多くの手数料を得るスタイルはあまり適さないことが予想されます。

仮想通貨市場に性質が近いFX(外国為替証拠金取引)では、現在国内ではかなりスプレッドが小さく(狭く)設定されており、業者側はその点を利用者にかなりアピールしているようです。

これは次第に業者側がスプレッドを小さいほうに調整し、利用者側の手数料を減らしていった結果だそうです。(つまり、業者側は薄利多売のスタイルだということです。)

そのようなことを考慮するとやはり、今後の仮想通貨市場(暗号通貨市場)も取引者が増加し、業者側もスプレッドを小さい(狭い)ほうに調整していくのが妥当ではないかと考えられます。

例えば、取引所でビットコインの取引の総参加者数が現在の10倍になった場合、設定するスプレッドを10分の1にしても業者側の利益は変わりませんからね。

ビットコインの取引のスプレッドは変動しているため、、こまめに様々な取引所の情報をチェックし、ビットコインなどの仮想通貨の価格だけでなく、スプレッドを含めた手数料についても把握しておくと良いかもしれません。

また、このスプレッドはビットコインだけでなく、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコインなど)についてもスプレッドは設定されています。

アルトコインの場合はビットコインよりも取引量が少ないという性質があるので、ビットコインよりもスプレッドが開いている傾向にあります。

そして同様にその中でも取引量が多い仮想通貨ほどスプレッドが小さく、取引量が少ない仮想通貨ほどスプレッドが開いている傾向にあります。

そのため、自分が予定していた価格よりも高く購入しなければならない場合(もしくは安く売却する場合)もあります。

スプレッドの開きで比較すると、ビットコイン<イーサリアムやリップルなど(比較的取引量が多く認知度の高い仮想通貨)<その他の仮想通貨(取引量が少なく認知度も低い)のような順になります。

ビットコインだけでなく、アルトコインも保有しておきたいと考えている場合は、ビットコインだけでなくアルトコインのスプレッドについてもこまめに確認し、把握しておきましょう。